Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2010-05-10

時間と評価できる課題の大切さ

| 20:19 | 時間と評価できる課題の大切さ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間と評価できる課題の大切さ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 時間と評価できる課題の大切さ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 昨日や最近の記事に書いていたが、改めて運動会ネタ。先週、4時間を与えたができなかったので、残りは時間見つけてやるというふうにした。やっていたが定まっていなかった。それは、声の大きさ、応援の流れ、指示の出し方、応援プリント作成がごちゃごちゃになっていたからである。具体的には、流れをとりあえずつくってほしいのに、声の大きさが気になって指導すると流れが進まないという悪循環である。しまいには、課題の観点を与えていないし、それにあった助言になっていないのに、時間を与えてもだらだらするという発想になり、時間をあたえなかった。

 しかし、改めて学校全体にかかわることより、授業≒自分のことをやらせている愚かさに気付いた。今やらずにいつやる、そういう状態である。1応援の流れを書く→2覚えるの課題を出した。評価は全部の団が応援プリントを提出。

 すると驚いた。できてきたのである。途中間に合わないと思ったら、全部の団のリーダー集めて、これで限られた時間でできそうか?と聞く。穏やかな喝である。

 

 今まで必至さがたりなかったのもあるが、課題がクリアでなく、喝の感情的&個を見ている状態。だからしかったあとに息切れ。だけど、今は、よしここは全体に、うーん残念だけどここは個人にと少しできるようになった。その一因は、応援が進んだことで手探りのあせりがないから。見通し、その日の評価できる課題は大切である。

 今年は、Kぶつくん、Nぞかけ、BななのOさま、KどもTんちょうである。特に驚いたのは、Nぞかけ、辞書を引いて応援を考えるなんて、渋い。

189198

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20100510