Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2017-03-31

まとめ➡次へ

03:02 | まとめ➡次へ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - まとめ➡次へ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 まとめ➡次へ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 いろいろな出会いから次へ。たくさん話をすることを心掛けた春休み。懐古、感謝、今後へ向けて…。別れの新しい仕事、公私ともに新たな経験をする。さっと動いて即行動することで感じるものが違うこと。いろいろな方に感謝を述べて時をかけれること。どれも今だから感じられるのだろう。

 そして、いつも以上に話す中で見えてくるものがたくさんある。今までの自分が整理される。厳しさと優しさ、父性と母性。スモールステップと任せるもの。Tの人柄と子との共有。感情コントロール、自分と他人。同僚性、受動、主体。場面に応じて、本当に大切なものを見ていきたい。そんなことを考えれる素敵な時間だった。

 人に言うことと自分に言うことの違いを自覚していこう。1770782

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20170331

2017-03-29

トワイライト

22:07 | トワイライト - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - トワイライト - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 トワイライト - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

トワイライト期間

今年度と来年度

やるべきことやったらよいこと

次へ向けての貯金と気分転換


入り混じる時期

黄昏時

決めつけない

胸をはれるのか

怒りの意味

担任の影響

いろいろ考えが混ざる

そして、今までとは違う一歩

いろいろ考える前に一歩も大事

いろいろ考えるから一歩進めるも大事

出会いにありがとうの気持ちで

今日もおもしろかった

1770767

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20170329

2017-03-23

期を待つ 幸せはそこにある 心にある

22:27 | 期を待つ 幸せはそこにある 心にある - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 期を待つ 幸せはそこにある 心にある - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 期を待つ 幸せはそこにある 心にある - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

幸せとは…。

 いつやってくるか分からない。大変モードになったら、すぐに回復するわけがない。そうであるならば、大変モードにならない。それが、不思議なことにたくさん、いろいろな人に相談、おしゃべり?するようになり、少し歯車が動き出した。ポイントは、自分の心。相手を大切に思う気持ち。大切と思う厳しさか、頭にきたいらだちか…。そして、どうしたら伝わるか。自分がいくつ堪忍袋をもっているかの自覚。その場のいらだちという短期決戦ではなく、長期的に考える。ないものねだりでなく、今あることのありがたみ。それを感じた日だった。

 今日はうれしい出来事があった。朝、決めたらしく数時間で自分を喜ばせる勢いがあった。さらに、他の先生を巻き込む勢い。特別活動、学び合いで集団のまとまりは体感したのかもしれない。そこに総合の学びが加わり、人とつなぐ様子が目に浮かんだ。幸せ宅急便。ドタバタだからこそ、生じるものがある。理想と比べるのではなく、ルートが違うだけ。自分がうれしいだけでなく、そういう体験を味わえた彼ら、集団は幸せだと思う。期待しようと思う。

 最近は、共に全力で学級集会で汗を流し、喜ぶ時間をもてたこと。ふと、成長した子がたくさんいるうれしさを感じれたこと。年頃で悩みながら、もがいているのかと感じること。そこでの接し方を考えれること。どれも幸せなんだと思う。いろいろ考えた3学期、もがいている3月。だけど、この黄昏感のある季節。三寒四温を繰り返し、つぼみは花を咲かせるのかもなと思った。

 過去の自分が、「期を待つ」と書いて期待と記していた。プレッシャーではなく、待つ、じわじわと期待感をどこかにもっていこう。ピンチとチャンスは、事実と解釈と同じように似ているのかもしれない。

 たくさん学び、味わえた日々、みなさんありがとうございました。1769455

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20170323

2017-03-20

美術の包容力

22:38 | 美術の包容力 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 美術の包容力 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 美術の包容力 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 上越教育大学と検索して出会ったことです。今回は、『学び合い』、特別活動ではありません。美術コースであり副学長のN先生の退官を知った。副免の関わりでしたが、温かい雰囲気、言葉が心に残っている。美術棟の様子を思い出していたら、なんとなくかっこういい空間だったんだと思った。自分を表す、日常のこだわり、何気ないことが財になる、一人一人が独立しかっこいい感じにあこがれた。でも、とても優しく包み込んでくれる感じ。仕事についてから、教科、集団について考えることが多い。だけど、久しぶりに思い返した、温かい空気を体感して今があるんだと。自分は、自信がない分、造形遊びが楽しかったということばかり語っていたけど、そういやF先生、D先生、K先生などなど、それぞれの、まっすぐさが伝わってきていたなと。そういう芯がいいんだろうな。

 図工の指導となると、観点に基づいて何の力がつくか、子供の活動への向かい方、創造性などと立場的に考えがち。でも、没頭するまっすぐさ、ここは、図工でなくとも今の自分につながることだろうと思った。それは、美術コースのような作品はなくても、心なのだろうと思う。オーバーヒートさせてまで没頭する必要はない。

 でも、今日仲間から聞いた、無理をしない、あきらめない、見捨てない、何となくそれが芯のような気がする。オーバーヒートせず、包み込んでくれるかっこよさの基にあった、上越、美術…理論というよりあの感覚、感性を思い出して、お返しをしていこう。ゆるく、しなやかに。今からが、そのときなんだろうなと。

1768791

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20170320

2017-03-09

当たり前

21:34 | 当たり前 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 当たり前 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

1年生への真新しい接し方を念頭に置くと、関係性が変わってくる。そんな当たり前に気が付いた。1766446

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20170309