Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2013-11-06

特別活動考察

| 20:58 | 特別活動考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別活動考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 特別活動考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

この時期に例年研究会がある。5年前の記事に、今なぜ『学び合い』から、再び特別活動に戻ったことが記してあった。なるほどと思ったので、引用。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

研究会へ行ってきた。恥ずかしながら今年は、全く行っていない。行事に必死を進めるだけである。

だが、自治をしている集団をみて衝撃を受けた。とっても素晴らしい。全然やってもないのに参加する俺っていったい・・・。我が身をただただ反省した。

毎日叱咤激励していた「しなければいけない」「して当然のこと」を、子どもたちとともに顧みる場をもつことの意義をやっと気づいた。学級目標の振り返りもしていこう。『学び合い』と同じ、何度でも仕切り直していこう。ただの行動をいってきかせるだけではなく、めあてに近づくために1日1日を。

今日、見た授業の追記。子どもたちが議題を通してよりよい6年に!よりよい集団にということを語る語る。さらにその中に、本音があり、エゴがあり、そして顧みる場がある。それをほとんど子どもたちだけでやる。正直泣きそうになった。2か月前に見て感動したはずなのに。どれだけ自分はがんがん見通しなく指導してきたか・・・と思った。また、みんなでみんなを語っている雰囲気がたまらなかった。大きい声で言えないが、いかに話し合いを活発にするか、『学び合い』をするか、そんなことをこえる衝撃だった。みんなでみんなを語る、これを目の当たりにするすごさを再確認した。さらに、それを語っていると先輩が、「どのクラスも素晴らしい。しかし、本当にそうかな・・・」と新たな視点を与えてくれる。そのおかげで自分も閃く。そんな仲間とともに、過ごせることも感激である。『学び合い』の会のときの自分に近いものを安心感である。感謝、感謝。

研究会

| 20:39 | 研究会 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究会 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 研究会 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

学んだこと

①ああ、そういうことか、分かったよの呟きのうれしさ。それは、問題の解き方でもいいだろうが、あなたのことが分かったよという意味でうれしいのだろう。学級会は意見を戦わせるのではない。理解しにいくんだ。そのために相手の立場を代弁したり、あなたの1番伝えたいことは何?と問うことかもしれない。特に、Aの意見に対してBという見方を示すことよりも、Aについてどう思うか向き合っていくことがいいのかもしれないと感じた。

②改善策を出すことでそれまでの立場から先に進んで考えることができるのだろう。

③価値が明確になってからがスタート。

④児童会か行事が、規範意識か思いやりか、現状をどうとらえ、その活動(集会、学級会)で何をねらうのかが大事。

⑤ざっくばらんもよいが、観点を示すよさもある。たっぷり待って、少人数で話し合わせてぶれずに。そして明るく。今日がスタート♪教えていただけるのがありがたい。

⑥自分のとりくみ、係、学級力プロジェクト(RPDCA)などから前向きな活動を行う。キーは計画書。かかわりを増やしたいから今力を入れているのは体験をもとに、かかわれる社会。

1103474

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20131106