Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-08-03

飾らない

22:58 | 飾らない - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 飾らない - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 飾らない - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 N先生のブログで失敗を笑いあれるよさが書いてありました。今回講演のえぐちさんも、これでもかってほどに自分をさらけだしていました。あれだけさらけだされたら本物だと思うほどです。かっこつけずに、自分のだめなところも見つめ、つっこみ、笑い、向き合えるそういう者になりたいなと思いました。59130

野球

22:53 | 野球 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 野球 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 野球 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 夕方映画ルーキーズを見に行った。点数をとられたときが、チームの振り返りになる。逆転するために、チームがまとまる。点数が凝集性を高めている。

 『学び合い』では、テストの点数や課題が凝集性を高めるのではなく、あくまで「みんなができたか、みんなに納得してもらえたか」が凝集性を高めていると思った。野球のように、イニング交代がないのでその振り返りの場、タイミングをしっかりと見ていきたいと思った。

追伸:勉強ばかりをガミガミ言われたら苦痛の場合があります。だから、みんなでできたら楽しいじゃん♪やってみよう♪踏み出してみよう♪苦手にぶつかった自分ってどうなるのかな♪支えてくれるつながりもあるよ♪という感覚で求めていきたいです。59117

異学年から考える『学び合い』 整理

17:36 | 異学年から考える『学び合い』 整理 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年から考える『学び合い』 整理 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 異学年から考える『学び合い』 整理 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 異学年の『学び合い』はN先生がよいと言っているがなぜでしょう。 異課題を解いている者どうしが、自分の課題に対する情報をもっていなかったらどうなるでしょう。交流は45分の中で基本生まれないと思います。今回はそういう状態だったと思います。自分たちの課題をめっちゃくちゃ考えてどうしようもないときに交流は生まれると思います。子どもどうしの『学び合い』では、学年の上下=知識の有無、経験の有無ですので下の学年は聞きに行きます。今回学んだことは、クラスの『学び合い』にも置き換えれるということです。誰が情報をもっているか、課題をスラスラできるかが分かれば交流は生まれます。だからこそ、可視化が必要です。異学年は、○年生であること自体が素晴らしい可視化なんだと気づきました。

 また、今回の反省で異なる課題どうしで交流がほとんどない(Aさんが交流していたのは目にうつりましたが)ということがあげられましたが、交流自体が目的ではありません。あくまで教科のねらい、課題の達成で考えなくては「休み時間、特別活動とどう違うの?」と言われる可能性も考えられます。(それも、それで人間関係面では非常ーに意味がありますが…政治のため)では、ただ単に課題の達成をねらうだけでよいのか。ポイントは「説明できる」という部分にあると思います。より多くの人に説明してわかってもらうことがポイントだと思います。自分たちの課題を初めて見る人に一発で分かったと言ってもらえることは難しいことです。そのためにいるのが、異学年だと考えます。分かっていけばいくほど、自動化がおこります。今回のように、知識ないものどうしの課題をとく集団であるならなおさら、丁寧な説明が必要です。相手は「やまなし?」「学び合い?」って言うが多いからです。今回は、時間不足、いや、私の求め不足という反省がありますが、きっとそこを求めて振り返りや説教をいれていったら、お互いに6年生が1年生を教えるような状態になったと思います。



 

その⑧ 参加者の声 体験してみて その3

12:57 | その⑧ 参加者の声 体験してみて その3 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - その⑧ 参加者の声 体験してみて その3 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 その⑧ 参加者の声 体験してみて その3 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

集団に関して

○ 可視化の一言により集団の動きがガラリと変わったことを体感できた。『学び合い』をしている際に子どもの動きをしっかりと見ることの大切さを学びました。

○ 『学び合い』を初めて体験することができました。自分の意識していないところで集団に変化が起きていることが不思議であるとともにおもしろいと感じました。

○ 『学び合い』でN先生の示す方法の基本的な進め方について学ばせてもらいました。いい体験でした。

○ なかなか会話に入れない子の心理を垣間見ることができた。

○ どうしよう、何しようというとまどい。まわりの人は何考えているのかなと思うけど、なんて話しかけようという困った気持ちを感じました。

○ 最初は手続きに関する会話が多かったけれど、終末の10分はなかなか内容が濃かったです。

改善点に関して

○ 最終的なゴールが模造紙かA4の紙に書くか少しわからなくなってしまい迷った。模造しの意味をもっとはっきりさせればよかった。 

○ 「みんなが説明できればいいのか」「さらに他の人に納得してもらえばいいのか」どっちだったのでしょうか。

○ 異課題のメンバーとかかわるために距離も必要

○ 先生の話が長い。

○ 集団を見るなら個人名を出すべきか

その⑦ 参加者の声 体験してみて その2

12:41 | その⑦ 参加者の声 体験してみて その2 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - その⑦ 参加者の声 体験してみて その2 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 その⑦ 参加者の声 体験してみて その2 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

