Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2011-08-06

セルフコントロール

| 19:36 | セルフコントロール - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - セルフコントロール - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 セルフコントロール - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

7月下旬に結婚式へ行って特別支援学校の校長先生の挨拶が見事であった。特に心に残ったのはさわやかさ。内容面ではのんき、やるき、げんき、感情のセルフコントロール。プール当番後の水分のように、今の自分にすーっと入っていった。

特別活動や学び合いやっても陥没と思った時もあった。問題はそれをちゃんと実践できるセルフコントロールをしなかったこと。体調はもちろんだめだが、そこからつながり精神面だろう。イライラし、ちゃぶ台返し状態ではいけない。~してもだめだったではなくちゃんとやりきる精神面がなかったことだ。

頭が~な人

| 10:50 | 頭が~な人 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 頭が~な人 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 頭が~な人 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 テストの花道の記事が気がつけばひさーしぶりの長編になったので短縮版を書いておこうと思う。

 頭が悪いのは、その人がだめなのではない ネットワークをふやしてみたらいい

 以前西川先生が人とつながれるのが頭の良い人と紹介していた。そのときは、『学び合い』の方法の角度からみんなを求める1つの根拠かなぐらいであった。だが、テストの花道記事を書きながら、高校、大学、就職後も、できなくてできなくてわからなくてため息をついていたことを思い出した。なんとなくごまかしていたのかもしれない。でもいろいろ模索するようになった。抱え込まないという方向へ。またよく聞く、読む、話す、考えるのバランスについてもそういう意味で自分を励ませる見方があると思った。

 考えて挫折感ばかりで苦しんでいてうまくいかない人は、人やものやときなどいろいろつながれば変わるかもしれないよー

 という見方である。

さっフォーラム参加者は長岡回りのはくたかなどで東京へ向かっている時間かな。テレビはこち亀ムービーになった。ささいな東京気分だ。2年前2009年の秋に東京の会http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090906へ行った時のスカイツリーはまだ低かったなと思いだしながら。

高校懐古のつもりが『学び合い』だけでなく今につながる テストの花道NHK

| 10:34 | 高校懐古のつもりが『学び合い』だけでなく今につながる テストの花道NHK - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校懐古のつもりが『学び合い』だけでなく今につながる テストの花道NHK - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 高校懐古のつもりが『学び合い』だけでなく今につながる テストの花道NHK - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 今日は、休養&明日が廃品回収でフォーラムを想像する日(笑)

 ぼんやりしていると、ノートや教科書にマークをする、何度も見直す、声に出すという受験勉強のコツを教える番組NHK「テストの花道」をやっていた。

 忙しいと、まあこんなのもあるけど、現場に生かすのは無理で終わるが今日は、ぼんやり見ていた。この番組のよいところは、自分も受験体験者であるということだ。そういう意味では上記のやり方はすべて挫折したやり方だ。右から左へぬけていって蓄えられなかった。

 では自分に合った方法はなんだったかなと思い返してみる。最近でいえば8年前のことだが、なかなか思い出せない。ある程度はよーしやってやろうじゃん!と気合いだったが、その先なかなかうまくいかないときの攻略方法が大切と思い振り返る。親がそういえば、子どものときよく声に出していたよというがなかなかピンとこない。そしてテレビでは足利氏歴代の名をリズムよく唱えて暗記する方法がうつる。全体の流れをとらえると頭に入るとのこと。うーん、そういえば一理あると閃く。今やっている問題が、意味あるの?本当に出題されるの?ああ、ページは多いし、大変だ、さらにわからないしというやみくもな感じ、徒労感が停滞につながっていた。だから出題傾向をみて何が特にねらわれるか確認→今の自分の得手不得手を確認→かかる時間残された時間の確認→どこを集中型こまぎれ型でやるか確認→野球観戦が好きなのできょうの先発は国語うーんリリーフで社会、きょうは社会→社会よし社会が完投したぞといった感じで流れを楽しみながら、勉強の中でリフレッシュしながらやる・棒人間を書いたりイラストを描いたりという感じであったなと思いだす。

 一度冷蔵庫を探るため席をはずし再び見てみると高校生が先生に過去に優秀だった人はどんな勉強していたか、勉強できる友達に勉強方法をリサーチ・ききこみするというのを見て『学び合い』型だな(笑)と思いながら、納得。それはきくということではなく、身近な有能なものを見つめ直し多様なやり方をさぐるという部分。そもそもこの番組自体さまざまな方法があっておもしろい。その中でも、多様な方法から自分に合うものを選ぶ(自分と折り合い?)という発想がおもしろいなと思った。(ふと、NHKの番組では、解決なんとかの(忘れた・・・)妙案という番組も好きだったなと思いだす)

 そういえば、どちらかといえば上記で書いた全体を把握して・・・という方法は暗記型に生かされた。苦手なのは、数学だったと思う。なにが嫌だったか、解答をみても途中でわからなくなる筋道が必要なところであった。なんでこうなるんだ????であった。だからそういえば友達や先生に質問をした。だが、???が増えすぎてかかえこみすぎるとだめだったと思った。やはり聞ける環境は大切だと思う。また、ひょっとしたら、数学得意もしくは克服者でいいコツを知っている人がいたかもしれないなと思う。

関心は広がりHPを見てみるといきなり次の言葉が出ていた。

 考え方がかわると頭がよくなる

http://www.nhk.or.jp/hanamichi/index.html

大学のとき、現場では方法に追われるので考え方を知るのも大事といわれても????であった。現場にでたころ、ねらいはといわれても、楽しい方法なんだからいいのに、日常だってねらいがなくてもいろいろやる中でたくさん学ぶ!、うーんうまく言葉にできない(今思うと言葉を知らない、知る術に気付いていない、ネットワークなきひとりで悩む)という状態であった。だからなおさら高校のとき、方法や考え方といわれても?であったろうと思う。この方法、考え方がすんなりわかり始めたのは、『学び合い』を本気で学び始めた3年前からだと思う。だから、高校生むけの番組でいきなりこの最近ちょっとなるほどと思い始め、まだまだ?になりがちなこの言葉を見て驚いた。高校の知識は消えなつかしんでも、こういう考え方をねったり、多様な方法、人を求めることを消してはもったいないな、受験以外にもたくさん広がるなと思った。

司会者が、番組でこういっていたのもなるほどと思った。

Q 3日ぼずうで長続きしない

3日坊主なのはめぐまれているから

感謝してみんなのおかげだと思えばなぜこの日常を過ごせるかをたくさん考えると行動がかわる

鉛筆をまた買えると思うと大切に使わない それと同じ(所ジョージ)

なるほどと思う。感謝は受験や仕事にもいきるなんて目からうろこであった。鉛筆を勉強や、今でいうと仕事に置き換えようと思った。

こういう合間の日に何かにつながることもおもしろいなと思う。昔好きだった電車ぶらり旅のようで。

507025

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20110806