Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 06/19静岡

    いろいろな事件が起こる 23:13

    「周囲は仲間である」という「思い」がないと、周囲を思いやれない。


    だから、いくらでも傍若無人になれる。


    自分自身も嫌いになり、他人も嫌いになり、もうどうでもいい、と言う感じになっている子を、全国の先生は守秘義務があるから表向きには語られないが、たくさんたくさん見てきていると思う。

    また、そんな子らの環境を聞いてどうしたらいいんだろうと途方に暮れるようなことも全国に様々なケースがあるだろうと思う。


    理科で植物の発芽に興味を示さない子。メダカが死んでも花が枯れても気にせず育てられない子。周囲に敵意をむき出しにする子。

    テストや筆箱を破る壊す子。人のモノを取る子。ウソをつく子。


    そうした子たちを孤立させて、人と関わらせずに育てて、人との関わり方を学べるか。

    いきなり人間の赤ちゃんを育てられるか。

    いきなり社会生活に馴染むことができるか。


    今できることをするしかありませんが、隔離は違う、そう思います。


    一人も見捨てない 23:13

    急務だ、と思いました。

    発達障害がクラスに数人いる、その人たちは特別で別、という認識で隔離別離をしよう、というのではなく、クラスすべての子が皆、特性があるという理解。


    昔の話を聞く機会があったが 23:13

    学校内にバイクが走っていたり、たばこを吸う中学生と戦ったり、窓ガラスが割られたりした時代は、その時代なりに先生方ががんばった。


    今は今でそんなことは起きていない、けれどもパラダイスでもない。ならば、その時代なりの問題に先生方みんなで頑張らねば。


    これまで 23:54

    阪神淡路震災高速道路も倒れることを知り


    防災の大切さを知り道路やビルも補強されてきた。



    東日本震災でこれまでだれも映像で目にしたことの無かった津波の被害を知り


    さらに防災について考えられてきた。



    自分は見てきた、考えてきた、しかし、目の前の子供たちは、どれも知らないこの世の新人。

    いろいろ、学んだ成果を伝達していかなければ、と思う。



    大人は、子供が見れない過去を見てきている人。


    子供は、大人が見れない未来を見ることができる人。