Hatena::Groupmanabiai

nokogirisouの「学び合い」の現場より RSSフィード

11/01/26(水)アニマシオン見学 このエントリーを含むブックマーク

26日、新潟市立万代長嶺小学校で行われたアニマシオンを

見学してきた。

 アニマドーラはボランティアグループ「きいちごの会」

                  の佐藤清江さん。

 参加児童は4年生28人

 作戦63「一緒のほうが、うまくいく」

 会場は学校図書館

 事前に26人の予定だった児童が急に28人に増え、どう

なることかハラハラしたが、アニマドーラは用意周到に多め

にカードを用意してきたので、混乱なく進んでほっとした。

アニマシオンはいつも当日何が起こるかわからない。

 アニマドーラが和やかに今日のやり方を説明し、カードを

ひとりずつに配っていく。カードは三種類。

 1本のタイトルを書いたもの

 2本の作者名を書いたもの

 3本の紹介文を書いたもの

 誰がどのカードをひくかは、わからない。一人ずつカードを

選んでいく。

 アニマドーラは事前にこのクラスの子どもの貸し出し状況を

調査し、複数の子どもが借りていた本を10冊ピックアップし

て、その本をもとにカードを作成した。

 アニマドーラが時間をきめ、タイトルと作者名と本の紹介の

3枚がぴったり合った3人が組になって、図書館内からその本

を探して持ってくるように指示を出す。

 一斉に子どもたちは、自分のカードに書かれたことを読み上

げて仲間を捜し始める。一番困った顔をしていたのは作家名の

書かれたカードを持った子どもだった。しかし、どこからか知

っている子が現れたり、先に2人組を作った子どもが本を探し

出してから作者名を読み上げて、「作家名」カードを持った3

人目の子どもと組になったりしていた。

 子どもたちは本を探すのが上手で、人に尋ねたり、読んだこ

とのある友だちに棚を教えてもらったりして、15分ほどで、

3人組を作り終わって静かに本を眺めている。

 それから、3人組が順番に前に出て、カードを読みながら自分

たちが担当した本を紹介していった。中におとなしい子がいてなか

なかカードを読もうとしない3人組がいた。アニマドーラがとっさ

に機転をきかせて、「一緒に読もうか」と助っ人を申し出ていた。

 時間が早く終わったので、アニマドールはやってみての感想を

子どもたちに語らせたり、今回とりあげられた本を読んだことが

ある人を尋ねたり、自由に図書館内を巡る時間にした。一斉に子ども

たちは、選ばれた10冊の本に突進していき、興味深そうにページを

めくってアニマドーラと歓談していた。

 今日は、新潟大学の足立幸子先生も見学に来られていた。

この作戦はブックトークに似た要素のある作戦だと言われていた。

反省会で話題になったのは「その本についての短いテクスト」

(『読書へのアニマシオン75の作戦』)の解釈だ。

 今回は本の紹介文をカードに書いていたが、足立先生は、やはり

本文の文章をそのまま書き抜いた方がよいのではと助言していた。

その本らしさがよく出ていて、山場になっている適当な長さの一文を

書き抜くのがよいだろうということだった。

 また、急な人数変化に対応するために、2,3冊分の本については、

3枚でなく4枚のカードを用意しておくとよいだろうと言われていた。

同じ作者名のカードを持った子どもが2名いたり、同じテクストのカ

ードの子どもが2名いたりして、その本は4人組になる。

 今日の子どもたちは、紹介された10冊の本にとても興味を持っていま

したし、次の読書へつながる予感がした。

 アニマシオンを見学して、話し合いを行うというのは、大変いい勉強

になると痛感した。

11/01/25(火)生徒に学ぶ このエントリーを含むブックマーク

 部活動でこのごろ思うのは、私はほとんど指導していない

ということだ。練習メニューを提示し、立っているだけ。

 昨年は一昨年は、もっとあれこれ口を出していた。また言わ

ないと不安で、一生懸命コメントを考えていた。

 しかし今は…

生徒といっしょに声を出すだけ。あとは生徒たちが、互いに助言

しあって練習している。リーダーシップをとる生徒だけでなく、

互いに言い合っているところがうれしい。そもそも、最近生徒の

