Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2008-01-23*[文献]子どもをナメるな

[]『学び合う』ことがいいのはみんなわかってくれる。でも・・・

 遊びの中での学び,生活科での学び,お楽しみ会について話し合う子どもたち,操作活動を自由にさせているときの子どもの会話・・・learning Pyramidなどについて先生方と語ると『学び合い』についてはわかってくださいます。でも,ほとんどは,取り組もうとしません。最初の一歩が,ものすごく勇気がいるのかもしれません。今日ある先生(40代)と話してみました。まじめなかたです。「板書から最初にイメージして板書計画をたてて授業をするから『学び合い』の板書のイメージがわかないんだよね~」

 たしかに,研究授業などの指導案検討などを行うときもよく板書案を書いて議論したりする。私の『学び合い?』の授業では板書計画はない!本時の目標と予想されるまとめしかない。最近は,3時間を通した目標を設定しているのでなおさら計画はない。う~ん,困った。

結局,ノートに学ばせたい内容がきちんと整理されて記されていないと安心できないんだろうなあ~。