Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2008-10-26

ブログ群読み返し

23:15 | ブログ群読み返し - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - ブログ群読み返し - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 ブログ群読み返し - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

三崎先生 教師の出番

文化を考察

20:24 | 文化を考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化を考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 文化を考察 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

家族に乾杯に、子供のころよくいった町が出た。あーなつかしい、なつかしい

「かっこいい」を「よかにせどん」、「かわいい」を「よかおごじょ」と言う方言が強いところだ。

その言葉から文化の薫りを子供ながらい感じた。

沖縄のシーザーみたいに建築物や桜島のような自然でも文化を感じるけど、

1番は人から文化を感じたなあ。

ニュースを見ながら

20:14 | ニュースを見ながら - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - ニュースを見ながら - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 ニュースを見ながら - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

世の中で不祥事などがおこるが、トップについて考察。

問題をおこすトップ。やっぱりその元にある気持ちは何をしても許されるという気持ち。

でももっと元いある気持ちは、人とのつながりでやりたいことをやっても許されたという気持ちかなと思った。

きっとつんがりを誤ったのかな

人とのつながりがうれしくてしょうがなかったのかな

しっかりとつながっているかを意識していかないとな

備忘録N 間違えていい いや、間違いをもって説明し合おう

19:59 | 備忘録N 間違えていい いや、間違いをもって説明し合おう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 備忘録N 間違えていい いや、間違いをもって説明し合おう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 備忘録N 間違えていい いや、間違いをもって説明し合おう - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

何もしない→間違いをおそれる→受け身なだけ→やるべきことやらない→結果もでない

この中で問題点は、自分からしないという部分。

訴えたい、「間違えてもいい」ということ。


間違いを説明しあう中でみんなが高まる。


そこから、始まる。


PS 間違いというか相違点

学習発表会 大好きになりました

00:51 | 学習発表会 大好きになりました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学習発表会 大好きになりました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 学習発表会 大好きになりました - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

 マットの発表会。

 たくさんいる全校の親を前にしてけがもせずあわてずよくやった!

 今まで、歌、劇の発表だったが、事前にあらかたはできていた。

 主なる味付け指導はこっちでやった。

 だけど、今回は違う。シンクロマットを考えてもらった。

 資料やアドバイスはするけど、隊形など考えたのは全て子供。

 それぞれを生かした技、流れを考えるのも子供。

 覚えたおも子供。

 技を磨いたのも子供。

 せりふを覚えたのも子供。

 曲が約3分ほどと限られている中で本当に一生懸命。

 感想で、足ががくがく、唇ぶるぶると言ってた子多数。

 でも今年が1番楽しい発表といってる子も多数。

 それは、体育だからもあるかもしれません。

 来年体育以外では、つまらないと言うかな?

 でも今年これだけ自分たちでつくった子供。

 大丈夫。今年を思い出して生かしていこうと、今後の生活がよりぱわーあっぷできることを信じています。

 

 学び合いうんぬんよりも、

 子供に任す課題、逆に言えば一度その道で進んだならばもう子供を信じつづけることがためされる課題を与え ました。それは、自分に科された課題でもありました。

 

 でも、子供のがんばりがすっごい見える分、本番のささいな間違い多めにみれました。

 そして、こころから子供を何度も褒めました。

 今日は、まるで小さいころ自転車の補助なしに乗れるようになったそんな感動いっぱいの日でした。

 あとで、先生どうしどう評価されようが(「もう少し」「よかった」など他者からの評価。それは、自分宛の 評価だと分かりました。私はそれにおびえていたことも)、子供がいるときに思いっきり子供を褒める(評  価)しました。他者がどういおうが、生まれたての第一子のわが子の赤ん坊をぎゅーっと何度も抱きしめるか のようにほめつづけました。すると、褒めているうちにますます子供のことが好きになりました。感動をあり がとう。

aki-kichiaki-kichi2008/10/27 21:54「やらされる行事」よりも「自分で創り上げる行事」の方が,子どもたちにとって何倍も思い出に残るはずです。きっと来年は,さらにパワーアップしますよ。楽しみですね♪

o4dao4da2008/10/27 22:08これを教材(体育)の力と価値付けでおくのはもったいない。かかわりの価値として可視化これからに生かします。教師の涙や笑顔もその1つですね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20081026