Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-08-09

模擬授業体験 新たな先生役登場

11:34 | 模擬授業体験 新たな先生役登場 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 模擬授業体験 新たな先生役登場 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 模擬授業体験 新たな先生役登場 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

模擬授業の教師役では、今の私は、集団の高め方を学びます。どのタイミングで説教?ふり返りを入れようか、喋りすぎかな、あっこの課題ではこう動くんだ等。

でも、気づいたことがあります。もっと中身にふれたいという自分の思いです。子ども役になることで学びたいという思いです。今年のフォーラムの私の模擬授業の参加者で、2~4年前(正確でなくすみません)にG県に『学び合い』を学校研究とした原動力となった先生方がいらっしゃいます。その開拓者たる先生方から、なかなか輪に入っていけない動けない子どもの気持ちが分かったというコメントをいただきました。私も、昨年、misaki先生の理科(新潟)、道徳(宮城)、zerockmanさんの数字の規則を考える課題(山形)を受講し今に至りました。でも、『学び合い』では、ブレイン(わかった人)とエンドユーザー(ビギナー)を行き来することが大事だと思います。そこで、今度の8月、9月の会の模擬授業では、私以外の方に模擬授業していただけばいいことに気づきました。今度の会では、mizyukukyousi共存共栄さんが先生役としてデビューです。わくわくしています。62099

絵を描きました

11:21 | 絵を描きました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 絵を描きました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 絵を描きました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

昨日百円均一で、色鉛筆とクレヨンを買って、1枚舞い降りた暑中見舞いの返事をイラスト入りで描いてみました。そういえば大学時代。(専攻コースは心理ですが)美術コースの授業に出ていた関係で、美術コースの絵画を専門とする教官の研究室に行きました。すると壁一面の大きな絵がありました。「うわー」と腰がぬけそうになりました。自分の世界がそこに描かれているのです。そういえば、美術の授業にでて絵を描く課題があったとき、お互いの全く異なる絵の世界にときめいたものでした。文章や言葉のコミュニケーションが苦手だからかもしれませんが、試行錯誤しながら感性を信じてつくりだす絵。一瞬でお互いの世界が飛び込む絵。味わい深いものがあるなあと考えました。62099

misaki先生をご存じですか

08:48 | misaki先生をご存じですか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - misaki先生をご存じですか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 misaki先生をご存じですか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

信州大学のmisaki先生をご存じですか。最近知ったという方のために紹介します。

ここがすごい!

★ 学び合いの会で、初めて模擬授業をしました!

   私も、現在当たり前のようにやっている模擬授業。しかし、当時1年前の夏のフォーラムでどれだけの衝撃だったかと言い表すことができませんでした。引用します。

引用 blog「信濃の国からこんにちは」

2008-08-11  アンケートの感想欄から■ [出前授業] 18:28

示唆に富む多様な感想が寄せられていて本当に有り難いこと

 8月9日の第4回教室『学び合い』フォーラムで実施した『学び合い』のライブの模擬出前授業で生徒役をしてもらった皆さんから書いていただいた感想が,これからの私たちの『学び合い』の授業を考える上で参考となるものばかりなので,ここに順不同にてご紹介します。生徒役とはいえ,現職の先生方はじめ教員の卵の皆さん,そして本当の中学生の皆さんが書いてくださった貴重なものですし,示唆に富む多様な感想が寄せられていて,本当に有り難いことと感謝します。ご協力くださった皆さん,本当にありがとうございました。

1年みさき組の39人の生徒役の皆さんの感想

○ブラインドの説明が分かりやすかったです。かなり細かいところまでみんな調べているなあと思いました。

○フィルムが向きによって光を通さなくなることがとても不思議でした。また,最後の石をはさむと見えなくなることもとても不思議でした。

○あまりしゃべらない人が面白い発見をしていたり,真っ先に分かった人がすぐに教えようとしてくれないのにイラっとしたり,分からない人に教えて相手が分かった表情になったときすごく嬉しかったり,みんな言えるようになったか確認して回ったり,心も体も大忙しでした。みさき先生が「みんなが分かるようにするんだよ」と何度も言っているのが暗示にかけられているような気分になりました。

