Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-12-10

リコーダー

| 23:18 | リコーダー - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - リコーダー - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 リコーダー - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

全員がふけるように

で多くのかかわりが見られた。

繰り返しCDをかけるから、遊んでいる子が生まれにくい(かかわらない子で)のかも。

だが、CDを無視して階名よみしたりスピードゆっくりの部分練習したりしていた。テン

ポが速い。フル回転していた。

自然と褒めれた。それが転化するように、今度は、運動会後のように力強く褒めよう。

まあ、社会でもそのよさが見られたからいいかなあ。少しずつ前進。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20091210

2009-11-11

やった☆できた☆エーデルワイス

| 21:35 | やった☆できた☆エーデルワイス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - やった☆できた☆エーデルワイス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 やった☆できた☆エーデルワイス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

実は、11日まで閉鎖中で久しぶりの授業でした。

エーデルワイス(リコーダー)で授業をしました。

曲に合わせて習熟を確かめる。

まだまだなので、最初のフレーズを繰り返し練習。

練習の仕方を可視化しよう(伝えよう)と思った。

階名を板書し、何拍かを確認し、練習。

繰り返す中で、やった、できるようになってきたの声。

次のフレーズを繰り返す。

その中で、一つの言葉が頭をよぎる。先日N先生に言われた、ごちゃごちゃ言う中でぬけ

がでてくるという言葉が頭をよぎる。

では、次のフレーズは、3分で3人の人にOKもらったら座ってねと言う。

言ったあとに即反省。あっ、自分ができたらOKって課題だ・・・。(苦笑)

3分後。できていない人多数。かかわりはまだ弱い。

「先生にとっては簡単にふけるんだけど、(実際にふく)、分からないんだよね。」

「おー」の返答。

「でも一番上手に教えれるのは、先生より子どもだと思うよ、特に、さっきまでできていなかった人は、穴のふさぎ方が・・・とか、それドじゃないよレだよ、穴ふさいでとか、リコーダー加えすぎ、食べないで(笑)とか言えると思うよ、だから、より多くのみんなに聞いてみたらいいと思うよ、ぜひ、私だけできたから、あんた知らん、みたいなこと言わずみんなができるようにしてみない?あと何分でできるかな」

「○分」

「では、どうぞ」

可視化

「誰が困りやすいか、いじけやすいかぐらいか想像して助けてあげて」

さっき一人だった子についたとたんに「やさしいな」の大きな声。「分からないをさらけ出してていいね」「さっ、あと○分」「先生に聞くのもいいけど、このずっとつきあう仲間で助け合ってみたら、あっ○○さん、ちょっといいかな」

そして、○分後。演奏。

できた人挙手して発言「できると思わないところもできた」「助けてもらってうれしかった」などなどたくさんの声。

じゃあ、ちょっと難しくてできない人おる?何人か挙手。

「みんなでさっきの発言みたいに喜ぼうよ、今挙手した人の顔忘れるなよ、あと△分あるんだけど、次のフレーズまでで難しくなるけど、『みんな』がふけるために挑戦する」

「うん」

さっきよりもかかわりは増す。

全員ではないが、短時間でぐんぐん増すかかわり&課題達成にびっくりしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そう、最初に書いたとおり私は、11日今日まで閉鎖中!

これは、飛び込み・代理で出た3年生の授業です。

学び合い』は、飛び込みでも効果絶大と実感できました。

クラスをもつと、もっともっとを求め純粋にほめれない部分が出てきますが、思わず発するやったー、できるようになった、の声はとても尊いなと思います。自分のところでも、「いつから『学び合い』やってんの?当たり前だろ?その程度?」と思わず、尊重し、耳を傾けていきたいと思います。akasakaさんが書いていたように、冷たさと厳しさを間違えずに。そんなことを気づかせてくれた、閉鎖期間&飛び込み『学び合い』実践でした。104032

katokiti2003katokiti20032009/11/11 22:14一瞬「あれ?」と思ったら、そういうことでしたか☆
3年生もいいでしょ☆
>『学び合い』は、飛び込みでも効果絶大と実感できました。
そうなんですよね。
インフルによる学級閉鎖の波が、思わぬ形で未体験ゾーンへとつれてってくれますね。
数週間前の私もそうでした☆

