Hatena::Groupmanabiai

Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 このページをアンテナに追加 RSSフィード


『学び合い』や特別活動や学級づくり、チームづくりに興味があります。富山・石川等で会を開いてきました。関心のある方はぜひ連絡ください。   参加希望者はメールかコメントくださいね♪ manabiai10☆gmail.com ☆を@に変えてください。 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

2008-10-13

zerocmanさん、大阪のNさん、はじめ、全国一億五千万人のプロジェクトアドベンチャーファンの皆様

18:20 | zerocmanさん、大阪のNさん、はじめ、全国一億五千万人のプロジェクトアドベンチャーファンの皆様 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 を含むブックマーク はてなブックマーク - zerocmanさん、大阪のNさん、はじめ、全国一億五千万人のプロジェクトアドベンチャーファンの皆様 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 zerocmanさん、大阪のNさん、はじめ、全国一億五千万人のプロジェクトアドベンチャーファンの皆様 - Gyoretu 学級づくりを語り合う会& 行列のできる『学び合い』相談所 富山・石川 のブックマークコメント

PAって知っていますか。プロジェクト・アドベンチャー。私は、9年前、大学1年のとき、知りました。

詳しいことは、googleっていただければよいと思います。

PAの理念は、別にして、それぞれのネタは、

とても上質で子供が乗ってくるものだと感じています。

1つ紹介します。

「ウインク睡眠(殺人)事件」

① くじびきで、1人犯人を決めます。

② 犯人はばれないようにウインクをして人を眠らせます。ウインクをされ  たら10秒後、「うーーーーー」といって倒れます。

③ 周りの人は誰が犯人か考え、分かったら手を挙げます。

④ 挙手が2人になったら、声を合わせて犯人名を答えることができます。

⑤ ④で答えが一致し、正解だったら犯人はやられます。

  もし2人の声が違ったら、その答えた2人がやられます。(例え正解で  あったとしても)

上手に書けませんが、ぜひ調べてみてください。ちなみに、本名はウインク殺人事件ですが、響きが悪いので、睡眠事件にしています。

次回パワーがあるときには、「ナイフとフォーク」を紹介します。

sumi-chansumi-chan2008/10/14 20:49PAちょぴっとだけかじってます。
PA絡みで、選択理論心理学っていうのも、ほんのほんのちょびっとだけかじりました。
『学び合い』とPAは、結構共通点があると思ってます。

o4dao4da2008/10/14 20:51こんにちはsumi-chanさん
集団の活動であり、子供に任せ、自己決定させるという点かなと思いますがいかがでしょうか。

sumi-chansumi-chan2008/10/14 21:06そうです、そうです。
そして「目標が明確」である点ですね。
『学び合い』を理解していく段階で、内容は教科学習だけどPAと同じだな〜と思った時期がありました。

o4dao4da2008/10/14 21:33sumichanさん
コメントありがとうございます。
改めてPAを考えると、
集団にいるけど、チャレンジバイチョイスです。それっくらいの「気持ち」でいいのかもね。とも思います。わがままを許すのではなく、怖すぎる熱すぎるお説教はやめようと自戒の意味です。

katunori-skatunori-s2008/10/14 22:21PAって、これのことでしたか…。
zeromacmanさんも話題にしてらっしゃいました。
「一単元全部」って、やったことがありません。やりたくてやりたくてうずうずしてきました。
もう1つ。「ほめる」について。
低学年の子は特に「先生にほめられる」って大事なことなんだと思っています。しみじみとほめていたら、その子の中に革命が起こったかのように見えることが何度もありました。ほめられたくてほめられたくて仕方がない子もいますね。ほめられたことがない子も。ほめられた経験が豊かな子は、友だちのよさも見つけてくれると感じています。

o4dao4da2008/10/15 20:28katunoriさん歌さんのところでも書き込みありがとうございます。どれもこれも貴重なコメントです。

o4dao4da2008/10/15 22:22余談ですが、PAでは、チャレンジマイセルフといいチョイスの選ぶということより、自分で考えるがいいと、N君、教えてくれました。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/o4da/20081013