ogymの日記 @浜松  このページをアンテナに追加

  • 浜松で『学び合い』に興味をもった方、連絡ください。浜松でも『学び合い』増やします♪
  • 2か月に1度定例『学び合い』の会してきます。
  • ogym と @hkg.odn.ne.jp を繋いでくださいね。はてな
  • 02/21天上天下唯我独尊

    ある本で改めて言葉に触れ、天上天下唯我独尊 の見方が変わった。

    我が最も尊い存在である、ではなく、

    皆が皆特別な存在なのだと。なるほど。

    誰もが、もっと言えばすべての生き物や存在がこの世で一つ

    似てる 01:18

    皆が皆AU英雄の曲を作った人も、同じような思いを伝えたくて言っているのかもしれない。

    単なるCMソングのようにも思わせつつ。



    ある本で改めて言葉に触れ、天上天下唯我独尊 の見方が変わった。

    我が最も尊い存在である、ではなく、

    皆が皆特別な存在なのだと。なるほど。

    誰もが、もっと言えばすべての生き物や存在がこの世で一つ

    似てる 01:18

    皆が皆AU英雄の曲を作った人も、同じような思いを伝えたくて言っているのかもしれない。

    単なるCMソングのようにも思わせつつ。

    02/18視野を広げる

    子供を野菜に例えて、よくできるできないを例える話。間引きするかしないかとか。

    そこでは視野が狭かった。


    すべての植物に例えると、野菜もあれば、野の花もある。雑草と言われるのもある。

    人間にとってだけ奉仕できる野菜なんてほんの一部。観賞用もあるし、虫用も鳥用もあり、どの生き物に有用になっているかはとても幅が広い。人はダメでもコアラに有用なユーカリみたいな場合もある。


    繊維になる植物、木材になる植物、他の生き物の食べ物になる植物、その他もろもろ。

    それぞれが、自分の特性を生かす場所にいる。

    先生の視野が狭いと、皆が生きづらい状態を作ってしまう。


    子供は千差万別。みんな個性がある。特性がある。


    鑑賞用の多肉植物の種類の多様さを見て、知らない世界を垣間見て、視野が広がった。

    02/16さて

    さて

    アンガーマネジメントについて、扱う必要が出てきて、学んでます。


    ソーシャルスキル、構成的グループエンカウンター、アサーショントレーニングと、いろいろありますが、教師はすべてアマチュアです。


    何の資格もありません。生兵法大怪我の元です。


    だから、よりましな方を目指すしかありません。


    支援計画や指導計画 01:14


    支援計画や指導計画を書き込むシステムも専門ソフトもありません。

    保存場所、データはエクセル、入力は手打ち、一年に一枚作成するのか書き足していくのか。ファイル名はどうしたら保管しやすいのか検索しやすいのか。


    まったくの手探りで作っています。先生によっては、存在や違いすらあいまいです。

    医者のカルテは、どう保存しているのでしょう。

    福祉分野の老人介護の支援計画は、どう保存してい引き継ぎ活用しているのでしょう。

    シビアにお金に掛かってくるので、明確なはずです。

    その上 01:22

    英語の導入があり、

    道徳の評価を作成し、

    時数が足りなくどこかでねん出し

    ICTもどんどん活用するわけです。

    さらに

    プログラミング教育をしつつ

    キャリア教育オリンピック教育に取り組み

    癌教育や起業家教育、金融教育に福祉環境教育を少ない時間数で継続すると。

    それに並行しつつ発達支援教育にとりくみ説明責任を負って行きながら、

    分掌に回される調査回答をしながら児童保護者の相談に乗りがらも結果をだし、

    そして心身の健康を保つために定時に帰宅することを求められるわけです。

    データ持ち帰りは禁止、指定のUSBしか使えない上クラウドは導入が禁止されている。

    USB落としたり交通事故を起こしたり、児童生徒に暴力や性暴力の誤解を受ければ即失職です。


    「合理的配慮を申し出てきた児童の記録」の書類作成が新たに加わりました。

    チェックするだけならいいでしょうが、いちいち住所を調べて生年月日を調べて手打ちして作成しなければいらない。



    笑うしかありません。

    しかしするしかありません。


    さて教師の資質とは??

