Hatena::Groupmanabiai

nokogirisouの「学び合い」の現場より RSSフィード

09/07/16(木)テニスワークショップ このエントリーを含むブックマーク

 教えてくれないんだもんと言うなら…、教えてもらう機会を作ること

にした。2日間連続で、スクールの若いコーチに来てもらい、フォーム

から、テニスの基礎を指導してもらうことにした。

 同時に私もコーチから指導の仕方を学ぼうと思ったのだ。

 コーチがやったことは本当に単純なことだった。球だしをして打つ。

球だしをして打つ。打ち合う。打ち合う。ボールを投げる。サーブする。

私がテニスを習い始めたときにスクールで教えてもらったことと同じ。

 そしてコーチの言っていることは、私が普段言っていることと少しも

変わらない。生徒たちは気付いているだろうか?けれども生徒たちには、

若い男のコーチから言われた言葉は、かなり心に響いたらしい。

 単純に、一つのことを伝える。けれどもうるさく言わない。

 疑問には答える。

 なるほど。

 悪い癖のほとんどは、ソフトテニスの癖だった。

 コーチはソフトテニスとの違いを丁寧に説明する。

 生徒たちは、ワークショップに感動していた。

若い、男のコーチの指導は大変効果的なのは事実だ。

 しかし大事なのはその後だった。コーチがいなくなった普段の練習。

魔法のように生徒たちがすぐにうまくなるはずがない。生徒たちは、

そこで考え始めた。自分で何が悪いか考え始めた。

 ワークショップをやってよかったと思った。

 

 教えてもらうからうまくなるのではない。自分で考え、自分を変えない

とうまくならないことを生徒たちは身を持って学んだようだった。

bunbun-hbunbun-h2009/08/16 19:57なんでブログもコメントも過去のものなのに、最新日記の先頭に上がるのでしょうか?(私の見落としなんでしょうか?)
それはともかく、スポーツの世界と『学び合い』とに非常に関心があります。
様子をどんどんブログにてお伝え願いたい、と思いました。

jun24kawajun24kawa2009/08/16 21:33しかし大事なのはその後だった。
それが気づけるか、気づけないか・・・
気づけない人が多すぎます。

nokogirisounokogirisou2009/08/18 04:31bunbunさんコメントありがとうございます。
過去のことを後から書いたからそうなったのだと
思います。しばらくずっとさぼっていたので。
部活動では「学び合い」はとても有効だと思います。ただそうなるためには、生徒たちがかなり理論的にその競技を知っていなければならないと感じて
います。今年の部員たちは、引退した3年生にだいぶ教えてもらったので、勝つための理論を頭で知っており、また言語化できるので、「学び合い」が可能になっています。

nokogirisounokogirisou2009/08/18 04:43西川先生コメントありがとうございます。
「その後」…専門家に教えてもらったことで
生徒たちは、互いにコメントしあうための
「言葉」と「ポイント」を学んだようです。
中身の濃い意見交換をしています。遠慮もなく
「もっと◎◎した方がいいよ」と言い合って
います。共通の理論の地平に立てたからコメント
が有効に働いているように思います。

09/07/15(水)アニマシオンワークショップ その4 このエントリーを含むブックマーク

 次は宿題だった『きゅううりの王さまやっつけろ』を用いての

作戦だった。どんな作戦か、どきどきして待っていた。周りの方は

メモをとって読む熱心ぶりだった。

4  予読本による作戦(体験2)

『きゅうりの王さま やっつけろ』ネストリンガー著 岩波少年文庫

① 小学5年生  45分

「今日はこの章のタイトルで遊びましょう」

作戦16それぞれのタイトルを、あるべき場所に

② 用意するもの  ホワイトボード2枚(1から15の番号)

       章のタイトルとにせもののタイトルを書いたカード35枚

カードのうらにはマグネット?

