Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-08-02

その④ 参加の声 どうして「やまなし」という題名なのか

23:47 | その④ 参加の声 どうして「やまなし」という題名なのか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - その④ 参加の声 どうして「やまなし」という題名なのか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 その④ 参加の声 どうして「やまなし」という題名なのか - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

Aさん

・賢治は厳しい生活を送った。誰に対しても自然は平等に厳しさ優しさを与える。苦しい中にも必ず希望がある。その希望の象徴が賢治にとってやまなし。

Bさん

・賢治は暴れる自然に勝つためにみんなで力を合わせなければならない。力を合わせるには互いに優しい心が通い合っていなければならないと考えていた。12月の厳しい自然の中でも協力し合えば、やまなしのような希望を見ることができる。5月と12月の対比カワセミとがっている、やまなし丸みがあってやさしいイメージがわく。そういう希望を読み手にもってほしい。

Cさん

・やまなしは苦しい中でも楽しいことがあるという理想。自然の中、農作業をする。みんなで力を合わせている。

Dさん

・12月の場面、かには兄弟げんかをしていた。そこにふいに訪れたやまなし。3つの影法師が合わせて6つおどるように追いかける。けんかではなく、協力している。協力して得られるもの。希望、豊かさ。

Eさん

・5月、12月は生と死の比較であり、それは人間にも当てはまる。賢治は人々が希望をもつことを理想としていた。やまなしは豊かさの象徴であり、賢治は人間の生き方への希望をこめたのではないか。

・厳しさの中にも豊かさがある。豊かさの中にも厳しさがある。自然の共存。

・心を通わせる。かにが賢治?やまなしは神様?

Fさん

・「待つ」と実る「やまなし」に「自然の営み」「生きる」ということを重ね、それを読者に伝えたかった。

Gさん

・自然は厳しい面(冷害、地震、洪水)もあり豊かさ(精神的、経済的、人とのかかわり)をもたらしてくれている面(豊作、暖かさ)もある。この自然に囲まれた中に人間は生きている。

・自然は人々の幸せを奪ってしまうこともあれば、じっくり待ち耐えることで豊かさを与えられることもある。だから希望をもって生きてほしいと願っている。

Hさん

・人間が厳しい自然と共存し人々が美しく助け合っていけば、今はつらく暗い日々でも希望や夢が必ず実現する。その希望や夢がやまなしに表されている。

Iさん

・人間どうしの共存。自然界との共存。

・人は弱い立場である。弱い立場である人間が自然から与えられる厳しさ、豊かさの両方を受けつつ協力して生きていく。

Jさん

・賢治は岩手を理想郷にしたい気持ちをイーハトーブの夢にこめている。人間からみると5月は明るく12月は暗いイメージだが、厳しい岩手の12月の明るさがやまなしである。厳しい中に希望を見いだすために、やまなしを12月に登場させた。厳しい中にも幸せや希望があることを伝えるために、やまなという題名をつけたのではないか。

Kさん

・賢治はやまなしのような存在に憧れていた。周りに優しさを配る存在。(平和、豊かさを与えるもの)

Lさん

・苦しい中にも未来に希望をもつ。自然との共存。人間の生き方、互いに優しい心をもつ。その象徴がやまなし。

Mさん

・厳しい冬の季節に豊かさや夢があるということ。人間はもっとも弱い立場、受け身(かわせみ→災い、やまなし→めぐみ)である。

MizuochiMizuochi2009/08/02 22:44新しいことにどんどんチャレンジしていきましょう!
ありがとうございました。
私も、コリ固まった脳みそをほぐしてチャレンジしていきます!^^

o4dao4da2009/08/02 23:19本当に学びが大きかったです。素晴らしい場を設定していただきありがとうございました。9/19の富山の会の内容もまとまってきました。新しいですよ。あっと言わせます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090802