国語に関して

○読む時間がたりない。

○「やまなし」は以前授業をしたことがありますが、これだけ深く考えたのは自分自身初めてでした。教材研究をしたとしてもこんなに考えなかったでしょう。他の先生と『学び合い』をしたからこそ、これだけ集中して考え自分でもなるほどという考えにたどりつけたのだと思います。貴重な体験でした。どうもありがとうございました。

○国語の『学び合い』を初めて体験した。「やまなし」は私にとって難解教材であったのでこの教材で『学び合い』ができてとても勉強になった。他の人の解釈を聞くと「ああ、そういう見方もあるな」「そういうところも根拠が分かるな」と少しずつ解釈が深まっていくことが分かって楽しかった。

○先生の「○○さんはいいこと考えてるぞ」「もう紙に書いてるぞ」の一言一言にあせったり意欲をかきたてられたりして、子どもの気持ちがよく分かりました。

○「やまなし」という題名が「希望」なのか「豊かさ」を象徴しているのかそこがはっきりせずうやむやになってしまい残念だった。正直もっと『学び合い』をしたいと思った。

★ 今回国語をされた方は13名(プリント提出された方)。最初に聞いたときには、何名かの方がやった読んだと挙手しておられました。しかし、時間が足りないのです。それは、3つ考えられれます。1つは、初めて集ったメンバーということもあり、集団の凝集性があまりなかったことが考えられます。2つ目は「やまなし」の主題をいきなり考えるという課題は大人にとっても難しいのかもしれないと思いました。3つ目は、教材研究をこえる姿が見られたことです。それが「ちょっといいですか」「ん?」「あっちの方はこう言ってますよ」という「?」「わからない」をさらけ出す姿があったからです。普通の教材研究、相談だと、こうはなりません。今回参加された方の年齢も様々でした。経験のある方が意見を言ったら、「そういうものかな」と思って聞いてしまう気がします。本を参考にするのもそうです。ずっと研究されている先生の意見だし、自分よりも考えているだろうなと受け入れる可能性があります。(僕はそういう傾向があります・・・)しかし、今回の様子を見ると、たくさん分からないと言い合うとこんなに時間も要するし、変化が起きるんだと思いました。キーワードは「フラット」な関係、雰囲気です。分からないと聞けるフラットな関係。そこを乗り越えるからこそ、本当の内容理解にもつながるし、他者理解にもつながる気がします。58725

その⑥ 参加者の声 体験してみて  その1

09:09 | その⑥ 参加者の声 体験してみて  その1 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - その⑥ 参加者の声 体験してみて  その1 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 その⑥ 参加者の声 体験してみて  その1 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

○ テーマが決まっていて初めての人とも意見を交わすことは新鮮。もう一度お願いしますという意見交換がコミュニケーション。受け入れてくれることが安心感であり話し合いを深めるのに重要。正直、先生のつぶやきがうるさいなということもありましたが、集中すると気にならなくなったのは不思議です。つぶやきも子ども自身が取捨選択しているのかもしれません。

○導入の説明参考になりました。

○2つのグループが交流できる時間があればよかった。

○異学年となると交流面のみに気を取られてしまう気がするが、そこは目的ではなく、それぞれの課題を皆が解決することが大切であり、ぶれないことの大切さに気づけた。

○「自分=みんな」になれるとおもしろい。

○小さい範囲をかえるには、大きい範囲を変えること「個にかかわらず、個を見捨てず」の個を自分が変えたいと思う枠にすればよい。

58576

その⑤ 感謝

00:17 | その⑤ 感謝 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - その⑤ 感謝 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 その⑤ 感謝 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

場を提供してくださった方、参加してくださった方がいたおかげで、たーっくさん学べました。本当にありがとうございました。改善点について明日備忘録でのせておきます。

toshimtoshim2009/08/03 03:28フォーラムありがとうございました。
分科会に参加できず残念でした。今度の機会にまたお願いします。
o4daさんは、もっとベテランの方だと思っていたのですが、
私と変わらない位で驚きでした(笑)。
今後ともよろしくお願いいたします。

o4dao4da2009/08/03 09:02エネルギッシュなtoshimaさん、おかげで若さをいただきました(笑)。こちらこそよろしくお願いします。

katokiti2003katokiti20032009/08/03 09:042日間、お世話になりました。
分科会では、
生徒側の立場で『学び合い』授業に参加することで
見えなかったものが見えてきました。
ブログでもこの2日間で交わした会話1つを思い返しても
o4daさんは、私の迷いを解くヒントをいつも与えてくれます。
本当の感謝です。またお会いしましょう。

o4dao4da2009/08/03 09:25なんてありがたいお言葉★偏見なく(笑)私を受け止めていただけるえぐちさんのような(笑)キャパシティーのあるkatokitiさんの人格のおかげです。
ちなみにこれまで富山の会では、社会、道徳、国語と模擬授業をやってきました。今度の9月もたっぷりと行おうと帰路に話し合いました。聞くことも意義深いですが、ああいう体験を通して「わからない」を連発できることに魅力を感じます。知識は与えられるものではなく、自分の中でわき出すものだと思います。私も、皆さんの様子、katokitiさんの言葉からたーっくさん学ばさせて貰いました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