    02/15明確な

    システムがあれば、子どもも大人も納得。

    ぶれなければ、なお、よし。


    その場合、目標や目的が最重要

    そこが外れていなければ、子葉末節は気にならない。


    タイムアウト 22:19


    「やりたければどうぞ。ただ、それよりこっちの方法の方がいいと思うよ。選ぶのは君です。」


    針が倒れて笑いころげるか、怒り狂うかは、その人の心しだい。

    強制された選択肢は、いずれ、ボロが出る。

    この頃 22:19

    支援学級に入ると、いじめられるから、入らない。


    人に聞くと、馬鹿にされるから、自分でやる。


    それぞれが、自分の作った枠の中で、一生懸命戦っている。

    それぞれの心が作った檻であることにこの頃気付く。


    その人やその周辺は、いじめるのだろう。

    その人やその周辺は、馬鹿にするのだろう。


    幸せは、その人の心が決める。なるほど、なるほど、と思う。


    そしてその考え方を伝えて気づいてもらうのが、難しいんだなぁ…と思う今日この頃です。

    02/14山は多くある方が

    男女平等だから、陸上競技種目を男女混合でやればいいじゃないか


    いやいや、山は多くある方がよいのです。

    多くの人が喜べます。


    そんな会話を思い出しました。

    02/12部屋の大整理

    部屋には心が現れます。荒れ荒れでした。

    研修履歴 22:33

    研修ハンドブックというのを書店で見付ける。

    幼稚園・保育園の必携という。

    研修の履歴という欄がある。

    履歴か…

    なるほど残しておかないと自分で忘れてしまうよなぁ、という自分と、

    今の自分に現れない研修なら意味が無かったってことだよなぁ、という自分とがいます。


    ま、どっちでもいいんだと思いました。

    「津波と人間」 22:33

     寺田寅彦

    ……東北日本の太平洋岸に津波が襲来して、沿岸の小都市村落を片っ端からなぎ倒し洗い流し、そうして多数の人命と多額の財物を奪い去った。……

    ……同じような現象は、歴史に残っているだけでも、過去において何べんとなく繰り返されている。歴史に記録されていないものがおそらくそれ以上に多数にあったであろうと思われる。現在の自信が苦情から判断される限り、同じことは未来においても何度となく繰り返されるであろうということである。

     こんなに度々繰り返される自然現象ならば、当該地方の住民は、とうの昔に何かしら相当な対策を考えてこれに備え、災害を未然に防ぐことができていてもよさそうに思われる。これは、この際誰しもそう思うことであろうが、それが実際はなかなかそうならないというのがこの人間界の人間的自然現象であるように見える。


    面白い。大火についても書いてある。今を見透かしたように。新鮮。


    いつの時代も、同じ人間。

    こどもの貧困(NHK) 22:33

    身体的能力は、選べない。

    生まれも育ちも選べない。

    唯一、学力は、努力で可変、なはず。


    学問のススメのころからそう書かれていた。

    福沢諭吉は12歳から勉強を始めた。

    二宮金次郎は菜種油を育てて学んだ。


    新しく問題が起こっているように見えて、根本はまるで変らないのではないかと思った。

    何をしたら食えるか。


    学習が、そうした未来を変える力になり得るものだという意識をもってしているか、なんとなく学校をでれば何とかなるんじゃないかと思うものか、

    本を出すのも副収入。出す人が収入を得て、買う人はお金を失う。

    いかにして、どうするか。

    未来の選択にかかわる大きなことを学校でやっているという意識をもたないといけないと思った。

    稼ぐ 22:33

    今、職業として稼ぐとして何をしたら稼げるか、頭脳が中央に集約されつづける学校制度が続いて見捨てられ続ければ、地方は成り立たない。

    地方で可能な養える人数は今なら数値で出せるんじゃないか?

    今ココの場で、何をすれば稼げるか。代案が浮かばない。


    宝くじを10億にしている場合じゃないんじゃない?と思った。

    ゴールドマン・サックス、 22:33

    自動化でトレーダー大幅減

    3割がエンジニアに

    >>世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスは金融取引の自動化を進め、全社員の3分の1がエンジニアになった。2000年には600人いたニューヨーク本社の株式トレーダーは、今では2人しかいない。

    https://www.technologyreview.jp/s/24542/as-goldman-embraces-automation-even-the-masters-of-the-universe-are-threatened/

