Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2007-12-15*[実践]わかった!

 昨日,5年生の「もののとけかた」の授業を行いました。その授業の中で子どもたちが「わかった!」を連発していました。しかも,それを他の子に対して発していました。西川先生が,言っていた「話している様子を聞いていると心地いい」というのがよ~~くわかりました。??心地いいではなく,興奮していたかもしれません。

 以前から子どもたちが水溶液の概念をうまくとらえていないことに悩んでいました。そこで,子どもたちに思い切って「『とける』とは何か」「いつどのように『とけた』のか」考えて説明してもらうことにしました。

 前の時間は,水に塩を落として溶ける様子を観察し,塩から出る「もやもや」があやしいということになりました。

 昨日は,観察を邪魔していて塩の動きをティーパックに塩を入れることでとめて観察しました。

 目標は前の時間から引き続き,「塩がとけるまでをみんながわかるように説明する」です。

 みんな様々なことをして確かめていました。

 ・ティーパックからのしずくをたらしてもやもやの変化を調べる

 ・携帯顕微鏡で観察する

 ・ティーパックから出てきた瞬間の塩ともやもやが消えていく間の塩の違いについて話し合う

 ・たくさん溶かして溶け方の違いを調べてみる

などです。

 最後のものは,ちょっと目標とはそれている気がしましたが,次につながりそうだったので見守ってみました。

 私がやったことは,観察している子のそばで「おもしろいね~」と言ったり,ノートに拡大イメージ図をかいて説明を考えている子のそばで「へ~わかりやすいね~」と大声で言ったり,たくさん溶かしたあと棒でかき混ぜて観察している子に「何のためにやってんの?」「何かわかった?」「ほんとだ! このやり方でももやもやが見える!」と大きな声で言ったりしただけです。

 よちろん予想通り,子どもたちは,あちこち多様に動きました。

そこで「わかった!」の連発が起こったのです。

 

 ノートに考えた証拠を残す。

 わかったことは「わかったこと」という項目を作って書くこと。

と毎回しているので,ノートをみてまわったところ(わかってなさそうな子)表現は違いますが,塩が見えなくなるぐらい小さくなって溶けていく

という感じで記述されていたので”あえてまとめませんでした”。

 「とけた塩はどこにあるんだろうね~」

  子どもたちの予想・・・(様々な声)

 「次はそれを証明してもらえる?」

 

ということで終わりました。

 子どもたちは,どう証明するかを話しながらクラスに帰っていきました。

 次の時間は,「どうぞ!」だけ言ってみようかな~~。

jun24kawajun24kawa2007/12/15 08:06あと、「期待しているよ」という一言も忘れずにね。

janglejapjanglejap2007/12/22 10:19はじめまして。神奈川の小学校で教えています。
以前にこちらで茅ヶ崎の研究発表に参加した、とあったのでお近くの先生かな~?と期待していたのですが、鹿児島だったのですね。参観はできそうになく残念ですがこちらで勉強させてもらいたいと思います。

rion_fujirion_fuji2007/12/22 22:42 こちらこそよろしくお願いします。鹿児島は今日は21度ありました。離れていても学び合えることを示していきましょう!!