Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2009-02-27

もっともっとを求めること 祝う集会 劇作りより

22:33 | もっともっとを求めること 祝う集会 劇作りより - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - もっともっとを求めること 祝う集会 劇作りより - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 もっともっとを求めること 祝う集会 劇作りより - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 各グループ1分30秒の劇作り。祝う集会に向けて劇作りを進めました。私の予想を超えてやや時間がかかりました。だが、この経験でかなりの学びをしました。

 今まで教科では、課題達成できないときも多く、目指すことに意味があるとしていました。これは、今日の「信濃の国からこんにちは」を参照していただきたいと思います。だけど、今回は必ず集会があるので完成度も含めてもっともっとを求めなくてはいけません。

① まず最初に学んだことは、子供どうしのかかわりがあれど結果に結びついていないことです。よく『学び合い』で過程と結果が話題になります。今回の件でいえば、「あれ?」といった感じでした。


② 子供にも、それでは6年生が楽しまないと思うよと言いました。ある意味壁です。本来は、それも子供どうしでできるのが一番なのでしょうが、これが素の姿です。すると、序々にお互いに見合うようになりました。今までの劇指導では、どれだけ激励してもなかなか声が出ない子供が驚くほどの声が出ていてびっくりしました。しかし、1分30秒の意識はまだまだです。でやらなくてはいけません。だから、内容に無駄をいれてはいけない。全て意味ある場面にしてほしいことを語りました。


③ すると子供たちは、芸術家のツボづくりのように、台本をつくっては壊しよりよいものにしはじめました。このとき心がけたことは、がまんすることでした。はっき言って私は劇作りがだーーーーーーいすきです。ああ、私だったらこうするなというのが次々に思い浮かびます。しかし、ぎりぎりまで黙っていました。すると、私の予想を超えるものがあっという間にできていました。残念ながら、時間的に間に合わないところには、アイディアを出しました。ただ、今まで私がつくった台本よりも、よっぽどいいものになり心から褒めました。


 ①から③への変容は2時間でした。子供らの練習を見ながらしみじみ①のときのうろたえた自分を思い返しました。教科での『学び合い』では、①で終わっていた気がします。もっというなら①以上、私が見えなかったのです。もっともっとを求めざる得ない場を子供たちに任してみて、私の気持ちが大いなる不安から安心への変化を体験しました。役割としては、編集者です。時間の関係で、最後の方では、「ここはカットかな」とよくいいました。また、まじめにやっている子供たちがよりよいものに気がつかないときにも、「時間がないよ、ふざけちゃいけないよ。さっきとかわっていないよ。もっと本気で考えようよ」と穏やかに語りました。

 まだまだ学び合いにいたらない部分ありますが、積極的な結果の評価と信じることについてうっすら学んだ気がします。

 

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20090227