Hatena::Groupmanabiai

rion_fujiの日記


Hirotaka FUJISAKIです。
鹿児島市の小学校で『学び合い』を実践しています。
授業はいつでも都合が合えば公開いたします。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』ましょう。
メールアドレスは、rion_fujiとybb.ne.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。

2007-10-25学び合いの限界?

学び合いで育ってくる子ども 06:05

 

 学び合いをもとに授業を行っていると,かなり高い目標を設定しても子ども同士で解決していく様子が見られる。しかも,テストなどで点数が低い子が,思い切った発想をし,それをきっかけとして中学校高校学習するような内容について学び合ったりする。

 理科に関してだけかもしれないが,創造性を育てるという意味では,学び合いはとっても有効だと思う。

 しかも,以前まで取り組んでいた班をもとにして,教師が中心になって全体でまとめるような普通の授業のやり方では,教師の働きかけをかなり多くしないとわくわくするような発想や「なるほど!」といった声は多く聞かれなかった。

koushinsenjinkoushinsenjin2007/10/30 00:33こんにちは。
教師って、「学び合わなくてもある程度できたという子どもだった」という人が多いのではないか。とも考えましたが……。研究グループも多いから、ちゃんと学び合っているとも言えるのでしょうか。
ところで、身近に「まなびあい」の研究グループは存在しますか?

rion_fujirion_fuji2007/10/30 07:49鹿児島には残念ながらありません。どの研究会でも同じだと思うんですが,中身を工夫して対象を検討しないとなかなか集まらないですね。
研究グループのメンバーを見たときにかなりの重なりがありますよ。つまり,全体でみると一部の人が熱心に研究しているということになります。
学び合わなくてもできたというのは確かに層かもしれませんね。学び合うという考えすらないかもしれませんね。

koushinsenjinkoushinsenjin2007/10/30 22:10そうですか~。
でも、きっと鹿児島の実践者は二人だけというわけでもないですよね。