Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2013-05-09

行事冥利

| 21:35 | 行事冥利 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 行事冥利 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 行事冥利 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

行事の慰労会があったときに、よかったなと思うこと、それは共通のものを見て、ともに語れるから。その中でよさを分かち合い、改善策を具体的な姿を基に考えれる。目当てが定まると、がんばりもマイナスからの成長も対策も分かり合えるとしっくりくる。たまにやってきて、もしくは一部だけをとらえての判断以上に得られるものがあるとしっくりくる。

伝えたくても分からないもの、なんと言えばいいのか分からないものの表現の仕方を学ぶ機会にもなる。

今日は運動会の練習、4年ぶりの合同『学び合い』(表記は違いますが)でそれを感じた。

雰囲気に後押しされ必至になる姿。そっと手を携えるやさしさを熱く語られる先生の姿に気づいていなかったこちらまでじーんとした。また、合同学習では、やわらかいという言葉をいただき新鮮だった。いろいろな子どものいろいろな言葉での学び。もっと制限を設けるべきかと考えたが、ここまでという到達課題ではなく、1枚が終わったら、似た問題づくりプリントでもいいし、教えても(説明しても)いいというゆるやかさ。自分でじっくりやってもいいし、問題をつくって発展を考えてもいいし、友達に合った説明を練ってもいい。そんなゆるやかな流動的な感じがあった。習熟別学習なんだなとふと思った。また、全体の話し合いや音楽、体育といった聞いて動く活動ではなく、自分で書いて解く活動が得意ということも聞き、他の子がその子を多面的にとらえる機会にもなると思う。同時に、自主的にかかわりにいくという点もやさしいなと思う。

そんなことを語り合えることに胸が熱くなった。これは、行事、特に6年生をもってやりきったときや、学年で多くの先生とかかわったときに似ていると思った。そういう意味では、大きな行事と似たすっきり感が残った。同時に子どもにとってもそれだけのものが刻まれるだろう。ゆるやかだからこそ、一度教えた子が再び気がそれたときに、必至になる子の姿に生徒指導をともに実践している感覚すら覚えた。エピソード記憶の面からも、記憶に残るのは、明確だろう。

ああ楽しかった。教師冥利。1037092

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20130509