Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-05-31体育館の会場準備にて感涙!

[]前フリ

 6年生は,何かと学校のためにということで作業を任される機会が

多い,この2週間の間でも4回はありました。

 最初は6年生としての役割ということで学校の最上級生と

してやるべきであるという流れで6年生全体でやっていました。

 しかし,先週の1回目を行った後に子どもの発言や行動に

違和感を感じました。明らかに動きが鈍い,そして,

やりたくないという雰囲気が出ていました。

 そんなところに私のクラスだけで行う体育館の会場設営の作業が

まわってきました。しかも当日は,昼休みにしか行えないという

状態でした。

 これはチャンスだと思った私は,次のような3つの前フリをしました。

 ①行事などの準備として作業をする意義

前回の作業を持ち出し,

 学校として行事やお客さんが来校するときには準備をしないといけない。それを子どもたちが行うことで,やった人にしかわからない思いを感じることができる。(例えばこういう使い方をしてほしいなど)

さらに,次に作業をするときにより効率よく,よりよい状態にするための工夫をすることができる。

そして,これは,将来の仕事につながっている。

 ということ

 ②やるからには修正する必要がないほどきれいな場の状態を求める。

 ③昼休みなので自分にとって意味があると感じたら体育館に来ていっしょにやってくれ。先生がやるからといった理由ではこないでくれ。たとえこなくても絶対に責めることはない。

[]作業の実際

 委員会活動の仕事がある子以外は全てきました。

最初5分間7人しか来なかったとき,どうしようかと思いましたが

「まあ,自主参加だし,私たちだけでもやろうよ!」

という女の子の一言で元気になりました。

しかし,その後,一挙に残りの20数名が来ました。

 そこから,私の驚きが始まりました。

もしかしたら,私は『学び合い』をまだ本気で求めていなかったの

かもしれません。

 すごい『学び合い』が展開されました。

 私は,完成図を子ども三人に手渡しただけです。

 あとは,

 あちこちで話し合いが起こりながら,イスが300個ほど

怒涛のようにきちんと並んでいきました。

 そして,その最中に

 あちこちで話が起こり,

 イスを拭く子,テーブルを並べる子,モップをかける子,

 少し破れがあるイスを交換する子・・・

に分散されていきました。

 私もイスの整列を手伝っていたのですが,ふと気が付くと

モップをかけていた子達は,玄関の掃除を始めていました。

しかも,歩いて準備するのではなく

 小走りで行っているのです。


[]作業の結果

 作業終了まで20分弱でした。

 しかも私の指示はほとんどありません。

 いや,まったくなくて,

 「いいね~」「さすが~」「こっちのほうがきれいだなあ」

 ぐらいしか言ってなかったかも・・・

 すごい!

 実は,終了と同時に掃除時間になったので,子どもたちは

 ダッシュで掃除場所へと散っていきました。

 あの後,話をしていたら,子どもの前で号泣していたかも・・・。

 5時間目の最初にお礼を言ったところ

 「先生,今日の作業は楽しかったし,自分たちで言ったから

お礼はいりません」

 と言われました。いや~失礼なことを言ったかも・・・。

 そして,

 「まだ,不満足な部分があったし,君たちはこんなもんじゃないよね~」

 と言ったら,ほとんどの子に思いっきり頷かれました。

 

今後にすごくワクワク感をもつことができました。

 明日は,日曜参観

 面白い取り組みを考えています。

 親も一緒に学び合っていただきます。

 また,報告いたします。

 

jun24kawajun24kawa2008/05/31 22:13私は今ボロボロ状態です。感謝

MizuochiMizuochi2008/06/01 15:11いい話やな~
日曜のおもしろい取組ってなんだろう?
「期待させるね~!」

rion_fujirion_fuji2008/06/01 22:02 西川先生,Mizuochi先生
ありがとうございます。
やっぱり教員になってよかったです!
大学時代まで教育学部に行っていながら
教員に絶対なりたくないと思っていたことが
生かされているかも・・・。
教員側そして子ども側からみた
教員のマイナス面をかなり見続ける機会を
得ていたので・・・。
子どもにとって何が大切か
やっと明確に見えてきた気がします。