Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2007-12-09[文献]「言語技術が日本のサッカーを変える」 田嶋幸三

発想の転換(パラダイムシフト?) 22:10

 1973年に出版された波多野・稲垣共著の「知的好奇心」のなかの第8章「学習者中心の教育」の中で方法の多様化や壁の取り払い,学習者間の能動的相互交渉の勧めなどまさに「学び合い」そのものが示されている。ところが,著者も実際には難しいだろうと述べている。その理由は,やはり「教育に関するとらわれ」である。我々は,伝統的な教育観から脱却するのはなかなかどころか非常に難しいようだ。

 だが,今は,いいタイミングで脳ブームである。これまで学習者中心とかのべながらどこかで教える側から考えていた教育を「脳」という学習者の本体から考え,その「脳の仕組みに合った学習とは?」という立場からスタートするともう「学び合い」しかないのである。(これは,あくまでも脳科学や脳認知学の本を読んでみての結果としてです。)パラダイム・シフトが起こるいいタイミングかな?

 数年前,日立の小泉英明氏が,脳科学者の立場で教育との関連について研究していました。その成果なども読んだことがありますが,教育の表面をなぞったものにすぎないとおもいました。

 

jun24kawajun24kawa2007/12/09 22:29蛇足です。
不満足ならば、もっと願えばいい!子どもは応えてくれます。教師はどん欲にならねば!

rion_fujirion_fuji2007/12/09 22:51 オシム前日本代表監督のように,さらに上をもとめてみます。ベクトルをもっと上にむけてみようかな。