ogymの日記 @浜松  このページをアンテナに追加

  • 浜松で『学び合い』に興味をもった方、連絡ください。浜松でも『学び合い』増やします♪
  • 2か月に1度定例『学び合い』の会してきます。
  • ogym と @hkg.odn.ne.jp を繋いでくださいね。はてな
  • 01/06同じ土俵 30年後

    30年後の姿を浜松市は昨年発表しています。

    小学生に動画を全員に見せました。


    ビックデータ活用のデータ収集が2013年。

    https://www.sbbit.jp/article/cont1/27163


    公表が2016年。

    https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kikaku/totalplan2015/concept/1da-sudouga.html




    経済や政治の世界では浜松市はアーリーアダプターなのでしょうか。


    実感ないので 22:26

    小学生も、教員も、真意までは理解できないまま見流して過ぎてしまいましたが、


    実は超重要項目で、教員も確実に学んでおかないと、行政の流れから取り残されぶーぶー文句言うしかなくなってしまうのではないか……と遅ればせながら平成30年か…という思いを経て至りました。

    自分には理解できないことも、理解できる人によって進められている 22:26

    仕組み手続きとしては、まっとうに進んでいます。

    文句を言うなら、そのベースに立ってうまくやっていく必要がある。


    下知されたことを粛々と行うだけになりたくなければ、

    理解し、利用し、折り合いを付けて行かないといかない、そう思います。


    自分は30年後、どうありたいかのビジョンをもっているか。

    もってないのに、掲げているプランに対して、ものは言えません。

    学び合い』では、卒業後ずいぶん先の大人になった姿を見ていますが、

    まだ30年後までは自分は見えていないなぁ…です。

    ために 22:15

    学び合い』をするために、論文を引き受けました。

    「論文のために、やらせてください」で、実践ができました。

    その実践が賞を頂くことになり、論文内容の発表機会を頂きました。



    貴重な機会をいかに活かすか、を考えています。

    01/05経済無知

    株価が上がっている

    今まで「景気がいい」という状況を聞いたことが無い。

    何をもって「景気がいい」というのか、目標ゴールが分からない。

    これだけ株価が上がって、「政策が悪い」という理由も、悪さへの対案も、分からない。

    そしてそれをどこに聞けばいいのかも分からない。これは、メディアへの「委託状態」。

    だから、政治が身近からどんどん離れていく。


    正直な感覚としては、「モノ」はすでに日本は満杯。これ以上質を高める必要性もそう感じない。今ある洗濯機・冷蔵庫・車・電子レンジ・テレビ等でいいだろう、と。消費拡大というけど、わざわざ買うもの、無いよなぁ、と。何を買う?何を売る?何を作る?

    その感覚が正しいのかどうか、経済の見方が身に付いていない。

    株価 02:26

    投資信託等、の宣伝が急増しているのを見ると、お金を増やそうとして投資にお金を回す人が増えた、ということは市場で多くの鐘が動く、元本が大きくなれば利益は増える、証券会社も取引が増える、ということで株価があがるのか


