Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2008-10-31

国語 初発の感想についての一考察

09:56 | 国語 初発の感想についての一考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語 初発の感想についての一考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 国語 初発の感想についての一考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 今までだらだらいろいろと書いていた。今回はちょっと冷静に考えよう。

 今まで初発の感想を大事にしてこなかった。ねらうことがはっきりしているのならば、すぐにそこを示せばよいと考えていた。

 算数だってそれまであまりを教えておいて、急に小数が登場する。あまりのときに、小数を考えている子供がいるのになあ・・・という屁理屈をもっていた。

 子供の意見を大事にする場合は、集約すべきこと、検討すべきことが大事だと思っていた。学級目標を子供に決めてもらう意義はここである。どんなのになってもかまわない。ここで大事なのは、いっぱい意見を出し、検討し、自分たちが何を目指すのか考えたことに意義があると思っていた。

 では、国語における初発の感想とは何だろうかと考えたとき・・・。

 こっちでねらうことをもっておきながら、自由に出させる。そこでそぎ落とされる意見をどうしてよいかひっかかっていた。

 今回取り組んでいることは、その解決方法になるかもしれないと思った。それは、初発の感想で出された意見、疑問について、各自で考えを書く。深く読むことを求めず、書く。すると、子供たちの考えがよーく見えてきた。

いままでは、初発(教師からの課題提示)に1時間→1場面の課題→というふうにすぐに、考えさせたい学習課題に入り話し合いであった。だが、今回は、各自じっくり考えたいことを書く。そして、その意見を交流する中で、全体で話し合いたい課題を見つけるという形だ。これなら教師がひっぱらず、子供が思い思いに考え追究できる。個々の課題を優先している。今までは、学級目標のように集約しなくてもよいのになあ・・・と思いながら、無理矢理集約するのが嫌で、こっちから課題提示をしていた。

 だから今回じっくり個々の課題に向かって考えを書くというのがしっくりいく。個々で書いた課題の中には、何人か友達との意見交換ですっきりするものもあれば、そうでないものもあるだろう(ちょっと不安ですが)

 そこで学級全体の課題にすればいいのだと思った。

 

追伸:昨年までは、個々で考えられない子供には苦痛だと思っていたけど、上手に可視化すれば(友達の考え示す、観点与える、友達とお話するなど)よいのだと思った。書いて残すことで、変容もとらえられるのだろう。教師も子供もお互いに。

学び合い」は、上記の急速版かなと思った。一斉をいやがらずによさを見つけながら考えると、全ては統合されていく感じです。

学び合い」で国語の課題について考えてとやると、熱かったです。でも算数のときがあってか、正解を求めようと、相手を論破したり、針小棒大にこだわったりしている状態でした。全て私の語り、めあての持たせ型不足。

今回じっくりと取り組んだスタイルが、「学び合い」にも生かせることでしょう。自分の考えが変わってきているのだから。

sumi-chansumi-chan2008/11/02 11:19o4daさん、私のところからトラックバックしてみましたよ。ついでに、トラックバックのやり方をブログに書きましたので、見て下さい。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20081031