kaopapakaopapa2009/11/11 22:18「可視化」
最近『学び合い』やっていく上で、これでいいのだろうか?
と思っていたことなので、いいヒントになりました。
まだまだ自分は、褒めることが足りないなあと…
「○○くんが△△のところがわからないって言ってるよー」だけじゃないんですね。

o4dao4da2009/11/14 00:20katokitiさん、いいですね授業って
kaopapaさん、私も迷える子羊ですのでまたよろしくおねがいします

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20091111

2009-11-02

教材研究というか求める姿

| 22:37 | 教材研究というか求める姿 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教材研究というか求める姿 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 教材研究というか求める姿 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

音楽科の話。リコーダーをふかせることは、分かった。歌は発表会前は、がんばるということもわかった。だが、普段、どこまで任せて指導すればよいのか。『学び合い』どころか普通に授業もできない感じであった。

反省も多いのだが、今日、一つおもしろいつぶやきがあった。合唱の鑑賞である。これまでは、「書くこと」がメインで終わることが多々。だが、今日、もっと彼らの声を聴くぞと思い臨んだ。

2曲提示して、どっちが好き?と指導書にあったように尋ねた。すると、「こっちはなめらか。一方こっちはとんとんとんとんといった感じ。」「絵にかくとこんな感じ?」「いや、とんとんとんとんの感覚がもっとせまい」「こう?」「いや、もっと1つ1つの点から髪の毛はえる感じ」いつの間にか発言がつながっていたことに気づいた。

こんな姿求めていなかった。教材研究というか求める姿をはっきりもつことは大切だとやっと感じた。要は、本気になって情報を集めるかいなか。集めたくなるかれらの姿に気づけるかどうか(評価できるか)だと思った。 箱根の山は・・・。

katokiti2003katokiti20032009/11/02 22:1210万アクセス、おめでとうございます。

「もっと」
これって子どもたちに求めつつ、自分自身に1番求めているのかも知れませんね。

o4dao4da2009/11/02 22:18ありがとうございます。「もっと」について今これまでの記事を読み返していて気づきました。もっとの中に、願いや方法を省略(行ってはいるのですが)し昨年度やこれまでと比べてガミガミ言っている自分がいると。しかも、段階的な指導を省いてです。これはまずい。ちゃんと時間をあげようと思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20091102

2009-09-14

音楽でも書き込みを

| 22:17 | 音楽でも書き込みを - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 音楽でも書き込みを - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 音楽でも書き込みを - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

音楽では、ほとんどこちら側から指示を出していることが多い。上手に歌えないのに。いや、上手に歌えない、ねらい定めれないからだと思う。

そこで今回は「星空はいつも♪上手に歌えるスーパー教科書をつくろう」と投げかけて、何度も曲を繰り返した。要は、気をつけるところの書き込みである。いつも私が言うor一部の発言しか拾ってないので、各自が自分の考えをもつ時間である。ん?気づいた。これは、国語でよくあるパターンだ。

その中で「じゃあ、これまでに書いたことをもとに歌ってみよう」と投げかける。まあ、国語で言えば音読である。そして「今歌って気をつけたらいいなと思ったことを書こう」と投げかける。気になることは、全て投げかける。「どんな顔姿勢で歌えばいいと思う。イラストで描いて」

はっきり言って、楽しそうかと言えば、そうではない。しかし、雰囲気は国語の話し合い前の書き込み(一人読み)に似ている。知恵を絞り出している状態だ。リピートや教師の可視化、近くの人の書き込みを基に書き進める。

そのあと、教科書を見ていると学ばさせてもらった。すごーく書ける人がいる。また、「ジャンプするように」「急に高くなる」「ふわっとした感じで」とその子その子が書くことが違う。音符を線で結んで音程を意識している子、↓↑で示している子など。今まで、音楽は活動させる、いかに上手に歌わせる(歌わせれない、とほほ・・・)であった。だからこそ、子どもの書き込みのいろいろな説明の仕方が算数の『学び合い』に通ずるものがあった。78082

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090914