Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-06-22

挙手

22:24 | 挙手 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 挙手 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 挙手 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

全体で尋ねて一部の意見だけで進むことに違和感が出てきました。みんな違う個性的なあなた。だからこそ、意見をこういう達歩いたりしないときにも聞きたい。意思表示するのは大事だと思うよ。意見思いつかない方。ちょっと言えるよって方。何回か繰り返すと、ぐっと挙手が増えた1、2割から4割に。一日でこれなんだから、もっといろいろ求めればどんな変化が起こるのだろうか。分からないを全体でもさらけ出せる、その大切さをどんどん訴えたい。そこが大事だと思う。

手をとって喜んだ ピンチチャンス

| 21:54 | 手をとって喜んだ ピンチチャンス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手をとって喜んだ ピンチチャンス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 手をとって喜んだ ピンチチャンス - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

今日ピンチが訪れました。宿題の算数の○付け、「先生分からない」と聞きに来たので分からないと言ってきたので、解いてみました。しかし、納得いってない顔でした。そうだなー、クラスで図示して説明することが少ない状態だから、図示したり、数字を超簡単にして教えてみよう、それをモデルにしてくれればいいなと思い、説明します。しかし、大変です。うまく説明できないのです。図示して分かるこのピンチ!!!うーんとしばらくうなっていました。先生どうしたのと心配しにきます。うーん??答えを見てみよう。やっぱり合ってるうまく説明できないのはどうしてと黒板に再度書いてみました。すると、「あれっ?これは?先生」「あーーーーーーーーそうだーーーー」気づいたら手をとって喜んでいました。私が。そうだよなー。こりゃあ、快感だわと実感しました。そんな心でみんなを見ていきたいと思います。どの研修会より模擬授業より素晴らしい時間を心底味わいました。今週は宿泊学習、陸上と大きな仕事にドキドキ緊張していますが、支え合う仲間(同僚、子供)の大きさを忘れずにベストを尽くしたいと思います。

今年度初 人生3回目 異学年『学び合い』

21:45 | 今年度初 人生3回目 異学年『学び合い』 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年度初 人生3回目 異学年『学び合い』 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 今年度初 人生3回目 異学年『学び合い』 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

今年初めて行いました。私にとっても人生3回目です。今回は、1・6年生です。1年生の課題は国語「ひらがなを使った言葉を書く」6年生の課題は算数「単位量あたりの大きさの問題を解けるようにする」です。最初にみんながわかるようにしてほしい意義を語りすぐにスタートです。

発見したよさは、全ての子ではありませんが、あっという間に1年生に寄っていきました。会話内容も「い」のつくもの、動物であるね、わんわんなくよ」と上手にヒントを与えたり、手をもって教えたりしていて関心しました。クラスではどよーんとしがちな子がにこにこしています。いきなり答えだけを言っていません。一方で次への課題としては2点です。1点目は6年生の課題の結果を伸ばすことです。いつもと同様に、最後に類似問題を出しましたが、できてのは3割。もっともっとです。土曜日の相談所であったように自分の課題と相手の課題のバランスが必要ですね。2つ目は、みんなが1年生を前にして超いきいきかと言えばそうではないということです。9割の子はいきいきしていましたが。しかし、異学年、異教科で人間関係の向上だけでコメントするならば、想定どおりと言えます。ふざける子は特にいません。ポイントは結果を求め、異学年で繰り返すことなのでしょうか・・・。

追伸:よさを追加です。上学年に憧れをもたせ尊敬できるために異学年は有効だと感じます。きっと、行事や縦割りでかかわる方が異学年『学び合い』よりもレベルが高いのだと思います。課題があって上学年が先生のようにスラスラできるのですから、卒業式に敬意を払いそうな顔つきでした。46004

chinjichinji2009/06/26 23:29こんにちは。以前ブログにコメントをいただきありがとうございました。
異学年では私も同じようなことを感じています。1年生が上級生を感じてあこがれそれが自然と成長につながっていることを感じます。うまく言葉では表せませんが。
異学年を行っていく事で今までよりも卒業式がいいものになっていく気がします!

o4dao4da2009/06/27 17:19雰囲気いいですよね!次は課題達成をもっともっと求めます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090622