Hatena::Groupmanabiai

ogymの日記 @浜松 

  • 浜松でも『学び合い』を増やします♪
  • 連絡はogymと@hkg.odn.ne.jp をつないでください。
  • 『学びあい』浜松の会…今年度は奇数月の第1土曜日9時~12時開催。
  • 三方原協働センターで行っています。お待ちしています。
  • 12/13いまここ

    いまここ 23:11

    今ココで、何ができる?の自問自答の日々です。


    夢幻のごとくなり 23:11

    学生時代のデートの思い出、

    どうしても、断片的にしか思い出せないものがあります。

    どうやってそこに行ったのか。そこでどう過ごしたのか。

    当時携帯なんてものはありません。そこに居た、行った、とは思うのですが、


    自分とその子しか証明してくれるものが無く、その相手も今はいない。

    確かめようがない。あれはホントにあったことなのか妄想か。



    そんなことを皆背後に抱えて生きていると想像すると、すごいなぁと感じるばかりです。

    F-KatagiriF-Katagiri2018/12/14 10:59私も現実だったのか,思い込みなのか最近よく分からなくなる「思い出」がよくあります。不都合なことは記憶の隅に押しやられ,いいことしか思いだしていないのかもしれません。

    12/12将来

    福沢諭吉は12歳まで文字が読めなかった 00:10


    福沢諭吉は12歳まで文字が読めなかった


    エジソンやアインシュタインの話は、何となく、ふーん、という感じだったが、なぜか自分には福沢諭吉がヒットした。


    何がいつどうなるかは、神のみぞ知る。



    識字率 00:10

    友人に聞いたところ、実際生活している中では「正しい漢字を選択できる」力がデジタル入力では必要という話を聞いて、


    なるほどと思った。


    識字&選択率、というか、読み・書き、の能力自体をみたら、ずいぶん落ちているのかもしれない。


    今も識字率は調査しているのかな? 同じ方法でやっているのかな? そうしたら、ずいぶん落ちるんじゃないかな?

