Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2013-09-05

4日目 自然発生『学び合い』 ねらいを毎回

| 21:44 | 4日目 自然発生『学び合い』 ねらいを毎回 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 4日目 自然発生『学び合い』 ねらいを毎回 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 4日目 自然発生『学び合い』 ねらいを毎回 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

4日目。今日は、朝から早く来て走る子どもが多かった日。

体育「鉄棒運動」では、20個の技がのったカードを渡すと自然に学年『学び合い』が発生。

「見える化」がキー。課題が見えやすい。振り返ってみると2学期は、どの時間でもその日、またはその単元の課題を言語化して共有している。当たり前のことだが今までは、1時間で活動を詰め込んだり、○ページをという形もあった。それで活動が分かると考えたときはそれでもいいだろう。だが、今から30分後にはこんな自分になるんだよと示すことが、①集団の凝集性、②脳にもよいと考えている。

①集団を仲良しだけで強いることが減ると思うからだ。課題を通してレベルアップもあるだろう。また、うまくいかないことを相手のせいにして感情的にならずにすむと思う。ひどいのは、相手のせいにしているとも気が付かず、学級目標を押し付ける場合だろう。要は、自分のねらい不足。PM理論でいうなら、Pの不足に気付かづ、Mを感情的にごり押しすることが問題だろう。

②脳の角度からいうとこの時間を経てこうなるという未来から今を見る志向なのだと思う。

今まで何気なく思っていたものを価値づけれることがおもしろい。考え方なのだなと思う。

今回の体育でいうなら、できている人の見える化を進めることがキーだろう。

明日も楽しみだ。

1080546

いいね!

| 21:42 | いいね! - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - いいね! - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 いいね! - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

今日から始めた図工の展覧会用の作品でも、課題はもちろん、いいねの評価をたくさんすることがいいのだろうと感じる。正しいのはこうだと示すのはもちろん、「ゴールはこうだよと示して、対話して共感的に相談にのり自信をつけさせる」。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20130905