赤いダイヤの独り言 このページをアンテナに追加

『学び合い』に出会い,群馬県の中学校(理科)に勤務しています。太田市周辺で『学び合い』ましょう。

『学び合い』太田の会のお知らせ

日 時 毎月第3土曜日の15時~17時を原則として実施

場 所 群馬県太田市の生品行政センター
    (〒370-0312 群馬県太田市新田村田町1107−1) 

内容 ・簡単な自己紹介
    ・悩み相談やアクティブラーニングについて
    ・フリートーク
※申し込み等手続きはありません。どなたでも当日会場へお越しください。
  遅刻も大歓迎です。決して急がず、気をつけてお越しください。
  詳しい場所は こちら。 

第11回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬のお知らせ

日 時 2018年2月3日(土) 13時~17時(予定)

会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地) 

詳しくは『学び合い』ブログ 鹿男これでよし へ!。

2017-07-12

悩む

21:34 | 悩む - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悩む - 赤いダイヤの独り言 悩む - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

クラスの雰囲気が良くないと感じて、

子ども達に聞いてみた。

やはり良くない部分があるらしい。

1学期も残り5日となった。

出来る事をしておきたい。

どうしたらいいかなぁと考える。

自分自身の事もふりかえり、省みる。

ワクワク感や、楽しい感じがしない。

どうしようかなぁと

messabluemessablue2017/07/13 22:16いいですね!素直に尋ねあえる関係、繋がっている関係、これがあればなんでもできますもんね!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20170712

2017-06-21

嬉しかったことを3件

21:02 | 嬉しかったことを3件 - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しかったことを3件 - 赤いダイヤの独り言 嬉しかったことを3件 - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

◆1件目

iku-nakaさんの日記(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/iku-naka/20170602)を

読んだからなのですが,うちでも似たようなことがありました。

理科室の前までは来たのだが,中に入れない子。

「廊下まで来ているんだけど,その子も含めてみんなが分かること」

「誰とどこでどんな風にやってもいいよ。みんなが分かるように」

と言ったら,廊下で最初は床で。その後机といすを廊下に出して,

数名で学習していました。

その子は数週間ぶりの学習(授業に出た)でした。

「少し自信になった」と言っていました。


◆2件目

2年生です。

できた生徒が,残った子に酸化と還元について教えています。

前回のテストの点数は一桁か,二桁に乗ったか,という程度の子です。

いろいろな方法で分かるようにしていました。

その中にはテストで90点以上をとるような子もいれば,

40点くらいの子もいます。

いろんな子がそのに関わっています。

他の2.3か所でもそんな様子が見られました。

「みんながわかるように」「分からない子が一人もいないように」

と言っている自分ですが,

目の前で目にする光景に思わず感動しました。

よく「普通の授業で泣いた」という話を聞きますが,

それにとても近い感じでした。

わ~いいなぁ~って感じでした。

ただ,もっともっとです。

さらに上を目指します。

感動のフィナーレにはなりませんでしたが,

全員が80点以上には近づいているように感じました。

◆3件目

隣のクラスの今日の様子です。

昨日は二人残りました。

今日は誰も残らないように,みんなが分かるようにしようとスタートしました。

コケ植物はどのように増えるか,体のつくりの特徴はどうなっているか,が課題です。

新学期当初は進め方がよくわかっていなかった1年生ですが,

どうやったらいいのか,慣れてきたのでしょう。

どの子も生き生きと学んでいます。

時間前に全員ができました。

1年生はじっくりとみんなができたことの達成感を共有し,

さらに成功の秘訣は何か,振り返ろう。

と感想を書かせて終わりにしました。

その感想もまた読んで嬉しくなるものばかりでした。

来週が期末テストです。

まだまだ「全員ができた(マグネットがすべて動いた)」ということが,

本当にみんなが分かっていて,結果も出るということまでつながっていないと

私は思っています。

だから次も高いところ,結果を求めてやっていこうと思います。

でも,子ども達の姿はとても嬉しい。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20170621

2017-06-16

今日の一日を振り返ると

20:37 | 今日の一日を振り返ると - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日の一日を振り返ると - 赤いダイヤの独り言 今日の一日を振り返ると - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