    実態のあるもの、無いもの 02:26

    土地や人間関係を所有しているところに生まれれば、「モノ」を生み出すことができる。

    土地も無い、人間関係もないところに生まれれば、農地で「モノ」も作れず、工場で「モノ」も作れない。


    すると、知恵「見えないモノ」のやりとりでお金を産むしかない。

    そこは、満足したかしないか、信用の話だったり、お金を売ったり買ったりする爆弾ゲームのような話だったりする。

    何かを生み出せる力を二十歳成人までにどれだけつけるか。

    つけなければ、空虚になるのは当たり前な気がする。

    自分で付けて行かなければ、生きていけない、という内発的なものがそれぞれに生まれるといい。

    何者になるかを自分で決めて進んでいく。教えた子たちの成人式ももうすぐ。しっかり歩んでいるかな、願うしかない。

    01/04何も無い

    何もない空間でお茶を頂いた。静寂の中で。楽しみは、会話。

    この空間では、座し、耳を静かに傾けるのが、美学でマナー。楽しむ方法。



    新聞を読みケータイを見ながらテレビの箱根の結果を気にして家族と会話する。

    この空間では、同時多発会話に対する複数の処理が美学でマナー。楽しむ方法。


    前者がいい、と考えることもあった。が、前者ばかりが善、あとは悪、とするのは、押しつけではないか?と思うようになった。

    どっちの生き方も楽しめると、得。


    時代が求めるのはどっち 02:50

    時代の要請として、


    後者が求められるのなら、前者は社会不適応者となり、

    前者が求められるのなら、後者は社会不適応者となる。


    その程度の違いでしかない、と思った。

    ogymogym2018/01/05 21:48禅は捨てること、だそうです。後で知りました。

    01/03正月名物

    多様 15:22

    箱根駅伝一人一人にそれぞれの物語がある、家族がある

    真田丸・直虎効果で、そう思いをやることが増えると、

    ものすごいことが起こっているんだな、と思う。


    そして観る人も、観ない人も、ものすごい数、いる。


    箱根を見て正月を過ごしても、寝て過ごしても、目指して過ごしても、観に行って過ごしても、応援して過ごしても、いい。


    それぞれの持つ正月の物語の多様性を認められていることが、素晴らしい。


    反対に 15:16

    極論、争いは

    個々の物語を遮断して、思いをやることがない。


    我の物語、我の解釈だけで進み、我の解釈を他者に強要すると、そうなっていく。



    殺人事件も起きる。どんな物語の上で、そうなってしまったのだろう。

    そうした悲しい物語は少なくなるよう、願うしかない。



    バランス 15:16

    様々な物語性が絡み合った上で、世の中が成り立っていく。


    あまりにモノ・ことすべてに思いやりすぎると、それも身動きが取れなくなるから

    バランスバランス…


    まとめている人の考え方 15:22

    それらをまとめるそれぞれの大学、それぞれの放送関係者、学連関係者、OBOG、それぞれの組織ごとに[考え方]があり動いているのだと思うと、ただだた、すごいなあと思う。有言実行の原監督の経営論はとても興味があるし、次へのビジョンもとても感じる。ダメだダメだ感が無く、未来へ未来へ進む感じが伝わってくる。

    自分が知らない世界・組織はたくさんある。


    集団演技のマーチングバンドの練習を見に行ったとき、この組織は集団をどうやってこの集団にしたのだろう、どういう考えをもっているのだろう、持たせるに至ったのだろう、と感動したことがある。


    世の中、自分が分かることばかりではない。でも、興味ある・知りたい・ということは多々ある。そのアンテナは大切にしたい。

    01/01良い年に

    なりますよう。

    します。

    しましょう。みんなで。

    scorpion1104scorpion11042018/01/02 06:38ogymさん、今年もよろしくお願いします。

    ogymogym2018/01/03 15:07scorpion1104さん ありがとうございます。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

    12/31静岡県東部

    静岡県東部地区で『学び合い』の会があと一人で開けます。繋げますので、連絡下さい。

    地域の祭りは地域の人がそれぞれ作らないといけない、つがなければいけないのと同じ様に

    それぞれの地域でそれぞれの人が行動できるようになること、誰かにお任せでなく自ら動けるようになること


    そうなりますよう。

    良い年にしていく。

    12/30できることを

    それぞれの「当たり前」 20:47

    どうも、自分の「当たり前」は人の「当たり前」と違うらしい。

    そしてそれは皆に言えるらしい。


    それぞれの「当たり前」があり、

    それをどう生かすかはそれぞれ次第。


    同じドラマや演劇を見るにしても、見に来た理由は千差万別だし、感じたものも千差万別。

    それでも世が動いているということに気付くと、ホントに恐ろしい、というか、奇跡的だと感じる。


    何も考えないのと 20:48

    考えが巡り巡ると、まったく考えない時の行動と同じになるという。


    何も考えない行動と、考え抜いた末の行動とが、表面上は同じに見えるとは、よくあること

    なら考える意味ってあるのかしら、となる。

    12/29教育論文を書くため、という肩書

    「研修で教育論文を書くため」という冠を利用すれば、

    ある程度、自由な実践を行うことができる。



    肩書きが無ければ「何でそんなことやるの?」と言われる。



    制度はいろいろある。

    その中で、折り合いを付けやっていく。



    やりたい、だけではできない。やるためには、どうするか、知恵を絞る。

    12/28日々是

    日々是好日。

    12/27自分の

    できること何か一つ、3年ぐらい続けてやってみる。

    そうしたら、「自分は最近〇〇をやっています」と言えるものができた。


    石の上にも三年ってこういうことか。


    そして腑に落ちるってこういうことか。


    実践と理論の 09:39

    実践と理論の両輪でという


    理論だけでも実践だけでもうまくいくときもあればいかない時もある。



    両輪あると自信は深まる。

    ただし他の意見を受け付けなくなる恐れもあるから謙虚に謙虚に行きたい。

    みんな、自分が信じた道は信じたいのだ。


    信じたものが真実になるし、真実にしようとする。 09:39

    体罰を受けた人は、体罰を肯定する

    カリスマを肯定する人は、カリスマを肯定する

    牛乳悪を肯定する人は、牛乳悪を肯定するし

    スマホを肯定する人は、スマホを肯定する

    勉強ができなくてもいい、を肯定する人は、勉強ができなくてもいいを肯定するし

    理屈より脅しで生きてきた人は、脅しを肯定するし

    脅しより理屈で生きてきた人は、理屈を肯定する


    それを否定すると、自己否定につながるものは、否定しない。