Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-01-13

注意成功法

22:22 | 注意成功法 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 注意成功法 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 注意成功法 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/?word=%2a%5b%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%5dを読んで題名のことが思い浮かんだんでメモします。

きかない攻撃を続けることがいいと最近語りました。

より多くの人が声をかけるといい、さらにかけ続けるといいと思ったから

です。(今の世の『学び合い』の状況と似ていますね・・・)

でも、一つぬけていた視点がありました。きかないんですね、なかなか、

意固地になるというか。そのときに、以前は放っておくことも大事かな、

先生の出番かなと考え、今はきかない注意でもいいから周り(分かる子)

を固めると思っていました。

分かる子も元気いっぱいの子も声をかけます。しかしなかなかききませ

ん。周りはがんばっています。成長しています☆うーーん、やっぱりこう

いうときは教師の出番かと思っていました。

だけど、いいことが閃きました。(今更やっと気づきました)

それは、その張本人の一番の友達を改善させる、さらに言うと一番の友達

、つまりふざけ相手を変えるんです。ふざけ相手がふぜけてくれない、注

意するこれが一番効き目がある気がします。

つまりNO1攻略は、NO2からだと思います。

そういう視点をもってみんなにかたろうと思います。

『学び合い』悠々日記

| 22:08 | 『学び合い』悠々日記 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』悠々日記 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 『学び合い』悠々日記 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

久しぶりの授業ということでテクニックを駆使するのを楽しんでいます。

その中で「みんなが」を語るのに自分自身飽きが見られたので、語り方を

工夫するため、課題提示の言葉や教材研究を楽しんでいます。

例① 国語 身の回りの生活の中からはっとしたこと心に残ったことを詩に表すことができる。

これがめあてとして書いてありました。だが、前半部分が私には引っかか

りました。身の回りの生活というとそれが思考の歯止めをかけて、詩をつ

くりにくくなると思いました。前半部分の理解をみんなで考え合ってもい

いのですが、時間切れで詩ができない方が哀しいと思い、子供らには率直

に、どんな方法でもいいから詩をつくって、どんなんでもいいよ、悩んだ

ときのために、先生の解決法はね・・・と紹介してきました。

子供らへの課題提示の文言の中で特にどこを評価したいかもっていていい

のかなと思いました。

例② 社会 海辺のくらし

 いろいろな漁法や漁業データがのっています。限られた時間で苦手な子

に解決させるだけの資料や意欲が用意できない気がしたので魚を食べまし

た。体験があった方が意欲がわくと思ったからです。前は、「みんなとつ

ながる」必至にそこだけ求めて、学び合いクラスづくりに汗をかきまし

た。でも、自分が子供だったらどうかなと置き換えてみたら、もっと何か

が見えてきました。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090113