ogymの日記 @浜松  このページをアンテナに追加

  • 浜松で『学び合い』に興味をもった方、連絡ください。浜松でも『学び合い』増やします♪
  • 2か月に1度定例『学び合い』の会してきます。
  • ogym と @hkg.odn.ne.jp を繋いでくださいね。はてな
  • 03/18四万十いなかパイプ

    見てきました。 23:49

    基調講演の方が四万十で活動している方

    http://inaka-pipe.net/coordinator/p09/

    だったので、今年の四万十の昭和小学校へ行ったイメージから話が読み取れました。どこでどうつながるか分からんものです。

    いなかぱいぷ

    http://inaka-pipe.net/intern/program01/


    子供が高校に行く際どうするか。

    浜松はまだ体験していないことでも、他地区ではすでに体験済みの文化になっていることもある。


    学校ごと、地域ごとに文化がある


    ポスターセッションからも多くの事を知れた

    課題の解決は他の文化を知ることで洗礼を知ることができるし、だいたい同じ道をたどって同じ悩みをしているのだから、学び合いと同じく解決策や対応策は見えているものなのかもしれない


    毎年30家族が移住したとしても、減少傾向は減らない、なら、「食い止める」より「考え方を変える」しかないじゃないか、という考え


    それぞれの場でそれぞれの方がそれぞれの考えをもって行動しているって素晴らしいものだ


    いろいろ 23:49

    地元で一つの事を追究する人もいれば、

    あれこれと見て離れて見て離れてヒット&アウェイの人もいる。

    自分の場合はヒット&アウェイで、継続して何かをしているわけでなく、いろいろ興味あることを覗いているものの、どっぷりでもない。


    でもその人も、いろいろ知っているからコーディネートもできるでしょう。

    どっぷり追究している人はその人なりにできることが有るでしょう。


    最近、良い悪いの価値でなく、どんどんいい意味で「どーでもいい」感じになってきているのは気のせいか…

    こ、これは… 00:02

    禁断の……に見える。

    https://www.amazon.co.jp/dp/4313653260

    先生いらない!が加速する!? 何だかわくわく。既存の学校像が壊れていくことを望んでいるのかしら私…

    卒業文集 00:02

    文集に「日々の授業が面白かった」という記述は無かった。中心は、行事と将来の夢。

    でも『学び合い』だと「日々の授業が面白かった」があり得ると思いますが、実際どうなんだろう。



    シンポジウムを見てきます。 13:29

    http://www.machien-hamamatsu.jp/activity/chu-sankan-pr2017.html

    試験成績の良い子は都市部へ選抜されて戻って来ず、戻ったとしても仕事があるか

    試験成績の悪い子は残り早いサイクルで次の世代が生まれる、保護を受けながらの生活


    選民や差別的な内容に誤解されがちだのであまり話題にもできないで素通りするけれど、



    何をしたら子供たちは大人になってからこの地で「飯が食えるか」

    学校は何ができるか 一教員は何ができるか



    いろいろな面から考えたいと思います。