Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2015-09-04

ALと学び合い 追究と習得 トップダウンとボトムアップ

21:33 | ALと学び合い 追究と習得 トップダウンとボトムアップ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - ALと学び合い 追究と習得 トップダウンとボトムアップ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 ALと学び合い 追究と習得 トップダウンとボトムアップ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

方法と目的、冷静と情熱。バランスという意味だろうか。この夏、ALについていろいろ話題になった。だが、正直自分としては、はっきり分からない部分も多い。今と将来、大人から与えると子供が作り出すといったところだろうか。理想と現実、今までもそうであったが、学び合いの会に触れて興奮しすぎてしまうことがあった。そこで、学び合いが大事なのはわかったので具現化しようと、総合の授業練っていた。そこでは、形態をはい、どうぞにする、全員が、といった部分(そこらへんは、当たり前なので)ではなく、目的をどうするか、何を創り出すか、追究するか、将来へといった部分に頭を使った。

 AL話を聞いて思うが、知識習得型、追究型等教科の特徴を感じる。いかに知識習得を追究にするかというのもあるが、わりきって粛々とそこでは、学び合いの考えで進めている。だが、今は追究型の総合に思いが傾いているので、1学期ほどに力んでいない。そのためか、振り返りもみんなができたかの1本押しではない。誰と関わったかを求めるでもない。子供に自由に振り返りを書かせている。

 それがいいのだと感じている。その子供がなぜいつもと違い関わらないか分かる、ただの全員達成を目指す工場の完璧生産ロボットではないのが分かる。大きな収穫だ。1459953 

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20150904