Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-04-29家庭訪問・行事

[]家庭との連携の重要性

 現在,家庭訪問期間中である。家庭訪問で各家庭をまわりながら

気づいたことが二つほどある。

 一つ目に

 保護者は,学力も関心があるのだがそれ以前にクラス内の他者との関わりができているかどうかが最も関心があるということである。

 二つ目に

 担任がどのような考えで教育を行っているのかしっかりと聞きたいという思いを持っているということである。

 もしかしたら,当たり前のことなのかもしれないが,学校現場は「学力」という言葉に踊らされて,他者とのかかわりや様々な方法のもとにある「考え」をなおざりにしていた面があるのではないかと感じはじめている。だからこそ,あの手この手で指導を行いそれでも,高まりが見られないときは,他に原因を求めがちなのかもしれない。

 今年一年を過ごしていく上でこの時期は,子どもに「考え」を伝え確認するだけでなく,保護者も巻き込んでいく上で重要な時期である。大事にしたい。

[]異なる学年による学び合い

 私の勤務校では通算で半世紀以上にわたって続いている行事がある。そこでは,3~6年の子どもたちだけでなく,以前関わった卒業生や保護者,そして保護者のOB・OG(現在は地域住民)がともに1つの目標に向かって取り組んでいる。これまでは,個別指導になっていたのだが,ここに『学び合い』の考えを取り入れられないものだろうかと考えている。いよいよ来週から始まる。3ヶ月限定なので成果も見えやすいと思われる。校内以上に伝統的な指導を重視する傾向があるので,ちょっと作戦を立ててみようと思っています。

MizuochiMizuochi2008/04/30 18:23いつもながら「宝の山」を感じます。

rion_fujirion_fuji2008/04/30 21:39 ありがとうございます。でも今は,何かしらに追われていて山があるようにしか見ていない自分もいます。見ると探りたくなるので見ないようにしているのかも・・・。