Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-03-02気づき

[]幼稚園児のすごさ

 本日,娘(幼稚園児)の発表会があり,見に行きました。

はずかしながら,幼稚園児が発表したり,幼稚園の先生方が関わる様子を

ここまで真剣に見たのは初めてでした。

 そこでわかったこと。

 ・幼稚園児に高い能力があると感じつつも本気で信じきれていなかった。

 ・トップにいる人間が職員にどのように任せるかで職員の動き,子どもの動きにまで影響が出る。

 ・「学び合い」は幼稚園児のほうが得意!?

 幼稚園児の動きは明らかに小学1年生を凌駕していた。(少なくとも私の学校より) 

 また先生たちは,まだやれると本気で思っている。

 おそらく小学校では,この学年はこのくらいが妥当と判断してしまうだろう。

 

 西川先生のブログに書かれていたことが納得できた。

 もし,本校の卒業生が通う中学校の先生が,保護者と一緒に

子どもの様子を数時間みたら,どう思うだろうか?

しかも,毎日進化していると知ったら・・・。

 中学校の内容まで自分たちで学んでいる子達を目の当たりにしたら・・。

 おもしろいかも。


[]管理職?

 昨日,前の勤務校で大変お世話になった校長の退職を祝う会があった。

 その校長も異動しており,当時のメンバーもそれぞれ散っているのに

 結構な人数集まった。

 その校長先生は,何かをさせるでも,評価するでもなく,自分の思いと

夢を語っていた。みんながのってくると「よし,やるか!頼んだぞ!」

だった。また,背中からオーラがでていた。

 意見を聞きたいときは,採用されて3年しかたっていない私でも

校長室に呼んで,真剣に意見を教えてくれという立場で接してくれた。

何か理論を持っているわけでもないのだが,『熱い人』だった。

本音を語る人だった。しかも自分から動く人だった。

 みんなと語りながら,どんな人間が求められているのか見えてきた。

 

 よし,自分のポジションでできることをして思いをのせていこう!

 周りからもっと学ぼう!

 『学び合い』はきっと広がる。

 だってみんなそれがいいとわかっているはずだから。