    なんてことも考える。


    障壁 00:10

    文字が読めない・書けない事で、成長出来るところを阻害されてしまう、それこそ障がいとなることがある。


    教師に「学習の基本」ばかり時間を費やされて、本題の「学習内容」に触れさせてもらえない数年間を過ごすと、それは起こる。



    識字率が下がると、必要な情報を福祉が訴えても、その文字情報自体が届かないし、届いても読み込めず書き込めない。


    子供向けの「アンガーマネジメント」本が多数あるが、開くと文字が多すぎて…これでは読み切れない!といつも思う。


    参観会懇談会でよくある「参加してほしい人ほど、情報を伝えたい人ほど、足を運んでもらえない」という状態。



    そんなスパイラルに落ちない、落とさないことが、大事、と思う。


    学習内容に触れていく。新しいことを知っていく楽しさの種を提供する。知的好奇心を呼び起こす。

    12/10世界の見方が違う

    人は皆違う。 23:19

    その大前提が腑に落ちているかで、全く結果が異なる。


    大多数と、支援が必要な人、でなく、

    皆違う。皆で「欲せられたところに」支援し合う形。


    教え合い、ではなく、主役が学び手。


    願うだけでは叶わない。 23:19

    たなぼたは無い。

    明確に願い、行動すること。

    学び合い』で、学び手が主体か教え手が主体かで、語りも集団も違ってくる。


    子供らの小さな一歩の勇気、それを大いに認めたり、注目させたりしています。


    係の仕事の「考え方」 23:19

    個人の責任を学ばせるために、その係はその子の仕事。絶対に手を出すな!という先生もいる。それもあり。

    子供らは互いにビシバシ「やりなよ!」「仕事やっとけよ!」と言うだろうし、手伝わない。


    「責任もってできる子が多いねぇ」でも「気付いて動ける子がいないのよねぇ」諸刃。




    気付いた人が窓でも掃除でもさっとやってしまって「暇だったからやっといたよ」とやってしまう先生・クラスもある。それもあり。

    「やっといたよ」「ありがとう」「つぎやってね」「うん」「どうしたの」「給食が遅くなっちゃって…」等々。


    「責任感が足りない子が多いねぇ」でも「気付いて動く子が多いねぇ」諸刃。



    考え方が明確なら、どちらからも学べる。

    それが無いまま形だけ真似ると、ぐだぐだになる。


    どっちが良い、でなく、どっちも良い。考え方や学ばせたい目標が明確なら。


    そう思います。

    12/08eスポーツ

    対戦型スポーツ

    剣道・柔道・フェンシング等々。


    ストⅡや鉄拳等々。


    フォートナイト 無料でできるバトルロイヤル


    価値観 02:20

    考え方として、自分は殺し合いゲームは嫌い。


    でも好きな人もいる。


    相手のプレーヤーが他人が操るものとして、ゲーム上の殺し合いなら…というなら、

    ストリートファイターも他人が操るものとしてゲーム上の戦い

    そうでなくてもコンピューターが操る敵を倒すゲームなら…


    境目は無い。


    きっと、テレビゲームが初めて出てきた時も、ビデオが初めて出てきた時も、上の世代は、同じように「ろくな大人にならないぞ」と言ってきたのだろう。

    好き嫌い 02:20

    好き嫌いはあっていい。それを認め合えばいい。

    そこに価値観の押しつけがあると、こじれる。自分の価値観が正しい、お前は間違っている、となると。


    ゲームにはまっている子が、Eスポーツの道に行くなら行くでそれでいい。


    けれども、10年同じコンテンツが続くとは考えない方がいいと思うけどなぁ…


    高橋名人しかり、名古屋打ちの達人しかり。コンテンツ自体の寿命が短いのに、それに賭けるのは、心配はする。


    けれどそれこそ、自己責任。


    先生が、善意で 02:20

    善意で「価値観的に」悪だときめつけて禁止した時、ゲーマーになる道を閉ざすことにまで思いを馳せない。

    杓子定規に13歳以下禁止だからやめなさい、もまともに言えないほど価値観が多様化したことは、


    いいようであり、悪い様である。

    そんな中で 02:20

    ゲーム上でバリバリ殺し合いの方法を練っている子相手に、道徳を語る。この違和感。

    12/07目を見る

    授業中、目を合わせている時間 23:12

    タブレットを使う授業、画面を教師も見ている。子供も見ている。


    それはまずいだろう、というのを、どこに問えばいいのか。





    もう20年もしたら、子どもの指がピクリと動くことで発表したい意図をくみ取った先生の技なんぞ神業になってしまうのか?


    授業… 23:12

    10年前の「漢字の授業」のネタ本を読む。

    凸凹の書き方から書き順を指導する内容。


    きっと、子供が耐えられない。


    じっくり考える、という時間が。


    ググればすぐわかること、書く必要性が無い文字、それを繰り返して育った世代に、1時間じっくり考えるだけの力があるか。




    今後?今? 23:12

    文字は読めない、地図は読めない、絵は描けない、説明書は読まずにイラストが無いとすぐに投げ出す。


    語彙が無い、文にならない、我慢はできない、全能感はある、本人が身に着けた技がない、


    きつい、きたない、きけんなことは嫌。汚れるのもいや。


    記憶力は短い、思い出せない、先を想像できない、将来の希望も無い



    いくら関わっても覚えていない。



    能力を外部に委託し続ければ、星新一の世界になるのも分かる。

    12/06定義は人によって違う

    ソフトバンク? 00:02

    繋がらないんだ、へー。とすます人もいれば、



    PayPayで障害 20%還元初日 利用者集中が原因か という記事もあるし

    ソフトバンク上場前にこの状況はどうなのだ?と勘ぐることもあるし

    今度上々の株の動きで得する輩もいるだろうし


    利用者集中による自滅も電子上の電子マネー化や株上場に対する他からの攻撃もどちらも妄想できる。



    脆弱なうえに立っているなぁ…!