③「昨日、章のタイトルを書いていたのですが、魔物に取り憑かれたみた  いで、全部で15章あるはずなのに、35枚の章の名前を用意してしま  いました。

 みなさんにそのタイトル名を書いたカードを1枚ずつ配布しますから、  その章のタイトルをみんなに聞こえるように読んで、ホワイトボードの  自分が正しいと思う章番号のところに置いてください。もし魔物のせい  で書いてしまった、にせもののタイトルだと思ったら、ホワイトボード  下のところに貼ってください」

 ④ 一人ずつ、自分のカードを読んで、前に出てホワイトボードに自分が  正しいと思う章の番号のところに貼っていく。

 

 ⑤明らかに偽物とおもわれるタイトルカードの人は、ホワイトボード下方  に貼る。

⑥ 全員が貼り終わったら、話の筋を語りながら、タイトルを並べ替え   る。

  意見がいろいろ出るが時計を見ながら調整する。(アニマドールが交通  整理)

 ⑦時間になったら、子ども一人に、本を見ながら、正しい章のタイトル名  と順番を紹介させる。 自分たちの考えた順番との違いを確認する。

(予読してこなかった子どもに正しい章のタイトルを言わせるとよ     い。)

   歓声がわいた。意外と間違えが多かった。

⑧作戦後、アニマドールからこの作品の解説。

・ 1970年代の雰囲気が感じられる。

 ・ 社会的反乱の多い時代。家族の問題、夫婦の問題、思春期の問題。

 ・ 家族の中での登場人物の成長を描く。

 ・ 日常生活を超えた非日常を描く。

 ・ 普通は、子どもたちの生活に異生物が入り混んだ場合、その生き物は   子どもにとってすてきな、魅力的なものである。ところがこの作品の   中で「きゅうりの王さま」は最後まで悪者である。

質問

Q アニマシオンでは、作品の内容に触れないのか?

A 直接、作品のテーマに触れないこともあるが、遊びながら話の筋をたど  っているので、実は内容に触れている。

  結果的に通して一冊の本を読んであらすじを理解していないといけない  ことを子どもは体験的に学ぶ。

まとめる読み方 → 正解は本の中にある

5 絵本を用いて考え合う(体験3)

『すばらしい季節』 タシャ・チューダー著 すえもりブックス

末盛千枝子訳

・タシャ・チューダーの説明  

・この本は子どもが自分から手にとる本ではない。

・みんなで一緒に読むことで楽しめる絵本である。

①低学年~中学生

 作戦30 「何てたくさんのものがあるんでしょう!」

②輪になって座っている子どもたちに一人ずつ絵本を手渡していく。

③表紙、見返しなどていねいに見る。

   「女の子がだっこしているのは何ですか?」

   「女の子の周りの花は何ですか?」

    など質問をしながら。

  ④丁寧に読みきかせをしていく。

⑤質問の書かれたカードを配布する。本を閉じてください。忘れていて   も気にしないでください。

   質問例「この本には野菜が出てきますか?」

      「この本には花が出てきましたか?」

「この本にはお菓子は出てきましたか?」

      答えられない子がいたら「他の人に聞いてみていいですか?」

      と確認して、別の子どもに尋ねる。

⑥もう一度絵本で確認してみる。丁寧に細部の絵まで楽しむ。

絵本は細部を読むところに楽しみがある。しかし子どもたちに「さあ、

  読んで」と言ってもさっさと読んで終わってしまう。

  アニマシオンを通して、集団でゆっくりと読んだり見たりすることで

  発見することがある。楽しめることがある。

  この絵本は5,6歳の自然に興味関心を持ち始めた子どもに大変よいの  では。

6 「広げる読み方」の作戦(体験4)

『運命の王子 古代エジプトの物語』岩波書店    

リーゼ・マニケ 文・絵

大塚勇三訳

作品の説明 「これは人類最古の物語です」

表紙を読む アニマドールが読みきかせする。

①6年生に予読させて行う。 作戦6「本とわたし」

②「このお話は古代エジプトの最古の物語ですが、このお話しと似て    いるお話しはありませんか?あるいはこの本のイメージにと似てい    る作品を知りませんか?あなたの知っているものを挙げていってく    ださい」 

③一人ずつ聞いていき、アニマドールはホワイトボードに書きだして    いく。

    例  ねむり姫  いばら姫 ギルガメシュ物語

       ラプンツェル 王家の紋章  等々たくさん

④この物語には変わらぬ物語、文学のテーマが多数含まれていることを   確認。         

広げる読み→これまでの自分の読書と関連づける

自分自身で語る。

7 プログラムの実際&質疑応答

選書の基本

みんなに読ませるのだから、よい本でなければいけない。

プログラムの作り方

①よい本を選ぶ

②作戦で計画を立てる

  ③その作戦に合う本を選ぶ

質問

Q 国語教育と読書教育の違いは何か?

