Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-01-31

[]ノートの役割

 最近,ノートの使用目的が若干?変わってきた。

 以前は,思考の流れ(学習過程に沿った)がわかるように黒板に板書されたものを色を使ったりして項目や重要なところがわかるように記入していた。

 しかし,子どもの思考がそれぞれ異なっていることなどに気づき,黒板に各事項を絞り込むと共にノートに考えた証拠をしっかり残すことを指導してきた。

 その結果,ノートはコミュニケーションのツール及び考えを整理するためのシートになった。

 つまり,ノートに自分たちが取り組んだ実験のデータとそこから導き出された考えを記すことで他者と見せ合い比較する。さらに話をしながら,説明ができるようにノートに言葉や絵・図などを書き,マインドマップのようにつなげる子どもがあらわれ,その手法は広まった。また,キーワードを矢印でつなぎ結論を導き出している子たちもいる。

 なぜこうなったか?

 

 おそらく,根拠(実験のデータなど)をもとに説明し,ノートに考えた証拠を残すようにとしたからではないだろうか?

 もちろん,これまで,子どもたちを評価する際に,説明での絵・図のよさを賞賛し,端的に言葉で表すことのわかりやすさを認めてきたこともあるだろう。

 

 最後には,みんなで共有した大事なことは,ノートに記されている場合目立つように囲んだり,新たに別枠を設けて記入したりしている。これも定型を示していないので,目標・方法・結果及び考察(考えたこと)という順序はほぼ一緒なのだが書き方は多様である。