Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2016-02-29

遠くにいるけど、じっくり捉える

21:57 | 遠くにいるけど、じっくり捉える - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 遠くにいるけど、じっくり捉える - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 遠くにいるけど、じっくり捉える - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 じっくりとは味わう感じ。すべてを把握してではない。見取り入門に書いてあるようなことをおさえたら、今日は、久しぶりにグルメになる感覚を探している。たとえば、自分が気になるAさんがいる。誰がAさんをフォローするかを見ていた。逆になぜフォローしないかを見ていた。全員達成がめあてなので、排除すべきは、「ふざけ」と「ぼーっとする」という考えでいつもは見ていた。

 今日は、終わったBさんが、順番に「どう?コーチいる?」と言って回っている。さあ、Aさんのところへ行ったぞ、どうする?と思いみていた。自分の心の底では、「教えろよー」という形。だけど、Bさんは、同じように「コーチいる?一人でできる?」だった。自分の願いにこたえる他の子たちに比べて、手取り、足取りの子たちに比べて、ある意味、冷たいのかもしれない。しかし、目からうろこだった。もちろんAさんは、大丈夫と応えていた。

 その後、自分の気持ちは変わっていた。意思表示をしたからには、やろうよと心の底で思っていた。今まで、その塩梅を調整するのは自分だと思っていた。だけど、こういう関わりがあることで、Aさんに求めるものが変わった。いいかげんなことは言わず、逃げずにやろうと。そして、しっかり教えてと言おうと。支えや関わりがあることで、Aさんにもいろいろなものを求める自分でいられることがおもしろいと思った。

おまけ:そんな教室のかたわらでは、表とグラフの問題をときながら、きりきず、すりきずをトイレで起こすっていったいとつっこむ姿がほほえましかった。

 1587855

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20160229