○考えを整理して説明することはとても難しい。

○三崎先生の可視化がとてもうまかった。ただ,うちの学校の生徒だとはじめの説明をほとんど聞かず,出前授業は難しいと思った。

○なんで?なんで?と謎が次々にわいてきて,知りたいという気持ちが深まっていった。

○分かったと思えたことも周りの人たちの話を聞き,発展していくということが実感できた。おもしろかった。

○伝次郎先生ではありませんが,科学実験のようなもので納得させられるのは面白いし,納得できる。これを他教科でいかにやれるのかなと思う。たとえば,仮説実験授業では理科の授業書の成功例が他教科の成功例。

○分からなくて目標にたどり着けなかった私が,教えてもらうことで分かるようになり,目標に近づいていくのがよく分かりました。分かったときは感動して理科に対して興味が出てくると同時に,他にも分かっていない人に説明したいという思いが不思議と強くなりました。互いに説明し合い,かかわることで内容をより理解できるようになることが分かりました。

○私は全てのことを周りの人たちから教えていただきました。なので,この課題を一人でやろうとしても「どうして?」のところまでいたらなかったと思います。発見の連続で「すごい!」「わかった!」の自分になったとき,とても気持ちよかったです。ここに気づく人がいたのだなあと皆さんも尊敬することができました。しかし,盛り上がっている大集団があると,そこの集団に加わるのはとても勇気がいるなと思いました。

○「分かっているようで分からない」そんなもどかしい状況で周りの方の説明を聞くとだんだん分かってきてうれしい気持ちがしました。しかし,聞くたびに説明の内容がレベルアップしていてどこまで説明すればよいのか分からず,不安になりました。

○分からないところを分かった人が教えてくれたので理解することができた。一人の人に聞いても分からないときは他の人に聞けば分かる場合もあると思った。

学び合いを体験したことで,身に染みたような気がしました。

○ゆっくり考えたいとき「教えるよ」の声はじゃまになると感じました。ゆっくり考えたいとき「教えるよ」とも言わず,いきなり教える先生をじゃまだと感じる子もいるだろうと思いました。「教師の意図を超える」体験をしました。

○最初三崎先生が「○○くんができたよ」と言われていたけど,自分で考えたい気持ちがありましたので,聞くものか!という気持ちが生まれました。周りの人が分かっていたので心細いと思いました。すごく情報交換した分,周りの方々とうち解けれたすっきりした気持ちになりました。分からない子どもにとっては,箱がじゃましている気がしました。それは教科書が分かるで十分だと思いました。

○説明しようと思ったら,光とは何か,液晶プロジェクタの仕組み等,深く考えることができた。

○割と早めに「重ねたときに黒くなるトリック」に気づけたので,終わった,教える側だと思ったのですが,話しているうちに,それよりも踏み込んだ謎が出てきたので,ずっとずっと面白いままでした。山に登り続ける・・・というたとえ,分かりやすかったです。

○知らない人にも気軽に話しかける必要性を生んでもらった感じ。とても充実した時間だったし,実際,とても考えさせられた。

○原理まで分かり面白いと思いました。次の授業にうまくつながっていると思います。

○生徒側につけて良かったです。一人で考えたい子もいるし,すぐに話をしたい子もいるし,多様な子がいると実感できました。また,それだけでなく,一人の子でも,一人で考えたい時間もあるし,聞きたい時間もあるし,話したい時間もあるし,と時間とともに変化するのだと気づきました。よって今は,何をしなさい(話し合いなさい)とかは極力しないようにしたいと思いました。

○説明の仕方によって分かりやすさ,分かりにくさがあったり,「分かった」と思っても,さらにいろいろな人の説明を聞いて,さらなる疑問がわいてきたりしました。

○情報を持っている生徒を教師が早い時期から教えることは,なぜだろうと考えている生徒にとっては「悔しい!」「聞きになんかいくもんか!」という気持ちになってしまいました。「情報は自ら探す,必要となったときに」が大切なんですね。今日の授業では「実際の観察・実験の結果を使って,説明できる」が目標なので,観察・実験で確かめられることだけで説明をしました。相手も自分もなぜこうなるの?という気持ちが更に生まれていきました。これが更なる学習意欲になるのだなと思いました。

