Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2010-06-06

趣味で学級活動指導案をつくっている①

| 08:25 | 趣味で学級活動指導案をつくっている① - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 趣味で学級活動指導案をつくっている① - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 趣味で学級活動指導案をつくっている① - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 最近、学級活動指導案を書いていない。最近は、教科の指導案を書くことで学ばせてもらった。だが、学び合いに出会ったあと、学級活動をどうとらえている自分がいるのか気になったので、今朝、誰に見せるというわけではないが、修行?自分の整理用?に書いてみた。集団を意識していたからか、思いの外書けることに驚いた。やはり書くことで、整理される。学び合いの考えは授業に生きるが、学級会にどういかすかが漠然としていた。しかし、書くことで整理された主体的に取り組み課題があることで情報収集の度合いが違うことに気づいた。まだまだだけど、続けていこうと思う。

 

 一部掲載。気づいたことあったら、ご意見ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学級目標へ近づくための手立て

 集団をよくするために、取り組んでいることは、みんなができることを目指す授業づくりである。学級内には、必ず能力差が生じる。それが個性として助け合う場面もあるが、これまでの自分の指導を振り返ったとき、能力差がもとになって集団がまとまらないときもあるであろう。教師が褒めることは重要であるが、できる子は優れており、できない子は努力不足、能力不足、教師から責められたくなく褒められたいという考えは教師の感情や口調等の雰囲気とともに伝わりやすい。そこで、個々が達成できたかどうかに目を向け感情的になるのではなく、できるようになる喜びをみんなで味わうこと、分からないと言える雰囲気をつくることなどの大切さをみんなに向けて伝えるようにしている。できないということを安心してさらけ出せ、できないと思っていたことができたと喜びあう集団は、個人差を集団が高まるチャンスとしてとらえ、何をしたかという部分に目を向ける集団であると考える。さらに、かわいそうだから教えてあげるのではないことを子ども達には伝えている。教えてわかってもらえないということが、教えられ手が理解できないのではなく、その人に合った教え方を教え手ができないということを自覚し、みんなができるようになることを意識させたい。203315

katokiti2003katokiti20032010/06/06 15:33おりょ?
いつの間にかタイトルがちょびっと変わりましたね(^^)

o4dao4da2010/06/06 18:37ええ、気分で、ちょびっと、9月にむけて♪

maru3110maru31102010/06/06 23:39昨日はありがとうございました◎
わたしの止まらない話を聞いて頂き
一緒に考えていただき
嬉しかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

今日のあべれいじ
わたしも聞いていました。笑

げんきですげんきです2010/06/07 13:45特別活動の担当になって,「話合い活動を『学び合い』で」と思ったところまでは良かったのですが,実際にどう授業にするのかが釈然としなくて,そんなとき信濃教育会の月刊誌に(4月号?)寄稿された三崎隆先生の文章の中に,「『学び合い』は教科の中で丸ごと教科,道徳,生徒指導を一緒にやることになります。」という文を読んで,なんで特別活動が入っていないのかが疑問でした。
「主体的に取り組み課題があることで情報収集の度合いが違うことに気づいた。」
というところがポイントなのだと思います。
まだまだだけど、自分も続けていこうと思います。

o4dao4da2010/06/07 19:33単純に、特別活動は認知度が低いのかもしれません。杉田先生が、必死に今回の改訂を乗り越えようとしていた講演を聴いた気がします。学級活動2のように、集団思考をもとに個人を振り返るのではなく、1にある集団決定により集団の目標を決めることで他者を意識するようになると思います。この考えは、学び合いをしていても、どれだけ任せれるかに違いがでてくると思います。要は、自治力を育てる意識があるかどうかなのかもしれません。ちなみにげんきさんはブログやっておられますか。

o4dao4da2010/06/07 19:34maruさん、お忙しい中本当にありがとうございました。さらに、あべれいじをご存じとはうれしく思います。学び合い以上に白黒はっきりする気がするのでうれしいっす。あーはっははっは。押し入れより。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20100606