F-KatagiriF-Katagiri2009/08/03 09:28片桐です。
o4daさんの分科会に群読の会が人数で負けてしまった……。人数が多いのにもかかわらず、廊下に押しやってしまって申し訳ありません。でも、あんなところで、こんなところで『学び合い』が起こっていて、面白かったです。またお願いします。

o4dao4da2009/08/03 10:44本当の異学年を考えたら、片桐さんと打ち合わせをして各々の課題をやればよかったのかもしれませんね。こちらのみなさんはトイレ前であっても、真剣な素晴らしい止められない姿でした。今回誘っていただき本当ーにありがとうございました。今までにない学びでした。ベテランの方々を前にしどろもどろになった点や、「わかる」「説明する」「かかわる」など課題の文末をどうしようかという点が見えました。これも全てkatagiriさんのお誘いのおかげです。ありがとうございました。

ybhdv7ybhdv72009/08/03 15:41ありがとうございました。
o4daさんから、パワーとエネルギーをいただきました。

このブログの振り返りすごいですね!!!!
またしても学ばせていただいています。

D902iD902i2009/08/03 15:53今回も,やはりo4さんからパワーをいただいてしまいました☆
チーム富山,熱いですね!!また楽しみになってきました♪

katokiti2003katokiti20032009/08/03 20:05異年齢、異課題、異学年、呼称は様々ですが、共通しているのは集団の多様性を意味すると言うことなんでしょう。多様であればあるほどいいという点に着目した学習の結果(?)、今回の私のように自分の中での答えが出せた(正確に言うと「出せつつあった」)ものがいるのですから…。
ただ1つ、私があの模擬授業の中で見失っていたものは、「説明できると言えるためには、違う課題に取り組んでいる方にも説明して、それなりの理解(評価)をもらう」という点でした。反省…(汗)

o4dao4da2009/08/03 22:39「説明できると言えるためには、違う課題に取り組んでいる方にも説明して、それなりの理解(評価)をもらう」という点でした。反省…(汗)

恥ずかしながらこれは僕が昨日やったのを踏まえてやーっと気づいたことです。最初にここまで求めると告げれたらよかったですね。僕こそ、大汗ですよ。9月に生かしますね。

さて質問です。katokitiさんの出せた答えってズバリいうと何か教えてください。

katokiti2003katokiti20032009/08/03 23:30ズバリ、「katokitiの信念」です。
昔から、「拘らない」事に拘ってきたつもりでした。
でも、12年間の教師生活の中で、小さい縛りでの「拘り」を自然と身につけていました。
拘るべきは私も含めた「個」ではなくて、もっと広い範囲にあること。
昨日の模擬授業で言えば、「違う課題も含めたみんな」
昨日までの2日間で言えば、フォーラムに参加されているみんな
そして、私と何らかの縁で一瞬でもつながりを持てた全てのみんな。

剣道で言えば「守破離」の「破」への一歩とでも言いましょうか。

私がやるべき事は、まだまだたくさんたくさんあります。

take1_No12take1_No122009/08/04 05:33お世話になりました。あ~楽しかった。参加させていただいて、たくさんのものが見えたように思います。『学び合い』の先にあるもの…まだ、ぼんやりですが。またどこかでお会いしましょう。運動会が雨なら、「いざ!富山」ETC1000円で!ということで。

zeromacmanzeromacman2009/08/04 06:05 新潟でお会いできてうれしかったです。
パワーをいただきました。
富山の会、参加したいのですが、学校行事と重なっています。
山形に足を運んでいただいているので、
富山にもぜひ一度は、と思っています。

o4dao4da2009/08/04 15:00katokitiさん
ありがとうございます。私も、広いみんなに「俺の課題終わってないんだけど、それでもみんなかよ」と言われない語りを考えていきたいと思います。折り合いなんでしょうけど。いい語りあったら教えてくださいね。ちなみに私も剣道部でした。

こにーさん、めちゃくちゃ堂々と語れる大阪パワー感動しましたよ。

iwasakiさん、またよろしくね。ちなみに僕の心の中では、チーム富山のメンバーに入ってるのに気づいてた?あの3次会メンバーは(笑)富山に参加できるできないとか小さなレベルじゃなくて期待しようね。何かに。

takeさん、こっちもです。あの何気ない会話大好きです。さってと、雨ふれふれ坊主を、いや、そんなことせずとも、確実に次どこかで会えるでしょう。またよろしくお願いします。先にあるもの分かったら教えてくださいね。

zeromacmanさん
いつでもお待ちしています★宿はとってから来てくださいね。あれ?

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090803