Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2010-04-13

高速音読

| 23:10 | 高速音読 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高速音読 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 高速音読 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 高速音読、教育の鉄人セミナーで体験したように、楽しかった~、指導していても空気が変わるのが分かる。いかに何度も楽しく読ませるか。こっちから押しつけになるのではなく。単純なカレーライスの出だしを覚えるでもよいが、いかにかかわり確認し合い楽しむかということを音読一つで感じられた。

縄文時代 黒板の情報

| 23:07 | 縄文時代 黒板の情報 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 縄文時代 黒板の情報 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 縄文時代 黒板の情報 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 黒板に縄文時代について調べたことを書いてもらう約10分。たくさん情報が並ぶ。家には4、5人住んでいた。主食は木の実。何でも食べていた。平均寿命は30~40歳。こられを書いて貰うことで、次の弥生時代で調べる観点がはっきりするのだろうなと思う。今まで朱書きしていたとき、実態把握の楽しさを共有しているのだなと思う。今まで一人で教材研究して語っていたことがぱっと並んだ。教科書、資料集の細かい部分でちんぷんかんぷんな子もいるだろうからそこは求めていきたいが、教師一人がこれらの情報を握るのはもったいない。次は縄文時代、弥生時代どっちに住みたいがテーマで話し合いである。

確認

| 23:02 | 確認 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 確認 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 確認 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

各委員会の様子を確認。明日げきをとばそう。学級経営、学校経営に生かせるように、伝えよう。

算数3時間目 分かりやすく説明の相手は・・・

| 23:01 | 算数3時間目 分かりやすく説明の相手は・・・ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 算数3時間目 分かりやすく説明の相手は・・・ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 算数3時間目 分かりやすく説明の相手は・・・ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

1時間目は、教科書の表紙、目次を詳細に読む。形は一斉です。ただ、たったこれだけのページからこんなに多くのことをみんなで気づけたねという意識の定着がねらいでした。

2時間目は、3拍と4拍で手をたたいてから時間がないので公倍数、最小公倍数をみんなが説明できるという課題で残りは宿題。まだ追い込んでいません。

3時間目の今日は、一気にいきました。最小公倍数、最大公約数についてみんながわかりやすく説明することができるが課題。

わかりやすくってどの程度?ときくと1年生というつぶやきが聞こえたので拾いました。昨年までは、しっかり調整して時間を設けて・・・うーん・・・と思ったのですが、今年は1年生のお世話にいっています。(いってもまだ何をしたらいいかわからない状態ですが)課題は一気に凝縮するけど、そのときや休み時間を好き使って1週間ぐらいの気構えで試してみようと思います。

この1年生という課題はひょっとしたらいいのかもと期待しています。人によって分かり方は十人十色で違います。だから、ベストな解説はありません。しかし、ポイントはそこで終わるのではなく、いろいろな説明方法を試すことです。教室でやると人間関係が左右したり、その壁をこえれなかったり、できない子への何気ない配慮をしたりしました。しかし、1年生という課題には、かけ算もできないよなー、えっ足し算って習ったの?というところから始まります。おい、何で分からないの?というクラスでの前提がありません。これは、いい気がします。

中には、苦手な子が自分から、説明は分かったけど、この問題の場合どうなる?といっていつの間にかどんどん問題を解き始めています。説明を聞けば聞くほど、すればするほど分からなくなるよという声も聞こえます。前、単元全体任せたとき、自分のことだけとか、どんどん説明してほしいのに・・・と思ったときがあります。要は、仲間内から意識を広げることができていなかったと思います。1年生という発想は今までしたことがありませんでした。しかし、課題の相手を広げることで、できない安心が保障され、もっとよい言い方がないかどん欲になっている気がします。

昨年はひたすら○ページまでと言い、みんなができてないのに何で進むの?ともっとみんなを求めようと語り一本勝負でした。今年は、その基盤に立ちながらも少しさらなる自主性をもつ仕組みも求め、遊び心をもっています。

あとは、サインでももらっておいでといっておけば授業だけで背負わずいつの間にかなんとかなるのかなと思います。174294

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20100413