Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-11-20

主観と客観の間で

| 22:29 | 主観と客観の間で - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 主観と客観の間で - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 主観と客観の間で - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 自分にかんすることを客観視して、周りの人々に関することに喜びを見いだせると中谷さんのCDで聞いたのを思い出した。それは、この前の研究授業ビデオをじっくり見た。先日の水曜日に学んだ、子どもの発言の「流れ」を見ようと思った。だが、この授業は、火曜日、流れを断ち切る姿が見事だ。みんながわかるために必至に整理している。だが、ねらいに向かわせようと、声の大きさ、テキパキした感じ、本当に?と疑うような姿勢を改めようと強く思えた。サイクルができている。考える間がしょうじない→頭の回転の速い子が一生懸命ついてくる(これは、これでいとおしい)→周りを意識してあまり大切にしない→整理してテキパキと進めようとする→間やすきがない→頭の回転の・・・。

 子どものプロトコル自己モニター、求めることも大事だが、そこを見るために、妨げ合いために、自分をちゃんと客観視していこうと思えてよかった、よかった。無知を知れることで、直視することで、謙虚になれる。よしよし。子どものことについては、?な部分を改めてまた聞いてみよう。632199

 

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20111120