Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 06/03つくる

    だれかにやってもらおう、体質から


    自分がやろう、体質へ。



    誰が悪いか思考から


    今何ができるか思考へ。



    自分はそれを『学び合い』と東日本大震災のその後の対応から学びました。


    実際に 00:22

    〇〇は何もしてくれない!と訴える人とできることをしよう!と動く人とを観た影響は大きい。


    しかし、それも薄れていくし、次に生まれてくる子らはそれらを観ずに感じずに育つ。


    知っている人が伝えなくて、誰が伝える、というところ。

    支援計画 00:47

    教育支援計画の特集が新聞に出ていた。


    http://www.chunichi.co.jp/article/feature/kyouiku/list/CK2018060302000008.html


    今後。ようやく知られていくようになる。

    教師より保護者が知るようになる。

    うちの子について作っているのか?と聞かれるようになる。



    「教師が」使うものと考えているか「本人」「保護者」が使うものと考えているかでずいぶん変わるがこの辺が現場では浸透していないように思う。


    「教師が使う」と考えている人は、開示をしない前提で書いて引き継ぐ。

    「保護者や本人が使う」と考えている人は、共に考え記載していく。


    その考え方を共有されない研修する暇もないまま進んでいくと、3年もたつとどこまでの内容が同意を得ているか分からない紙切れとなってしまう。


    教員は3年程度で異動してしまう。その子はずっと地域で生きていく。たとえば、「暴力を受けたかもしれない」とか「精神的に不安定なところがあり」とか書かれていたら、もうその後どうあつかっていいものか…となる。


    開示や共有、無断作成、そうしたトラブルが起こってから、通達がきて、ようやく「共有するもの」「積極的に活用・アピールすすもの」にゆっくり動いていくのだろうと予想する。



    自覚 00:47

    福祉分野の要介護の認定やケアプラン作成は、資格に基づいている共通のベースがある。資格が必要。



    教員は、そうした資格も無しに、支援計画を作成していることを自覚していなくてはいけない、と思っている。



    資格を作る人的余裕も時間的余裕も無いだろうから、せめて校内で共通のベースだけでもあるといい。


    保護者とともに作る、「支援計画を利用して生きていくのは本人である」ことを、早いうちに校内のベースにして、誤解トラブルを無くしていきたいものだと思う。

    ゲスト