A もちろん重なってくるし、国語教育の中に読書教育も取り入れられつつ  ある。アニマシオンでは丸ごと本を読ませること、「本の中にどう書い  てあったか」

  を尋ねることが従来の国語教育とは違うのではないか。

Q アニマシオンで得点をつけることはあるのか?

A 子どもたちの発言に対しては、評価はしない。

  ただし、作戦の中のルールとして、得点をつけるという場面もある。

Q 単発のお話し会の中でアニマシオンは生かせるのか?

A イベントの中で楽しむこともできるが、子どもの読む力を伸ばす、すべ  ての子どもに読書教育をと考える観点からは、公立学校でこそ、アニマ シオンの必要があるように感じている。 

イベントや図書館に、本当に読めない子は来ない。

 真に読む力をつけなければならない子どもは公立学校にこそいるのでは。

ボランティアの方たちには、そういう公立学校でアニマシオンをしようと 思っている先生たちをチームとして支えていってほしい。選書児童書の 情報提供、アニマシオンの準備などでぜひ協力していってほしい。

 この後も茶話会で黒木さんを囲んで話しは尽きなかった。

 本当に充実のワークショップであった。

 

sumi-chansumi-chan2009/08/20 01:15黒木さんをお招きしての講座、とても充実していたようですね!それにしても記録がすごいです。
ターシャ・チューダの「すばらしい季節」。黒木さんにアニマシオン講座で紹介して頂いて、大好きになりました。
「あたごの浦」のペープサート、全部手書きで作りましたよ!!今年度中は使いませんので、もしお使いの方がいらっしゃいましたらお貸ししますよ〜。子ども達(2年生/4年生)ともやりましたが、職員旅行のバスレクにも使いました(笑)。結構好評でしたよ☆

nokogirisounokogirisou2009/08/24 21:38sumiちゃんコメントありがとうございます。
黒木さんのワークショップはパワフルでした。
何度も受講していますが、今回は最高でした。

09/07/14(火)アニマシオンワークショップ その3 このエントリーを含むブックマーク

 フロアとの質問のやりとりをしながら小学生向けプログラム

ついて学んだ。

3 小学生向けプログラムの実際&質疑応答

75の作戦の1~3 導入

 6・27・28、29,30   小学生 まとまる読み方

質問                         

Q アニマシオンをどのくらいの頻度でおこなったらいいのか。

  

A 理想的には年10回 月に1度くらいやるのが望ましい。

  現実的には年に5,6回行うのがせいぜいか。

  月1回以上行うと、読むことがおいつかない子どもが出てくる。

Q 読んでこなかった子どもをどう扱ったらよいのか?

A スペインでは読んで来なかった子どもに対しては「残念です」と

 言って後ろで見学させている。

 日本では、読んでこなかった子を排除するわけにいかないので、事前に家 庭に協力をお願いしたり、クラスの子に音読をお願いしたりする場合があ る。

 あるいは、とりあえず参加させて、別の役割を与えたりする。

   

 しかしとにかく「事前に本を読んでくる」が約束なので、せめて字面だけ

 は読んでくるように言い続けるしかない。

Q アニマシオンの勉強会をどのように行っていったらよいか。

A 本選びが重要。複数の目でやった方がいい。作戦に合った本を探すのは  大変。チームで作戦、本を考えていくのがよい。

  大人を相手に練習して反省会を開くとよい勉強になる。

09/07/13(月)アニマシオンワークショップ その2 このエントリーを含むブックマーク

 理論の次は体験だった。

2 はじめの一歩はこんなふうに(体験1)

小学校1年生 1学期の作戦  作戦26 「ここだよ」 20分

本『あたごの浦』 福音館

「今日は『あたごの浦』を使って遊びましょう」

①ひとりずつ、一冊ずつ絵本を手渡していく。

②表紙から丁寧に読む。タイトル、文の書き手、絵の描き手の説明

 表紙の絵をよむ。中表紙も読む。

③よみきかせ 「では次のページ」「いっしょにページを進んでいこうか」

       「演芸会ってわかりますか?」

④裏表紙を読む。

⑤18枚のペープサート(たこやたいや月や松、お魚の等の絵)配布

⑥もう一回読みますから、自分のお名前が聞こえたら、「ここだよ」と

 言ってお人形(ペープサート)を上げてください。

⑦再度よみきかせ。 ペープサートを持った人が「ここだよ」といって

 ペープサートを上げる。

⑧「みなさんがよい耳を持っていることがわかりました」

・この作品の「絵」を描いた大道あやさんの紹介

・この作品は小学1年生には難しいのではないかと言われるが、まるごと一 冊読む上では方言や言葉のむずかしさの問題はクリアできる。

・ここで『読書へのアニマシオン75の作戦』の目次を確認

 26番「ここだよ」

集中して聞く力を育てる。

・「みんな」というその他多数の参加が出来る楽しさ。

・ペープサートは集中して聞く装置である。

・アニマシオンは、やはり椅子に座ってやった方がいい。カーペットの上に

 すわるのでは、からだがぐだぐだしてしまう。

会場からの質問

Q ペープサート作成のときに著作権の問題はどうクリアするのか?

