Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-05-06

『学び合い』模擬授業を体験してきました

| 09:52 | 『学び合い』模擬授業を体験してきました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』模擬授業を体験してきました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 『学び合い』模擬授業を体験してきました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 先日、大学時代の友人3人と集まりました。目的は『学び合い』ではありません。しかし、そこで、『学び合い』の話をしました。そして、「社会(歴史)のこのページに書いてあることを「全て分かって説明できるように」という課題をやってみてくれない?」とお願いしました。そこでも、すごい学びを得ましたので可視化をします。

① 大人も子供も同じことが起きる まずは把握する時間

 ・ 分からない用語の意味の確認、時代の流れの確認、「どのようnな国づくりをめざしたのかな」という課題の確認といったふうに沈黙しじっくり考える時間が生じました。これは、教室と同じ現象です。約10年前に日本史Bを学んだ者でさえ、これ何だっけと考えるのですから、初めて出会う子供はなおさら把握するのに時間を要して当然だと身をもって感じました。

② 用語に隠れた言葉も気にかかる

 ・ 歴史用語で大変なのに、たまにでてくる「あつくたっとび」という言葉も分からないだろうなーと感じるようになりました。

③ 疑問を深めるべきか基本を整理し定着すべきか

 ・ 以前の日記(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090423/1240492545 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090503/1241312886)でどんどん疑問が生じるのがおもしろいという旨を書きました。例えば今回でいうと、「大きな古墳が立派なお寺に変わっていったんだっけ」という友人の言葉に「えっ、そうなの」と返答しました。そして、じっくり教科書、用語辞典、日本史Bの本を見直しました。友人が「ほら、仏教伝来によってさ」と言います。私も、「あっ本当だ、鉄器、青銅器が伝わったのと別に仏教はここで伝わっている」ということを確認します。そこから派生して、私は伝来に興味が出始めます。米、鉄器、青銅器、仏教、そういえば奴国、邪馬台国・・・と。まさしく、頭の中がものすごい勢いでぐるぐるします。そこで、はっと時計を見ると開始20分を越えていました。整理して、さらに話し合って時計を見ると45分。友人の指摘で、大化の改新、公地公民、税金制度も○ページに書いてあることに気づきます。

   今回体験して反省したことは、一度疑問の深みにはまると時間があっという間に過ぎていくということです。もっというなら、全体の流れをさらえない、知識を整理、定着できないまま終わっていたのかな…と申し訳なく思う部分も生じました。今回の経験で学んだことは、「分からないを見つけるのは大事」に+アルファして時間が限られているので、全体をさらって把握してから疑問を考えることも大切だということです。

④ たった3人だけど素晴らしい『学び合い

 ・ ③にも書きましたが、私は友人の言葉一つで芋づる式に?がたくさん思い浮かびました。世の中に出れば、物事を一回で把握したり、一人じっくりと考えを練ったりすることも大切です。しかし、今回『学び合い』体験をして、『学び合い』の輪の中に入ってみるとそれは、それで、『学び合い』が保障(分からないをさらけ出す、何度分からないと言ってもよという雰囲気)されている分、果てしない学びが生じると思いました。中学、高校時代単に暗記していたことを(先生の話を聞き自分で学んでいたこと)越えて流れや理由をすっごく考えることができました!

⑤ 何度分からないと言ってもよという雰囲気の先には…

 ・ 常識を越えるものがある気がします。発明品なんてまさしく、そう。よりよいものを見つけれると思います。

⑥ まとめには、マンガよりも新教科書を目指して

 ・ マンガで表そうと投げかけたことがあります。目的?がある分「○ページを分かるように」と課題を投げかけたときよりも、すぐに楽しんで取り組みました。③の「知識の定着、整理を考えるとよい方法だと思う」と友人に言うと、「参考書や教科書をつくる方がよいと思う。マンガだったら吹き出しに文字を写すになる可能性がある。教科書、参考書づくりだったら自分たちの分かる言葉に修正していく点がよい」と語っていて、納得しました。

⑦ 何はともあれ意欲は高まる

 ・ ③のように知識の定着という面から考えると、講義を聴いたりノート整理したりする方がいいのかな?と友人と話し合いました。しかし、今回のようにやったからこそ、講義を聴くのにも身が入るんじゃないかということを思いました。要は、意欲が高まったからということです。

 ちなみに今回の友人は、j大学の友人ですので、N先生は知っていても『学び合い』はそんなに知りません。一人は確実にその前日までは知らなかった気がします(知っていたらごめんね)『学び合い』の知識の有無は全く関係なく、この模擬授業をしてとってもたくさんのことを得ました。私が一方的に語ったり問答するよりもよい学びを得たので、今度の第3回 行列のできる『学び合い』相談所でも自信もってやってみたいなと思います。自分が体験するのと、また違い体験してもらうのはよいことだと感じました。32949

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090506