技術レベルがあがってきて、私がアドバイスできることがない。

精神的な面のことしか言えない。

 他の運動部の顧問は「甘い」と言われることもあるが、生徒が

自主的にすきまなく動いて、トレーニングしながら打ち合いの練習

をしているのだから、たいしたものだと思う。

 今日は、県大会でベスト16に入った生徒が群馬遠征に行ってきて、

他校の生徒の様子や、練習風景を学んできて、それを仲間に教えて

いた。縄跳びを使ったトレーニングのようだった。外のコートで打て

ないのは、新潟ならどこの高校も同じ。あとは中練をどれだけ本気

でやれるかだ。

 今年の中練は、やらされてやっているのではない。みな自分のため

にやっている。

11/01/22(土)模擬試験 このエントリーを含むブックマーク

 今日は進研模試であった。

 試験前の直前の勉強の様子。これを観察していると

あれこれ、教え合ったり、問題を出し合ったり、

究極の教え合いだった。

 試験のためには、寸暇でなんとか知識を詰め込もう

とする。そのためには、一人で参考書を見ているより

も互いに問題を出し合ったり、声かけあったりした方

が頭に入るということを、生徒たちは体験的に知って

いるようだ。

 欠席者もほとんどおらず、無事に終了。

11/01/14(金)漢文で学び合い このエントリーを含むブックマーク

 これまで、漢文の授業は、読みあうところではペアや班で

活動させたが、解釈の部分は問答形式だったり、一方的に

解釈を教えることが多かった。

 前回テスト前に自由に勉強させたら、互いにわからない所

をぶつけあったり、解釈しあったりしていて、おもしろかった

ので、今回は「論語」を学び合いで授業をしてみることにした。

 題材は論語の「先生と弟子」の部分。登場人物が四人で会話

が沢山出てくるところで、訳したところで、何がいいたいのか

よくわからない章段だった。

 それで、6人ずつの班で、登場人物4人の言っていることを

解釈して、台詞に直し、劇仕立てで発表させることにした。

配役 孔子(子)3人の弟子 子路(由)冉有(求)公西華(赤)

台詞は、現代風にアレンジすることにした。

 班での話し合いの時間は35分

 「これどういうこと言っているの?」という話し合いの時間。

 6人であーだこーだと言っている。はずれてぽつんとする

生徒がいなくて、内心ほっとする。 

 しかし解釈に時間がとられて、台詞にする時間が不足していた。

あと5分のところで、ワークシートに焦って台詞を書き込んでいた。

 発表の時間。じゃんけんで負けた班から順に演じていく。

 最後の孔子の台詞でつまってしまう班、正確な口語訳をする班。

先生と弟子の会話らしく仕上げた班、現代コント風に演じる班。

いろいろだった。どの班の発表がよかったか、挙手させると、さす

がに演劇部員のいる班は、わかりやすくて聞きやすくて、よかった

ろいうみなの支持を集めていた。

 振り返りの時間はなかったが、発表と総合評価までなんとか終わる。

古典に学び合いは有効である。こっちの解釈説明だけでは飽きるが

学び合いだと自分たちで考える。

 

  

 

F-KatagiriF-Katagiri2011/01/16 16:40現代語劇風の実践、面白そうですねぇ。今度やってみよう。

koushinsenjinkoushinsenjin2011/01/26 05:05 みんなが話し合える雰囲気、すごいです!

11/01/11(火)NIEネットワーク部会 このエントリーを含むブックマーク

 今日、打ち合わせがあり、今年のネットワーク部会について

以下のことが決まりました。ぜひ多くの方に参加していただき

たいと思います。

日時 2月19日(土)13:30~16:00

会場 新潟日報黒埼本社(新潟市西区善久)ニュースセンター会議室4F

内容 NIE推進協議会会長 上松勝氏の挨拶

   中学校における模擬授業の公開 質疑

   授業者 新潟市立光晴中学校 遠見 繁也先生

   授業内容  環境教育 エネルギーを考える

   

   質疑 新聞の電子化 デジタル化について質疑

     (Katagiriさん、ぜひ質問してください。日報ではまだ

      電子化が進んでいないそうですが、答えられる方に来て

      もらうことになっています)

