Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2015-01-26

三日坊主も無理。でも、できるようになっている。

07:13 | 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

昨日は日帰り弾丸ツアー岐阜へ行ってきたんです。

岐阜NPOさんから声をかけていただいて、イベントをするために行ってきたのです。

職場同僚5人と行ってきたわけです。


一番下っ端な自分は運転をしてみんなに貢献しようとしたんです。



が、まさかの車両保険の関係で年齢が28歳に達していないため運転させてもらえず。

さらには、イベントでもとくに活躍することもなく。

帰りの車で車酔いをして迷惑をかけ

かばん持ちにすらなれず・・・。






いったい何をしにいったんだ?







行きたかったから行ったんだ!

そう、自分に言い聞かせている僕です。








そんな自分が。

三日坊主もできない自分が

今、理想的な朝の生活習慣を確立しつつあります。

僕は基本的に朝が大の苦手なので、こんな生活できるわけがないと思っていたのですが、できてます。

なぜなのか。





理由はシンプルです。

絶対に失望されたくない人に宣言をして、定期的に確認をして確かめあう。



ただこれだけです。

僕の場合はこの「絶対に失望されたくない」対象が「生徒」でした。



だから、社会心理学

コミットメントと一貫性」をシンプルに自分にあてはめました。












まず、3人で一時間ごとの活動計画を記した一週間の生活予定表を作成しました。

3人がお互いの目標や生活予定を確認します。

それを定期的に見せあう約束をします。

絶対に生徒からの信頼を失いたくない僕は、一生懸命結果を出すために努力します。

気が付いたら、大変だと思ってやっていた行動が習慣となり、苦が無くなります。

結果、僕の人生においてもっとも大切な生活習慣の確立が達成されます。








理論はシンプルですが、それゆえに協力です。

分かっていても、自分を心理的に締め付けます。

当たり前だけど、こんな自分が初めてうまくいった方法だったので、書いてみました。




宣言をする相手が、失望されたくない相手であればあるほど強力ですね。










さーて、今日も朝から充実した1日だ~。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150126