Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2013-02-15

できるようになる

| 22:27 | できるようになる - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - できるようになる - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 できるようになる - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

できるようになったことを発表する会をラストの学習参観に設定した。

できるようになったこととは何を指しているかを考えさせられた。

①もう簡単にできる安定している、当たり前になっている

②がんばって最近できるようになった

③がんばろうと本番に向けて努力してついさっきできるようになった

④もう少しでできるようになりそうだからがんばりたい

⑤まだできないけどやってみたい

おおまかに上記を目指すような感じがする。多いのが②③だった。その中で、④についてもさらに分かれる。⑴積極的、主体的に取りくめるかどうか→後押しが必要かどうか、学び合うべきかどうか。

その中で今回出会ったのは、学び合う必要があると判断したパターン。指導も交えて、その子の選んだ器械運動(跳び箱)の指導をする。そのグループにも、みんなで高め合うように求めた。だが、すぐにできるようにならず期間もあり、自分があせっていた。熱が入るが、スムーズにはいかない。逆に委縮した感じもする。

困ってしまい、通りがけの上級生にお願いする。するとできる。1人が10個言うよりも、10人が応援してくれる。さらに、いろいろな学年、立場の人となると、気持ちものってか少し1段ができるようになる。それが、委縮を通り越して、勢い付いた。すると、次の段、次の段と進む。

あとは、着地と思ったのが2日前。

そして、今日はリハーサルのみを設定。主体的になりチームになったが、さあどうなるかと見守る。このリハーサルでは、手は出さないという信頼関係に基づいた一線が、緊張感をもって高めるのだと分かる。

すると、なんと勢いよく4段を成功。驚くとともにうれしかった。

自然と涙が出るほどうれしかったと語っていた。

ものすごい笑顔であった。

明日は、本番。もう胸いっぱいである。

リハーサルをやるかどうか悩んだが、この感じの積み重ねが信頼になるのだろう。

今思うと、どうしてこだわるのかわからず頑固にうつった。進んでやるわけでもないように感じた。だが、何かつかめずにいたのかもしれない。自分も小さいころそうだったと思い出した。だからつかめたら勢いづいたのだろう。そして今回学んだことは、この頑固さに負けたということ。人は有能、学校は有能な場。素敵であった。今までに見たことのない世界を1つ見ることができて幸せだ。1005037

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20130215