    注目しない 23:56

    「べんきょう」を目の敵にしている子がいます。

    しかしよくよく聞くと、彼の言う「べんきょう」の意味するところと、自分の言う「べんきょう」の意味するところは違うようです。


    彼は「べんきょう」は、無理やりやらされるもの、楽しくないもの、辛いもの、学校はひどいところ、悪魔だ、なくなればいいだのなんだのといつもマントラのように呟いて自分に呪文を掛け続けています。何があったか知りませんが、何かあったのでしょう。


    どうも「無理やり意に背いたツマラナイことをやらされる」もののようです。


    それを覆そうと直接つついても、頑なに亀のように固まるだけでムリな感じです。


    そういうときは、彼の「べんきょう」はそれでほっといて、別のところに楽しい「がくしゅう」という定義をつくってしまえばいい。注目しないで別のモノを作ってしまおうと思っています。


    その人が守るものは尊重しつつ、別のモノを。選択権は、相手。


    言葉で責めない 23:56

    あることに固執して興奮状態の子がいると、

    たいてい、ああいえばこういう、で、話し掛けても何もいいことがありません。

    そばで、ぼーっとしてみたりします。

    「5分後に声掛けるね。」

    ぼけーーーー……あれ、何でおれこんなところにいるんだっけ……

    「どうする? 戻ったほうがいいんじゃない?」

    「×」

    「そっか、また5分後に声掛けるね。あと5分ならつきあえるから。その後は僕も仕事に戻るね。」


    ぼけーーーー…


    「じゃ、時間切れだから、俺戻るね。君どうする? 戻りなよね。じゃ。」

    勉強しない理由 00:18

    1 世の中が見え過ぎて(自分が今からやったところでたいしたものになれるはずがない)

       自分で自分をあきらめている

       ex3歳から卓球やっている奴に中学から初めて勝てるか?今の財力で?



    2 自分が知っているつもり、全能感覚を今更失えない(例えばyoutubeで「先に知りすぎて」)

       ex知ってーるー知ってるー知ってるー 知らんわかんね。つまんねぇ。

        (知っていることは安心で馬鹿にする、でも、知らないことを自分で考えてつかんだことが無いから、

         知らないことに出会うと理解することを拒否する)