    02/11論文があがりました

    論文できました。

    プレゼン発表しました。

    質問ありませんでした。

    研修冊子に収められます。

    概要 22:11

    情報モラル指導はされにくい。すべての課題を一つずつ授業するような時間は無い。

    次のような授業を提案

    ①中学への実態調査で地域の課題を洗い出す

    ②課題を「クイズ100人に聞きました」形式で子供と共有 

    ③モラル教材動画を使い『学び合い』で課題対処法を子供が学ぶ

    この2時間で3つの課題を学べるお得なモラル教育。

    3校で実施。効果検証。有意差あり。

    まさに魚釣り 22:07

    教師が1つずつ教えるより、子どもが学べる場を提供した方が、学べますよね。

    scorpion1104scorpion11042017/02/13 10:36論文お疲れ様でした。発表に質問が出なかったのは、きっと皆さん納得されたからでしょう。
    冊子は、どのような冊子に載るのでしょうか。

    ogymogym2017/02/14 22:36scorpion1104さん、ありがとうございます。
    納得…そう採ります^^
    冊子は、市センター独自の自主発行の冊子です。市内各学校に配布されます。学会ではないので検索等はできないかと思われます。

    02/07教え子に

    何の言葉を贈ろう。卒業文集の言葉。

    その言葉が、いつも言っている言葉であると、ぶれなさを感じていいなと思うが果たして。

    フィクション 22:38

    ドラマで「あの先生、いつもこういってたよなぁ」と回想に浮かぶのは、

    耳に入る情報が少なかった時代の話。


    一分間で深イイ話をバンバン提供するテレビ

    道徳の泣ける話がバンバン載っている本が並ぶ書店

    6秒動画で勝負、一言スレタイで勝負のネット


    こんな中で、上書きされずに残る言葉が残せるか。全部どこかで聞いた話になる。


    だから、『学び合い』の3つの考え方、学校は何をするところか、学ぶとはどういうことか、子ども=あなたたちはどういう存在なのか、毎日毎日同じことを語りたいと思います。

    そして、それが意外とできていない。自戒。

    そうか、 00:15

    目標を今後や成人の姿として、長い時間だけれど成人までの期間で、『学び合い』の語りを書けばいいのか。

    子供が覚えるのは 22:37

    昼の放送のテンプレート

    見ているアニメの主題歌

    インパクトのあるCM


    教師の言葉も、テンプレのように、毎日同じことを言い続ける一言があってやっと記憶に残るか否かぐらいだと思います。


    また、残っている言葉は子供が学び子供が体験したことと結びついているので、話したうちの何が残っているかはこちら教える側では把握できないと思います。


    「そんなこと、言ったっけなぁ」


    覚えている主体は、された側。

    02/06少年老い易く…

    ホントに、なぜ2月、3月はこんなに速く感じるんだ?


    なんて、大人も感じるのに

    光村の小6の教材に載ってる。


    何をもって適切な教材というのだろう。

    02/04経験

    過去の経験の話。


    給食後、6年生は、校舎内各地に行って5分掃除を行う。


    その特別活動をどうするのか。

    00:06

    当時の私、反対「五分って、行って帰って終わりですよね?!」

    中心となる先生、賛成。「でもこの5分で校舎綺麗になってるしねぇ無くすのはねぇ高学年の自覚もあるし必要だと思うのよね」

    多数、賛成。沈黙。

    賛成にまとまる。

    トイレに出ていた校内の圧倒的中心の先生が会に戻ってくる。

    開口一番「5分掃除、無駄だと思うのね、どう?」と皆に言う。


    賛成の先生方「そう…」


    活動、無くなる。


    根拠も無く、活動実態の評価も無く、子供の声も無く、決まっていく話し合い、こうしたこともあるのが事実。


    女性の先生の序列があるという思い・根拠なしで進むものだという思い、そうしたエピソードが記憶された自分の中では衝撃的な出来事。

    記憶 00:06

    こうした記憶がインプットされ、自分のエピソード記憶となり、「中心の先生の一言で決まるんだ…」とした勝手な「世の中の法則」となり、人ができていく。


    個人個人がそうした様々な「世の中の法則」を自分の中で作り上げて信じ込んでくるのだから、誰一人同じ人などいない、人は皆違うのは当たりまえ。

    意見 00:06

    「あなたも自由に意見言いなさいよ」と言われても「いえ、結構です」と口を積むぐ時期があった。


    その時思っていたのは「意見言ったところで通ったことないじゃないか」「言うだけ無駄だ」



    大人も子供も、思考は大して変わらないだろうと思っています。

    行動には、理由がある。