Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-11-07

研究授業が大きくなればなるほど ありがとう

| 23:18 | 研究授業が大きくなればなるほど ありがとう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究授業が大きくなればなるほど ありがとう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 研究授業が大きくなればなるほど ありがとう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 研究授業が大きければ大きいほど…という気持ちであった。おしゃべりする中で、大きいとチーム化し支えも大きいという話を聞いた。チームになればいいのだけれど…という話もした。だが、ふと遅くまで瞑想ではなく、ひたすらまるつけをしていて、つながった。それは、さあ明日だ!と深呼吸して臨んだ経験を。チーム意識は子どもに対してであった。試行錯誤な分、ひたすら祈る気持ちであった。今思えば気持ちを静めて向き合っていた。それは、自分のためか、その時だけか、などいろいろ問うことはできる。そういう過去を思い出し、研究授業は緊張はもちろんだが、それ以上によろしくね、ありがとうの機会だと思い返した。

 だが、つながりの重要性を感じる昨今、帰りの挨拶がさようならだけではなくありがとうございましたに変わっていることに気付けた。みんなでこうして向き合える、ありがとう。駄目駄目なこんな自分でごめんなさい、だからこそ、ありがとう。

  

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20111107