Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2012-05-15

造形遊び

| 22:16 | 造形遊び - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 造形遊び - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 造形遊び - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 場に働きかける造形遊びを行った。じっくり見取る意識をもった。最初は教科書の模倣。そこから徐々に始まるオリジナル。すぐに試行できる粘土に比べ、話し合いが必然であることがわかった。貸して、順番、そのレベルから。貼る、飾る、彩る、つなげる、実に次々と思いつきかかわらせをしている。テンションが高いようだが、時間とともにテンションも浮き沈みがある。教師が勝手につなげようとして、却下されたので、別の場所を飾ることにした。共同作品を変化させたくない気持ちもわかるし、自分も同じ目線で楽しもうと思えたことがよかった。押しつけずに。

そして、身体を使って感覚を養っていることは終盤の話し合いを聞いてよくわかる。奥深い。

子どものころ、一人で新聞紙ルームを作ろうとしてあきらめた身からするとみんなでできる喜びが満載だろう。遊び心がいっぱいだろう。つい形としてのまなざしを向けるが、力をぬいて見てみれば、充分に美術館である。また子どもの生き生きとする様子がよくわかる。いいな、うらやましい。

美術が好きだった頃、教育現場で遊びとどう違うのかという批判が出たら・・・と思ったが、それは造形遊びうんぬんでなく自分の性格だとわかった。何でもそう身構えて、無難さを求める。しかし、改めて一つ一つしっかりよさを探せば素敵さも見えると思った。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20120515