Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-09-03

みんなということは・・・ 陥る不安

| 11:14 | みんなということは・・・ 陥る不安 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - みんなということは・・・ 陥る不安 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 みんなということは・・・ 陥る不安 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 みんなを求めよといわれ、悩むポイントは反発・恐怖・違和感を感じる相手であると思う。攻撃される可能性がある人、日常でいうならば不審な人とも課題遂行をするとはどうすればよいのか悩んでしまう。

まずはともになにかを味わう(やってみる・かたってみる・いあわせてみる)

| 11:11 | まずはともになにかを味わう(やってみる・かたってみる・いあわせてみる) - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - まずはともになにかを味わう(やってみる・かたってみる・いあわせてみる) - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 まずはともになにかを味わう(やってみる・かたってみる・いあわせてみる) - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 以前、親の実家にいったとき、誰も知らないところへいきみんなや世の中と遮断された感覚をもったのを思い出した。新しい考えを知ってなかなかうけいれられないときもそれと同じだろう。遊園地が存在する前の国でディズニーランドの魅力を語る(設計を希望する)ときにも大変だと思う。何のためにそんなのあるの?費用は?・・・。

 だが幸いにも「みんな」を求めようというのは、普遍的に感じる。だからともに経験を直接であれ間接であれ共有する。その中で配慮しあっていけばいいのだと思った。その体験を基盤として、「あのときの体験のように」と進めていけばいいのだと思った。そういう意味では新たな体験はもちろん、毎日の衣食住や趣味に関するようなこともそのひとつであると思う。532654

 

読み直したら 効く

| 00:24 | 読み直したら 効く - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読み直したら 効く - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 読み直したら 効く - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

低学年指導の極意!  一瞬で授業に引き込むプロの技

低学年指導の極意! 一瞬で授業に引き込むプロの技

読み直すと、以前はへえ、まあで読み飛ばしていたところが減っていた。ふむふむ、なるほど、やってみようと思うことが出てきた。きっと自分が変わったんだろうな。たとえば、わからない子いますか・首まわし指名。以前は、まあこのくらいと思っていたところが、そうだよなと思える。それは、余裕であり、信じられてきたのだと思う。少しずつハードルと絆をつくって。子と自分、集団と自分、そして自分と自分の絆を。

学級会を経て 気持ちを分かるために 発言の返し方

| 00:00 | 学級会を経て 気持ちを分かるために 発言の返し方 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級会を経て 気持ちを分かるために 発言の返し方 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 学級会を経て 気持ちを分かるために 発言の返し方 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 ある子どもが意見を言う、だが聞こえない、わからない。誰かわかった人いる?と聞く。それに対して言わせるが・・・。そこで今まではうーんこのやり方は・・・と終わっていた。だが、そこで言わせた意見が・・・のあとに(今思えばそれでも当然)、どう?とみんなや発言者に返す。さらに今日の反省は、補足をしゃべりすぎてしまった。数人に言い返させてどれが一番いいたいことに近いかを聞けばよかった。押し付けるのではなく。引き出す。多様な子、多くの子に話を置き換えて、分かったことを言わせて再確認する中にその子たちの願いがあるのかもしれない。

指導案を書いたからだろうか、身構えずにやった題材で、子どもがクラスのことを考えて言葉を選びながら話す姿はウルウルする。組織を、学級運営をともに考えれる学級活動はやはり一味違うな。

532265

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20110903