Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-05-06悩む

[]極端な学力差をどうするか

 6年生の担任として一ヶ月を振り返ってみて

成果を本気で求めきっていないという反省をしています。

それは,子どもたちが本気で「全員がわかる」という目的に

向けた動きをしていないことから感じられます。

一週ごとにまずはここまでなどと考えていたのが間違いでした。

GWもあけることだし,明日からリスタートのつもりで

本気の姿勢を示しつつ,子どもたちに求めていきたいと思います。

ところが,ひとつだけ気がかりが・・・・。

それは,クラスに極端な学力の差が感じられるということです。

また,彼らもその差を自覚し,見えないようにしようとする

動きもあります。

 再度,学ぶということの意味,分からないことを自覚し

ともに解決していくことのよさといったことを

語り,共有してみようと思います。

今週は授業参観もあるし,『学び合い』の応援団を獲得する

願ってもないチャンスです。

今回の授業参観では,参観する授業について保護者同士で

『学び合う』布石を打ちたいというプランを考えています。

保護者同士が学び合うことが

学び合い』を理解してもらうベターな方法だと考えました。

担任が語る以上の効果があるのではないかと

勝手に期待しています。

jun24kawajun24kawa2008/05/06 22:55顔のほくろの数の多寡を気にする人っているでしょうか?
いないですよね。
学力なんて人の能力の一つの側面に過ぎません。
ただ、テストの点数は「大人になる能力」を端的に示しているに過ぎません。
と思うようにしています。

rion_fujirion_fuji2008/05/06 23:29 そうですね。とらわれていました。
大事な目標からそれそうになったかもしれません。