Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-08-22

関心をもっている本&学級づくりを語り合う会 濃縮されながらも心地よく終了

| 00:01 | 関心をもっている本&学級づくりを語り合う会 濃縮されながらも心地よく終了 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関心をもっている本&学級づくりを語り合う会 濃縮されながらも心地よく終了 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 関心をもっている本&学級づくりを語り合う会 濃縮されながらも心地よく終了 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 第1回 学級づくりを語り合う会、県外からの参加者も含め4名で大変充実した時間を過ごさせてもらいました。書くだけでなくフラットにたくさん話し合えたこともよかったと思います。アウトプットとインプットの相互作用を意識できたことが快感です。対話することで、読むことで、話すことで新たにメモする気付きが増える。今までもそうだったと思いますが、それが濃縮されたような気がします。切り口を学級づくりとしたことでみんなが同じ土俵で前向きな感じしました。『学び合い』やってますか・・・だけではなく、やっている人が一番偉い感じがするのではなく、みんなを目指す、1人1人のアプローチや、一番聞いてほしい部分の違いがあって当然ということが再確認できました。実はこのタイトルの転換で『学び合い』の考えによる会運営ができたのかなとうれしく思っています!

 ひょっとしたら学生さんや一般の方を考えたら集団づくり、組織づくりにしても学びは多いのかもと思いつきました。

 さて、書きたいことはまたおいおい形にします。今回は会で本が話題にあがったので自分の興味もっている本を紹介し、自分を見つめ直してみます。

学校を元気にする33の熟議

学校を元気にする33の熟議

今話題の熟議?とは違いますが、棚からぼたもち、実に内容のある1冊。困った時のグループ学習ではだめだよという言葉を聞いたことがあります。そのままでも困るんだから・・・と思う気持ちで、どうしたらいいのだろう、一斉指導の腕をあげればいいのだろうが、困った・・・だからといって大胆に『学び合い』に行くべき状態でもないと思うし・・・。そんな時におすすめな一冊。

上記の本の作者が書いています。とても『学び合い』の考えに近い、指導の仕方や考え方がのっています。「みんな」を考えています。

今興味をもっている一冊。国語編です。まだパラパラめくった段階ですが、形を求め、形をなぞれど、形ではなんとなく違う・・・脱表層的?それが表れていることがおもしろいです。

3冊に共通すること。今日学級づくりを語り合う会でしゃべっていて気付いたこと。それは新しいことをするのではなく、新たに何かを付け加えるのではない学習指導要領や時間割にそった中で何ができるかということだと思います。守離破の逆?普通のことから、離れてみてそこで大切なみんなを大切にするという考え方を守りの中でさりげなくだしていくにはどうしたらよいかということ。





そして、今日学級づくりを語り合う会でファシリテートという言葉が出ました。自分の場合どうかなと。誰にでもできる、守の部分で、基本を大切にしたい、そういう中で閃いたのが次の1冊。

小学校学習指導要領解説 特別活動編

小学校学習指導要領解説 特別活動編

1週間の中に位置づけられている学級活動。思いのほか、基本となる指導書が少ない分大切にしたいと思います。まさしくファシリテートのさきがけ?基本だと思います。これや公の指導案等を基にああでもないこうでもないと語ってみたいなと思いました。







このように、何の本に興味をもっているかでお互いの考えが近づいたり、相互理解したりするなと思いました。そうやっていたら思い浮かんだのが次のこれ。

偏愛マップ―ビックリするくらい人間関係がうまくいく本 (新潮文庫)

偏愛マップ―ビックリするくらい人間関係がうまくいく本 (新潮文庫)

好き・嫌いというシンプルな感情をたがいに見えるようになることはコミュニケーションでとっても大切だと思います。そのために時間や紆余曲折がいることもあります。そこにシンプルにフォーカスしたこの本は名著。

そうやってふと気付いた方法論として自分が大好きな作家は、以前と変わらず、3色ボールペン、マッピングコミュニケーションなどで時がたてど不易な斎藤孝だと再確認。この本だと実感した。一押しのファシリテーターです。土曜の10時のテレビだけではこの素晴らしさが、伝わりにくいのと、特に意識していないと少し前の本なので流れていきそうなことも含めて一押しです。

ストレス知らずの対話術 (PHP新書)

ストレス知らずの対話術 (PHP新書)

会議革命 PHP文庫

会議革命 PHP文庫

気持ちを高める意味では福島さんもいいです。

リーダーになる人の たった1つの習慣

リーダーになる人の たった1つの習慣


何はともあれ大成功だった今回。次回は何を話題にしようかとわくわくしています。興味のある方はぜひどうぞ~。

521887

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20110822