Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2010-01-01

教材研究 3つ

| 23:31 | 教材研究 3つ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教材研究 3つ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 教材研究 3つ - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

昨日から大雪です。そして、家族の年賀状作成業務遂行日でした。合い間を見て銭湯へいきました。

さてさて本題。

やまなしを経て海の命です。

 教材研究をすると、自分の読みが出てきます。その幅を広めるのが大事だと思います。そうしないと自分の読みで終わります。そして授業後にAへ向かうはずが、Bでしたと反省します。もっというとAへ向けるならその手立てだいるだろうし、そうでないなら、それだけのパターンを考えてみる必要があるでしょう。先日、こがぽんさんやNさんいまきよさんと話していたときに、自動化していた頭の自分に?を投げかけてくださったこと、山陰から学び合いさんに、その読みを押しつけていると教えていただいたことを胸にひめながら、どの部分を自由に考えさせるかを大切にしていきたいと思います。

 

 今の自分は、恥ずかしながら、なんで千匹に一匹と言いながら二十匹なんだろとか、海の命って本当に分からない、食物連鎖で片づけられない雰囲気だな、きっとお父に置き換えていないんだろうけど、そっちへもっていけるかなとかだらだらと感覚的に読んでいます。

①「自動化しないように」自分の変容を記録しながら、そのために多くの対話をしていく資料を探していく

②どこを自由にするか アンフェアじゃなく手のうちをさらす部分を元に課題を考える

③やまなしの流れを振り返ってみる

この3つをしてみようと思います。

やまなしのときは板書をテーマにしました。そして『学び合い』の形態と全体の話し合いにこだわりました。しかし、反省としてやまなしでは全体の意識の変化(イーハトーヴで急いだ?課題が・・・か実態を見ていないためか、ちょびっと停滞させてしまった気がします。しかし、とてもよくがんばってくれました!)を感じました。そこで、今回はテクニックではなく、しっかりどーんと受け止めれる=評価できる課題を探ってみたいと思います。楽しく参加できるように。126738

126738

種→花

| 12:17 | 種→花 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 種→花 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 種→花 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

昨年は、上越ライブ、群馬、埼玉、新潟、東京、富山、大阪と参加した。

昨日1年前のN先生のブログを読んでいて、2年後に花が咲くという言葉が書いてあった。3年前、悩みながらも謙虚に向き合えた年であった。子どもに、そして『学び合い』への一歩に。

ついつい今のこと、明日のことでドキドキしたり、イライラしたり、にこにこしたりすることが多い。しかし、3年前と比べると確実に花が咲いている。

そして、昔はまったことでしばらく離れていたこと(特別活動、クラス会議、TOSSなど)がおもしろくなっているのに気づく。

今思えば昨年は、もっともっとを求めながら、追いつめられると、自分やみんなを信じられないことがたくさんあった。

今年は、困ったときには、整理して選択肢をちゃんと準備して行動していきたい。

まあ、今はゆったーり解放するときを過ごそう。

今年もよろしくお願いします。

126554

ima-kiyima-kiy2010/01/02 00:56ああ、9月の東京が・・・(笑)
今年もよろしくお願いします。めいっぱい学んでいきましょうね。

o4dao4da2010/01/02 08:30えっ?(笑)
加筆しました。ありがとうございます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20100101