 今回のものは大道あやさんの絵のカラーコピーのようだが。

A 読書教育には読書教材が必要である。

  本当なら使用許可が必要。自分で絵を描いた方が無難だが、中には下手  に描くならコピーをしてという人もいる。しかし毎回許可をとるのも難  儀である。

  担任が授業のために本を複写して使用するのは許されているのである程  度許容されていると考えてもいいのでは。

ただし学校外で絵のコピーを使うときは注意が必要。毎回アニマドール  が著作権を確認するのは大変なので、図書館公民館等の館長に判断し  てもらってはどうか?

Q 一冊の本を読みきかせするのではなく、一人一人に本を手渡す意味は?

A一人一人に本を手渡すことの意味は子どもたち一人一人がページをめくり

 読書は自分でするものだという意識を持たせるため。また手元で絵本を見 た方が楽しめるから。

09/07/12(日)アニマシオンワークショップ その1 このエントリーを含むブックマーク

 アニマシオンの勉強をほそぼそと続けながら、なかなか高校生

相手に実践できない私であった。

 読みきかせボランティア「きいちごの会」のみなさんの熱意に

背中を押され日本アニマシオン協会理事の黒木秀子さんを講師に

招き、まるまる1日にわたるアニマシオンワークショップ新潟

で開くことにした。

 実はアニマシオンの勉強会を新潟で開くのは4回目である。

こんなに反響があったのは初めてであった。

1 読書へのアニマシオンの説明

①アニマシオン(アニマシオンはスペイン語  

         英語ではアニメーション 

         イタリア語ではアニマツォーネ)

→「活性化」の意味 もともと青少年の文化活動だった。

1970年~1980年代子どもが本を読まなくなったことが問題に

   なり、ジャーナリストであったマリア・モンセラット・サルトが

   アニマシオンを「読書教育」に特化した。

ヨーロッパ生まれの読書教育法である。

 ③本に背を向けた子どものための方法である。

 ④グループ読書+「作戦」

 ⑤教えるよりも引き出すスタイル

 ⑥計画を立てて継続的に実施

 ⑦自立した読書論が目的 

(人生を読書とともに歩いていく…)

読書の2段階(これについては『読書へのアニマシオン75の作戦』の

        p10 3行目を参照)

その1 まとめる読み方(収束的読解) 幼児から

正解は本の中にある。

      注意・集中・読解

その2 広げる読み方(拡散的読解)  小3から

想像・思索・論理・想像・批判・表現

例 アニマシオンでは「この本読んでどうだった?」とは聞かない。

   アニマシオンでは「登場人物の名前は?」などと本の中身の客観的な

   事実のみ聞く。

これまで読書推進系の活動はたくさんなされてきた。「読みきかせ」は大変さかんになっている。しかし「読みきかせ」だけでは読書の力はつかない。実際に読みきかせは楽しむのに自分で本を手にとらない子どもが多い。

ゾロリ」や「ミッケ」を手にとり、コミックに流れ、ケータイやゲームへと移行し、自分で本を読むことなく大人になってしまう子どもが多いのではないか。楽しいだけでよいのか。「読みたい心」を育て、知的好奇心を育てるにはどうしたらいいかを考えていかねばならない。

これまで読書そのものの「おけいこ」について考えられてこなかった。

 国語の授業では切り取られた文章の国語的な読解指導が行われたがまるごと本を読むことにはつながらなかった。

アニマシオンはまるごと本を一冊読むおけいこである

  これまで、読書を推進する活動はさかんに行われてきた。

  リストアップ

  ブックスタート  ブックトーク

  エプロンシアター ペープサート

  ストーリーテリング 読みきかせ

  しかし本を読むトレーニングはあまり行われていない。

  読書のおけいこ

  アニマシオン