Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 06/07一石

    一石 21:37

    最近、身近な人の死がいくつかあった。

    一生懸命尽して働いて、突然、退場。


    「頑張ってたのにね」の声と、その後それほど変わらない日常。


    加えて、自分の体調不良もあった。


    42歳寿命説を読んだ手前もある。



    自分が突然、となったらどうだろう、と考えるようになった。



    震災 21:37

    震災の時、多くの亡くなった方たちは、突然だった。

    その時の恐れは忘れないでいたい。

    突然いなくなれば、

    今まで見てきたこと、知り得た情報は、すべて、消える。


    発信しなくて、いいのかい?、という問いが自分の中に生まれる。



    明日のMOST…の上映会も、そんな背景にあってのことです。



    時間はどんどん過ぎていきます。

    「できることを、できるうちにしよう」の一つです。


    何もしなければ、何も起きない。

    学び合い』や「Most…」の種で、何かのきっかけとなったら、幸いです。



    個別の学習の弊害 21:44

    先生がつきっきりで教えたとする。

    その先生の教え方と、その子の学び方の相性が悪かったら、ずっと分からない話を聞かされ続けることになる。

    「こうでしょ、ああでしょ、どうしてわからないの? あれだけやったじゃない」



    学ぶ子どもに選択権は無く、分からなくても分からないと言えない。「分かった」と言わないとその循環から抜け出せない。

    抜け出せても、次にあったときに「分からない」と言うと「なぜ?」と責められてしまう。



    学び合い』で学ぶ側が主役になると

    1の人が分からなかったら、2の人に。2の人が分からなかったら、3の人にと選択肢がある。


    学ぶ側が主役だから『学び合い』、で、「教え合い」ではない

    つきっきり 21:44

    つきっきりで教えて、泣かれることがありました。


    教えたつもりで、分かったつもりで、「わかった!」「わかった!」と言っていた子がテストで一桁点をとったことがありました。



    そんな経験が、

    ああ、学ぶ人が主役でないと意味が無いな、

    早くに「わかったふり」は損だよ、と、学んでもらった方がいいよなぁ、


    という納得を呼び、『学び合い』の考え方がしっくりくるなぁ、というのに至っています。



    プロジェクト学習 23:57

    プロジェクトの中で学ばせると、学び落としがあり不安。そんなプロジェクトを組む時間も無い、手間もかけられない。


    教科の中で、プロジェクト学習のように、学び合い、失敗して次を考えることができる『学び合い』は、良くできているなぁと思います。