今日は1年生3クラスの授業があったが,

どのクラスも雰囲気は全く異なるのに,

すべてのクラスでよい形で終わった。

あるクラスは,時間内に全員がマグネットが動いた。

あるクラスは,結果は一人残ったが,多くの生徒が関心を最後の一人に寄せていた。

あるクラスは,全員ができて,問題も解けて,次回の予習が5分できた。

まだまだまだなのだが,

成長というか,前向きな変化がそれぞれのクラスで見られた(感じられた)。




その中で考えたことは,

【『学び合い』をしようとしない】

ということである。

初任校,前任校の自分であったら

いろいろ言っていただろうと思う。

途中でいろいろ言ったり,

授業の最後にいろいろ言ったり。

○○しなければならない,という思いや

○○するとうまくいく,という思いはずいぶん無くなった。

上の二つは両方とも主語は「私が」である。

「子ども(達)」はどう思っているのだろうか,

「子ども(達)」はどう気づいていくだろう,

「子ども(達)」がいいと思っているなら任せてみよう,

そんな思いがあるから,

ずいぶんとつぶやきや可視化の声は減った。

もしかしたら「褒める」みたいなことも減ったかもしれない。

ただただ,うろうろと机の間を歩き,

たまに全体を眺めたり,

ある机の横にちょこんと座ってやり取りを見学したり,

思ったことを言ったりやったりしている。

たまに別の教科の授業の教室をのぞくと,

子ども達はなんだか窮屈そうで,

つまんなそうで,

自分の授業の当たり前が他の授業では当たり前ではないんだなぁと思う。

その中で頑張っている生徒もいるし,

それが当たり前なのかもしれない。

とても面白い。

今日はちょっと頭がいたかった。

隠しているつもりだったが,

「先生今日どうしたの?いつもみたいに元気がないよ」

と言われた。

子ども達はよーく見ている。

嬉しいことでもある。

怖いことでもある。

いずれにしても充実した週末の1日だった。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20170616

2017-06-10

行事「も」一体感を育てる

16:48 | 行事「も」一体感を育てる - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 行事「も」一体感を育てる - 赤いダイヤの独り言 行事「も」一体感を育てる - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

林間学校の引率を終えました。

初日はやっぱりという感じでした。

しかし,宿泊行事は時間の経過とともに,行動が良くなっていきます。

今回も,2日目,3日目と学年全体もクラスも良くなっていきました。

自分のことができたら終わり,という子も,

それだとうまくいかないから,手伝うようになる。

こちらも,自分ができたら終わりじゃないだろー!って言う。

オールが引っかかると,周りが助けるようになる。

疲れた子と代わるという子がでてくる。


行事で一体感を育てるのではなくて,毎日の授業で一体感を育てる。

学び合い』の授業の意味を表現する一つにそんなことを聞きますが,

なんだか自分は「行事で一体感が育つ」ということを忘れていたような気がしました。

考えてみれば当然のことなのですが,

うちのクラスは行事を通して,全体を意識した行動が行く前よりもできるように

なったのではないかなぁと思います。

だから,週明け,授業も先週よりもよくできるようになるかもしれない。

「林間学校で経験したことを授業で生かそう」となるかもしれない。

ぜーんぶ当たり前のことなのだけど,そんなことを忘れていた。

今回の成功体験が,まさに学校生活と授業にも生かされて,

もっといいクラスになればいいと思う。

変容が楽しみだ。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20170610

2017-06-06

落胆

20:33 | 落胆 - 赤いダイヤの独り言 を含むブックマーク はてなブックマーク - 落胆 - 赤いダイヤの独り言 落胆 - 赤いダイヤの独り言 のブックマークコメント

今日の自分のクラスの授業には,本当に落胆した。

2カ月それなりにやってきたという思いがあるからなおさらである。

「なんなんだー!」と怒る気持ちもあったが,

それを伝えても何か違うような気がしたので,

ただただ残念であることを一言言って終わった。

子ども達の地が見えてきて,でもそれも少しずつでもよくなっていけたらという

思いがある。

2カ月という時間はこちらの思いも子ども達の思いも分かってくる時期だと思う。

4月,5月を乗り越え,6月が緩む時期であることも分かっている。

でも,やはりという思いと,

こちらの心を映す鏡であるから,

こちらの足らないところがあるからそこの現状なのだという思いもある。

明日からは2泊3日の林間学校である。

子ども達のジャーナルの言葉も何かむなしくさえ感じてしまう。

ちょっとお疲れな自分がいるのもあるけれど,

やっぱりいつもいつもうまくはいかないなぁと思う。

でも,数週間もしないうちにコロッと気持ちが変わる経験も何度もしているので,

腐らずに続けていこうと思う。

いいことばかりを書きたいが,

うまくいかないこともまた書いて可視化することに意味はあるような気がする。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20170606