         どらえもんでのび太が4年生の頭で3歳に戻って天才になる話の結末と同じ。


    3 情報過多のなかに生まれた新人類

       ex入力情報が多すぎて、頭の処理が早すぎて。「要は何? 使えるの?」の判断基準に慣れてしまった

        教師の長い話なんか聞いていられないよね。漢字の書き順?どうでもいいじゃん。



    働かない・文字が読めない・行動しない・行動できない日本人が続々と増えたら…

    「わたしたち」が破たんしないためにどうするか、です。


    解決には…その行動の否定と別案の提示と、何より自分が楽しく勉強する姿を見せること、ですかねぇ…。

    12/05やはり考え方

    素直に従う10歳以下 00:05

    先生が絶対と思いやすい低学年のうちに教師が集団を掌握し、無垢な心に良い内容を教え授けていく。

    教え授けてられたものを使って、活かして、成長することができるであろう、という仮説、考え方。



    教師によって教え授けられることでは質に差があり、

    また、帰依することで他力に頼り自立の目を削いでしまう、という仮説、考え方。



    殴ってでも服従させるべき、という考え方。



    どの考え方であれ、まずは「考え方」として独立しているか。


    考え方として独立していないと 00:05


    討論でもそうだが、「考え方」として独立して「自分自身」と切り離して考えなければ、


    「考え方」の否定 即 その人の信じてきたものの否定 となってしまい、受け入れられなくなってしまう。



    「自分が良かったから、その考え方を採用している」

    「その考え方を否定してしまうと、今までの自分が信じてきたものが崩れてしまう」

    「だから、認めない」


    そうなると、自己の尊厳とつながるから、論や証拠がどうこう、ではなってしまう。


    良い悪いの尺度・価値判断を抜く 00:08

    この考え方が良い・悪い、ではなく、この考え方もあり、あの考え方もある。

    どちらか得であるほうをどうぞ。


    それぞれが信じる考え方を進めていく。だから、無理に押し付けない。

    12/04教える 束ねる 命令する

    考え方 22:14

    命令と服従、それに対する報酬 のつながりサイクル

    そこから逃れると異端児か。

    に多様なモノ 22:14

    独身の人に無理やり婚活を勧めたり


    他人に漢字100字を書かせて書いてきてもやり直しさせたり


    学校嫌いに学校を勧めたり


    虫嫌いに虫を勧めたり


    政治信条宗教を変えることを強要したり


    そんなことをしたら絶対固辞される。

    12/01お金

    ipadが割れてしまった。 02:18

    割れたipad は、ガラス面をはがしてみた。

    ガラスはフィルムで固定されていて、電極が周囲にある。

    ガラスをはがした場所、液晶むき出しの部分にさわっても、何の反応もしてくれない。

    ちょうどいい教材になる…高いけど捨てるだけではもったいない。


    中古購入でAIR2が約3万円程度。 02:18

    もっと安いのもあった。

    ふと考える。


    AI教材 Qubena Wiz Lite は 月額約2000円で 3万以上の教材がある。

    年2万4千円+wifi費。約3万円。


    算数の教材費・指導費 年約6万円で児童一人分なり?


    教師の仕事は? 01:58

    先生がコピーフリーの教材を選び、コピーをし、渡し、採点をし、分析をし、つまづきに合ったプログラムを考え提供し、履歴を記録し、成績を出す、という作業が、年6万での外部委託できるとして。安いのか高いのか。


    フリー教材1万円以内、コピー採点分析等の授業準備に1時間として時給1000円として1000円×算数年間175時間だいたい200回として 1000×200で200000、20万。授業準備30分なら10万だ。

    安いのか高いのか。


    支援学級での個別指導 01:58

    特別支援在籍児童が市内で約1000人。皆にipad配布と教材配布をもししたならば、

    6000万…。


    教師が一人年収500万として10人~20人分

    https://tech-camp.in/note/careerchange/42116/


    実際中古購入はできないからリースだと…

    市内全児童なら約50000人。かけることの60000円で30億。

    ICT関係は6億。

    https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/zaisek/budget/budget28/detail/d_143.html

    一方、エアコン設置が浜松市で23億。

    http://yamamoto-ryotaro.com/blog/hama/kyoiku/entry-164.html/tag/%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F/



    コピー機トナーは一色2万程度。学校の印刷代・紙代も膨大。

    老朽化してきている学校設備も直さなければ。壁がはがれる、雨漏りがする、地上アナログ放送からアップデートされていない、そんなことも、ざら。



    お金をどこに、どう回すか、は難しい問題です。。


    有限。 01:58

     『学び合い』で、時間をきっちり守り、時間は有限であることを考えさせていくのを思い出しました。

    お金も、人も、有限です。

    AIもタブレットも、届かない家庭がある。 01:58


    家にインターネットが無い家もまだあります。

    タブレットなど持てない家ももちろんあります。

    いろいろな教育的機能があるアプリやシステムがあるという情報自体が届かない家庭があります。


    AIがつまづきまでさかのぼって教えてくれる。素晴らしい。でも、その支援が必要な家庭に届かないのです。



    届いていても、それを行う環境が無い場合が多くあります。

    月に2千円掛ける金がない家ももちろんあります。

    塾へ送り迎えができる時間と環境、資金がない家もあります。


    メール・ネットが当たり前、ではないのです。


    本を読む暇が無い場合もあるし、本を読む学力も無い場合もあります。学習に対する諦めを感じている場合もあります。


    こうした格差の広がりの懸念を非常に感じています。

    11/30支援

    どこまでが支援か 23:16

    足が不自由だから車椅子

    足が不自由だから電動車椅子

    足が不自由だからタケコプター

    黒板が見えないからメガネ

    計算が苦手だから電卓

    漢字が苦手だからタブレット

    数式が解けないから関数電卓

    読書感想文が書けないから代筆アプリ

    言葉の意味が分かりにくいから電子辞書

    時間がゆっくり目だから試験時間の延長


    教えればサボる、支えすぎるとだらける、という感覚がある。

    だから、「考え方」がどうであるか、目的が明確になると筋が通る。

    色々な折り合いを付けてゆっくり進んでいく。


    どうなっていくかは、誰も分からない。


    私とあなたは違う 21:38

    私の家ではこれでよい。だからやって何が悪い。なぜ先生が口を出す。


    いや、みんな違うのだから、あなたよし、こちら我慢、なんてことは無い。折り合いを付けないといけないのだよ。


    考え方 21:38

    自信を付ける、声掛け。自信の水をためるという考えが非常にわかりやすかった。

    不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

    不登校は1日3分の働きかけで99%解決する