Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2016-02-23

『学び合い』と課題・見取り

22:15 | 『学び合い』と課題・見取り - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』と課題・見取り - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 『学び合い』と課題・見取り - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

・算数は比較的答えがはっきりしているので、終わったと感じやすい。だから、そこで時間ができて周りに働きかける。

それに対して以下は創造性がいると思う。

・図工は各々の到達点でOK。差が開き関わりも少なくふざけ、ぼーっとが出ても最後は自分に返る。

・体育で団でダンスをまとめるときは、誰かの意見がいきるのでOK。誰かがぼーっとしていても結果は過ぎた。

・しかし、総合で班でまとめるときは、各自が発表を請け負う場面を求めた。一部だけでOKにしがちな部分を指摘した。ふざけ、ぼーっとが出ることを指摘した。全員を!と。

国語の作文では、到達まで時間がかかりそうな雰囲気であった。差が開き関わりも少なくふざけ、ぼーっとが発生。時間がかかってから関わろうとしても総合の二の舞になると指摘した。


なぜふざけるかどういう課題か。そして周りの状態。どこまでを求めるか、見ていこうと思う

1583154

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20160223