Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2010-12-24

個と全体 の 関係 

| 21:49 | 個と全体 の 関係  - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 個と全体 の 関係  - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 個と全体 の 関係  - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

■ [大事なこと]暴言・授業妨害への対処法 10:03

 もし、暴言・授業妨害があったらどう対処したらいいか?実は、これは『学び合い』に気づく遙か以前、私が暴走族に物理を教えている時代に学んだことです。

 基本的には、その暴言・授業妨害に個別対応しないということです。対応したら、1(私)対1(その子)のやりとりが延々と続きます。相手は納得したいのではなく、私をへこましたいのですから、このやりとりはエンドレスです。実りがない。でも、完全に無視するといきり立つ場合がありますので、それなりに対応します。具体的な「テクニック」としては、授業妨害には、それが悪いことであることは述べますが、それを止めようとしません。相手にしていなければ、大抵の場合は収まります。教師に対する暴言は、基本的に無視します。無視してはいきり立つ(教師自身はいきり立っては駄目です)と思われた場合、その発点に対しては「●●は●●と言っているが、みんなはどう思うのかな」という風にみんなに返す。そして、その他の子どもと教師、出来れば、その他の子ども同士の会話に引き込むのです。暴言・授業妨害を繰り返す子は、教師にどう思われようと「へ」とも思いませんが、クラスの子どもから浮き上がることは恐れますから。

 そして、大事なのは、現状を打開する道は、暴言・授業妨害をする子を何とかすることではなく、クラスの大多数が教師を支持するか否かなのです。大多数が指示し、それが明らかになれば、暴言・授業妨害は収まります。その時、出来るのはうっぷしてふて寝するか、クラスを飛び出すかしかありません。後者の場合も、クラスの子が迎えに行くようにならねば解決には至りません。

 以上のことは、暴走族に物理を教えている時代に、学んだことです。

 ただし、その当時は、これが有効である本当の意味を理解していませんでした。ま、数あるテクニックの一つに過ぎませんでした。結果として、おもしろ授業にのめり込み、教師ドラマの熱血教師的な個別対応に時間を注ぎました。結果として、見た目は非常によいクラスをつくり、「俺は天才教師」だと自己陶酔していました。しかし、実態は駄目でした。カリスマ教師によるクラスの脆弱さを数年後、まざまざと学びました。それがトラウマとなり、結果として『学び合い』に至りました。

西川先生の記事より引用です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20101224