Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 06/21『学びあう』機会作り

    まずは機会を作らねば。

    何もしなければ何も変わらない。


    平成の終わる時期、

    浜松市は区が再編されようとしている時期



    「決まる」は、理由が決まれば「決まる」。


    変えていくには、ちょうど良いとき。

    できない、できるの話 00:03

    【子供のころからの疑問】

    「できる」と思えばできる、というけど、できないことってあるじゃん。

     100mを10秒で走る、とか、全国大会に出て有名になる、とか、甲子園に出る、とかさ。

    「できる」って言っておいてできなかったらどうすんの?

    だから「できる」って気安くいえない。

    「できる」っておもってて「できない」時より、

    「できない」って思っていて「できた」時のほうがうれしいじゃん。


    【『学びあい』や経営の関係、重量挙げなどの経験から学んだ今のところの解決

    「できない」と思っててできるときより、「できる」と思って「できる」ことのほうが多いジャン。

    重量挙げで成功した選手で「できない」「無理」と思って成功する選手いないよ。

    「できない」って思っててできても、それって偶然なことが多いんじゃない?

    なぜできたかもわからない、次できるかもわからない、それって、ほんとにうれしいかねぇ。みんなも認めてくれるかねぇ。


    「できる」って思うだけだと、棚ぼたを待っているだけになっちゃう。それじゃできないよね。

    「できる」って思うことと、そのために自分ができることをする、行動することが大事だよね。

    「できる」ために自分ができることをする。そうすればできるようになっていくよ。


    「できる」って言っておいてできなかったら? 


    それは目標の設定が高すぎたか、自分の今の力の見積もりが的確でなかったんだよ。

    だから、できなかったら、目標を再設定するんだよ。目標は変えていいんだよ。


    できなかったら、その目標じゃできないってことが分かった、ということでしょ。新しいことがひとつ分かったんだから、それって、いいことじゃん。

    できなかったら、「できる」目標にすればいいんだよ。だから「できる」んだよ。

    あとそのために大事なのは「期限を決めること」。

    いつまでもだらだらやっていては、評価して目標を修正再設定することができないよね。


    失敗したら、「こうしたら失敗するんだ」ということを発見した、と考えて次に生かせばいいって昔の人も言ってるよ。

    「成功の秘訣は成功するまで続けること」とも言うじゃん。


    期限を決め、的確な目標を持ち、自己修正しながら、行動=チャレンジを続ける。

    そうすれば、できると思ったことはできていくし、できないと思ったらそのとおりになるんだよ。


    甲子園箱根を目指してチャレンジをするにしても、

    期限や目標、自己修正を繰り返す思考回路を身につけることができれば、仕事やプライベート、趣味など何事にも通用する考え方だし、それが身に付くのって人生にとって得だよね。甲子園に行っても箱根走っても、それがたまたまで何の行動力も思考回路もつけずにいたら、その後何もできないただの人になっちゃうじゃん。


    何より、大きなことを言ってできないできないほらできなっていいながら生活をするより、

    できるできる、ほらできたって、小さい「できた」をたくさんいいながら生活するほうが、

    楽しいじゃん。

    そんなことを考える 00:12

    ……できる、できないで、ここ十年で自分の思考が変わったなぁ、と思います。