   各教科部会 

    国語部会  4F 第一会議室

          新聞の電子化の功罪と可能性について

          考えていきたいと考えています。

    地歴公民部会 実践発表など

    商業部会   実践発表など

新聞の電子化に伴うメリット・デメリットの講演を依頼したのですが

まだ、講演できる人がいないということで、質問をして答える形で

やりたいそうです。

国語部会にはその質疑のお答えをしてくださる担当者の方に残って

もらって、されに話し合いを深めたいと考えています。

 参加ご希望の方は gravity1115@sea.plala.or.jpまで

F-KatagiriF-Katagiri2011/01/16 16:39片桐です。
面白そうです。教科書電子化とからんで話が発展しそうです。
参加予定です。

11/01/09(日)アニマシオンの学び合い このエントリーを含むブックマーク

 1月9日(日)川崎市 上麻生の「リリエンベルグ」ティールーム

にて、「大人の絵本サロン2」が開かれた。絵本を使ったアニマシオン

の体験と、読書を通した学びについての大人の学び合いの場であった。

10;30~13;00 絵本サロン

 アニマドーラ 青柳啓子さんの自己紹介と絵本サロンの紹介

 絵本『ルピナスさんー小さなおばあさんのお話』(バーバラ・クーニー

 作、掛川恭子訳 ほるぷ出版)

 をアニマドーラが朗読(全員が持参した絵本の頁をめくりながら

 いっしょに読む。主に絵を見ながら)

 読み聞かせと違うのは、一人一人が自分の絵本の絵を見るところ。

 

 自己紹介を兼ねて、どの頁の絵が印象に残っているか参加者が発表。

  指摘が多かったのが

  ①アリスがおじいさんの工房で絵の手伝いをする場面

  ②腰をいためたミス・ランフィアス(大人になったアリス)がベッドで

   すごす場面

 

 最初の頁から順に、1頁ずつ、絵の中に何があるか、気づいたもの

 をひとりずつ発表していく。

 (絵の細部に気づきがある)

    例  おじいさんの工房

        船首に派手な女性の姿の木彫り

        たばこやさんの看板やインディアンの木彫り

        嵐の海の帆船の絵、南の島の絵

        木彫りの道具

   

 絵の細部を読み取ることで、時代や国、アリスの人となりと人々との

 関係などについて見えてくるものがある。人の発言によって触発され

 ることがある。

 

 13:00~14:00 昼食

   すてきなサンドイッチのランチを食べながら、おしゃべり。

   高校の英語の先生のNさんや、小学校の司書のAさんなどと

   語り合う。学校図書館を利用した探究学習に話がおよぶ。

   探究学習するときには、最初に動機付けと目標を明示し

   終わったら、必ずチェックリストをつけさせ、一人一人に振り返り

   をさせることが重要だということを教えてもらう。

   またリリエンベルグのケーキショップでケーキを見たり、ウィーン

   菓子についてお話しをうかがったりする。

   昼食の間には、『ルピナスさん』の英語版朗読CDが流れていた。

 14:00~16:00

   テーブルに模造紙とペン。各自が自由に記録をとって学びにする。

   青柳さんの実践されてきたアニマシオンの学びのお話。

   (青柳さんが色ペンで模造紙に書き込みをしながら語るスタイル)

   1997年『読書で遊ぼうアニマシオン』出版が活動のスタート

   ・勝沼の図書館で職員研修会(アニマシオン)14回

   ・甲府のレストラン「ラ・ベッラ・ルーナ」で「大人のための絵本

    サロン(おいしい月)」

   ・イベントとしてのアニマシオン(ティンカーベル)年数回

   ・小学校3年生からの読書クラブ(カムカムクラブ)で定期的

    にアニマシオンを実施

   ・聴覚障害者のための手話のアニマシオン(マーノマーノ)の

    挑戦

   

    それに対する質問、さらに話題の拡大

   ・「やらさらた」感のないアニマシオンへ

   ・「なぜアニマシオンが図書館から広まらなかったのか」

    長らく日本では「読み聞かせの後に感想をきいてはいけない」

    という教えが広まっていた。

    グループ、対話、交流という文化が日本にはあまりまだ育ってい

    なかった?

   ・「学校で行うアニマシオン」の注意点

    先生への連絡  生徒の自主性に任せる 待つ姿勢の大切さ

    指導的すぎてよいのか? 

   ・交流したがらない、離したがらない男の子たちをどう誘うか?   

   ・アニマシオンの教育的要素と創造的要素のバランスと発展

    読書会、読書クラブ、ブックカフェ、リテラチャーサークル

    多様な読書をめぐる交流

 

   15:00にはお茶とケーキが用意された。

   ケーキは全17種類。誕生月順にケーキを選んでいった。

   これが楽しい。

   またどのケーキも美味だったらしくあちこちから満足の嘆息

   が聞こえた。 

   

   参加者17名

   初めてお会いする人も多かったが、みなさんと親しく話せて

   大きな学び合いの場になった。