○「○○ちゃんはできた」と言われると悔しい。すぐに聞きに行きたくない。人には聞きにくい。「分からない」というのもなかなか言えない。

○はじめうまく壁ができなかった。でも,「なぜ壁ができないか」を考えることで理解が早まった。途中,課題解決へのアプローチが二通りに分かれたため,どっちに行くか迷いました。

○友達に分かってもらえたときが嬉しかった。友達と一緒に分からないことを考えることが楽しかった。友達が一所懸命に教えてくれるのが嬉しかった。

○分からないことは分からないと言って良いことがみんなに共通であることで安心して取り組めました。少し分からないことが,かえって分かりたい気持ちを引き出すと思います。そして,分かりたい気持ちが「あ,そうか!」と思ったときの喜びが知る喜びになると思います。一緒に考えて分かったから,他の人にも伝えたくなり,良い循環ができていくのだと分かりました。

○今まで『学び合い』の授業に取り組んできましたが,生徒の立場でやってみて,『学び合い』の良さが学ぶ楽しさが本当によく分かりました。『学び合い』をしているうちに「なぜ,なぜ」が広がり,課題以上の話し合いができました。そこが素晴らしいです。

○説明すると分からないところが分かる。声がでかいヤツが手柄をもっていく。

○『学び合い』って面白いですね!「分からない」と素直に言えました。ただ,正しいのかどうか分からないことにぶつかり,間違いを○だと思いこんだときのフォローが難しいかと思いました。

○とにかく楽しかったです。

○あまりにも早い段階で「分かった!」とか言われて説明が始まると,自分で考えたいのをかき回されてとても不愉快だった。せめて「分かっても5分は言わない」とか一人一人考えてみる時間がほしい。「みんなが分かる」ことは「人に分からせられる(受身)」ことではないきがあるので。

○テーマが素晴らしかった。どうしてこの実験をするのか,明らかにしてもらって興味を持った。三崎先生の授業は好感をもった。人に何度も説明することに飽きてしまう生徒もいるのでは?どこまで説明すべきか,はじめに明らかにした方が良いのでは?理科は『学び合い』に向いていると思う。どこまで先生が求めているのか分からなくても自分の謎が解けると嬉しい。

○関心のない子,コミュニケーションのとれない子はすぐにあきらめてしまうだろうなと思いました。そして,遊ぶ,ケンカが起きる。最後,答えだけを聞いてテストはOKとなる。本時の自然事象への関心・意欲・態度は?

○途中,分かったときに人の?を聞いて,新たな疑問が生じました。それを考えることがより面白く,(R.G.B.)という考え方までいきました。でも,分かったことを伝えようと思っても,よく分からない人に声をかけるのは難しかったです。

○考えることは楽しい。人と話ながら考えがクリアになっていくのが分かった。「分かった!」と思えたときの爽快感が凄い!また,他の人の学習の仕方(携帯で調べるとか光にかざすとか)がいろいろ見えたのも良かった。

○「分かった!」と言っていた人が実はよく分かっていないとか,うまく説明できていないという場面が予想以上に多く,”分かる”ということの本質というのが見えた気がします。

○今日のめあてが火成岩の学習と何の関係があるのか分からなかった(何のためにこの活動をやっているのかが分からない)。「なぜ割り箸は通り抜けるのですか?」よりも「なぜ箱の中に壁があるように見えるのか?」にした方が良かったのでは?

○最初は(まだ箱を作っている段階では)なぜ割り箸が通り抜けるかを説明することができず,苦しかったのですが,いろんな人と話し合っているうちに徐々に楽しくなってきました。また課題(共通の)があると,いろんな人と話す話題があったので,気兼ねなく話し合うことができました。

○分かったつもりでいることが,説明するたびに感じられました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/20090809の今日の記事にも富山の紹介をしていただき、感謝申し上げます。興奮冷めやらぬ様子が伝わったでしょうか。内容については、賛否両論が見えるようになります。話を聞くだけではすっきりしない部分が目に見えるようになります。だから、次につながります。ご期待ください。

9月19日『学び合い』富山情報↓

http://www.geocities.jp/manabiaitoyama/newpage3.html



61976

katunori-skatunori-s2009/08/09 21:27富山,盛り上がっていますね。楽しそう!
うずうずしてきました。

o4dao4da2009/08/10 17:55コメントありがとうございます。katunoriさんからの久しぶりのコメント励まされます!私も、うずうずに応えれるようにしたいです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090809