Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 07/11人のせい と 自分のせい

    東日本震災の際、『学び合い』の必要性を強く感じたのは、


    被災の際、

    「人のせい」何か他のもの・こと・ひとを責める人

    「自分のせい」自分ができることは何かを考える人


    がいるということが見えて来てから。


    自分の判断で、自分で動く経験を重ねること。それが必要。そう強く感じたことからだ、と改めて自覚しました。

    一番高いところはどこか 00:10

    津波の際、大川小は堤防に避難先を求めた決断だった。


    その後大変責められたし、残念な結果になった。


    今回の水害で高く残っているのは堤防だった。


    その時その時の決断。何がどうなるかは分からない。



    後から神の視点で責めても仕方がない。

    何を学び、何を次に生かすか、が大事。


    集約化 00:10

    現代化・近代化の方向性で「便利」「快適」を求めていくと、

    集約化・ブラックボックス化が起こる。


    そこでの心配は、

    「それまで身に付けていた技能の外部委託化」

    「機能の集約化による責任の一極集中」


    体温調節機能をクーラーに委ねる

    天気予報をアプリに委ねる


    自己判断をAIに委ねる


    機能が集約することで、その集約先の判断ミスや故障が負う責任が

    多大になること。


    そんなことを卒論でまとめてた。


    管理下で安全に「小さい失敗を経験させ学ばせていく」という良さも含む『学び合い』に良さを感じたのも、その経験から。


    道徳『学び合い00:10

    目標「学校の良さ・自分の学級の良さ・自分の学級目標に向かって自分ができること・をワークシートにみんなが記入できる。

    結果 達成したが…


    ワークシートの「学校の良さ」のめあての設定が甘かったため、「学校の良さ…ジャングルジムがあること」があった。「ん?」となった。


    こちらが求めるのはそうじゃないよなぁ、仲間がいること、人間関係や学級集団があることと絡めてほしいなぁ、と思っても、後の祭り。こちらが出した課題、言ったことに応えているし、後出しじゃんけんになるから途中で違うと変更することもできない。


    「それ、こういうことじゃないの?」と求める語彙や話し方はまだ身に付いていないように見える。そこで自分に明確な芯があれば、追究の鬼よろしく、何かを求めることもできるだろうと思う。でも、そこまでできていないなぁとも自省した。


    このあたりの課題設定や、子どもに求めるものの明確化が、これからの課題。


    面白い。